無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

トップページ | 2012年2月 »

2011年12月

2011年12月19日 (月)

シートン動物誌 オオカミの騎士道

先日、静岡県議会で鈴木智議員が、一般質問に登場し、
シカ対策とオオカミ再導入について、県の見解をただしました。
http://www.gikai-chuukei1.pref.shizuoka.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=124

昨年から今年にかけて、いろいろな地域の議会でこうした質問が出るようになりましたが、それに対する答弁はお粗末そのものです。
実際のオオカミの姿を知らずに、答弁されているのがよくわかります。
といって、オオカミとはどういう動物かを的確に説明した文書もなかなかない、ということも事実です。
図書館で、その手の書物がないかどうか、調べていると、動物に関する古典中の古典が目に留まりました。シートンであれば、誰もが認める野生動物の記録者です。
「シートン動物誌2 オオカミの騎士道」 今泉吉晴訳
その中でシートンは、こう書いています。
P217 見当はずれなオオカミ像
私たちは何十世代にもわたって、オオカミを凶暴だといい、ずる賢いと言い、そして強欲だと言うたくさんの話を聞き、また伝えてきた。そのため私たちはいまや、このすばらしい魅力ある生き物の像をまったく見当はずれに思い描いている。
 けれども一方で、私たちが今、手にしているたくさんの事実の断片をていねいにつないでいくと、信頼に値するくわしい記録を生み出すことができる。こうして、私たちが受け継いできた古いオオカミ像は、現実のオオカミにはほとんど当てはまらないことがわかる。典型的なオオカミの特徴を思い切り簡潔にして、言葉に表すとすれば、こうなる。あらゆる野生動物のなかで、もっとも用心深く、もっとも細心で、もっとも賢く、もっとも姿を見せることが少なく、もっとも鳴き声を聞かせることが多く、そしてもっとも強靭かつ最も耐久力のある動物である、と。もちろん私は典型的なオオカミがいるとすれば、こう表現できるという意味で述べている。典型的な人間といえる人間が存在しないのと同じ意味で、このような特徴を文字通り完璧に兼ね備えたオオカミはいない。
 オオカミとは、みずからの知恵と顎の力で生きる、大きな野性のイヌだということを思い起こしていただきたい。イヌが個体によってさまざまであるように、オオカミも個体によって違っている。オオカミの個体変異はきわめて大きいので、おおざっぱな一般化は間違いのもとになる。勇敢なオオカミもいれば、臆病なオオカミもいる。獰猛なオオカミもいれば、内気なオオカミもいる。それでも、こう明言してさしつかえあるまい。どんなオオカミも高度の知能を備え、きわめて用心深く、今日、アメリカに生息する野生動物のなかでもっともワナにかかりにくい動物である、と。
 オオカミは私たち人間との最近の過酷な闘いのなかで、高度の知能と学習能力を身につけた。
 私たち現代人は、オオカミを根絶しようと激しい闘いをしかけてきた。長い間人間と離れて暮らしてきたオオカミを進化させたのは、私たち現代人なのである。(中略)
 今日、ヨーロッパ大陸のオオカミは、荒地や森に身を潜めて暮らしている。1882年から94年までの12年間にフランスだけで8000頭のオオカミが殺された。
 アメリカでは、オオカミを根絶する闘いが現在も続いている。
**********
オオカミを根絶する闘いは、今は止み、各地で保護、復活の活動に変わってきました。
フランスで8000頭のオオカミが殺された頃、アメリカでは、200万頭いたとされるオオカミが200頭まで減らされる根絶の闘いの最中でした。シートンの別の項目の記述の中にも、10万頭のオオカミが殺されたとあります。シートンは1860年生まれで、1940年代に死去していますから、オオカミが根絶されようとしていたその同時代を目撃しています。
日本でも、北海道では1880年頃から1890年頃にかけて約2000頭のオオカミが殺され、賞金が支払われた記録が残っています。日本のオオカミも世界中で行われていた人間が仕掛けた根絶の闘いの潮流の中にあったようです。
この書物を一見して、少し現代の知見から見れば足りないところがあります。それを補いつつ、徐々にオオカミ像を紹介しておきたいと思います。

2011年12月11日 (日)

北アルプスにシカ生息

林野庁や長野県が相当慌てている様子がうかがえます。

北アルプスには今までいなかったのですから。

記事の末尾で「対策に乗り出す」とありますが、今までそうした「対策」で成功した事例はありません。

ニホンジカ:北アで野生の群れ痕跡 足跡やフン多数確認 /長野
 中信森林管理署の委託業者調査 「生息域外」の見解覆る?
 林野庁中信森林管理署が実施中の北アルプスでの野生のニホンジカの生息調査で、委託業者が7日、鹿島槍ケ岳の麓(ふもと)の大町市鹿島地区で、シカの足跡やフンを多数確認したことが分かった。業者は今年の夏と秋の調査でも別の山麓(さんろく)で複数の痕跡を確認しており「安定的に群れがいる」と判断。来年2月に同庁に報告書を提出する。「北アルプスにシカは生息していない」との国や県の長年の見解が覆される結果になりそうだ。【渡辺諒】

 委託先は、新潟市西区の民間の環境調査会社「グリーンシグマ」。5~7日に北アで今年度最後の現地調査をした。大町市鹿島地区で、畑にシカが踏み入った足跡や、林の中でフンや雄ジカの角研ぎ跡があり、同社の山浦知雄・環境調査室長は「数十頭はいるようだ。角研ぎ跡は、安定的に群れがいることを示す」と述べた。
 同社によると、調査は7~12月に計3回、乗鞍高原から松本安曇野大町の3市、白馬小谷の2村にわたる南北約80キロの山の麓で実施。シカの痕跡は3回全てで、松本電鉄新島々駅(松本市波田)北側の花見地区中房温泉(安曇野市穂高有明)白馬村のスキー場--などの複数箇所で見つかった。
 中信森林管理署の有井寿美男・流域管理調整官は「(調査から)シカがいることは間違いない。生息密度が高くないうちに頭数を抑え、高山帯への移動を食い止めたい。南アルプスでは里で見られ始めてから5年で高山帯に進出した。具体的な対策に乗り出す必要がある」と強調した。

 県によると、1978年の環境省(当時・環境庁)の調査結果で「北アでシカの生
息は確認されなかった」と判定。県も明治以降、北アはシカの「生息域外」と位置づけ、偶発的に発見したシカの駆除を続けてきた。

毎日新聞 2011129日 地方版
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20111209ddlk20040002000c.html

2011年12月10日 (土)

International Wolf

International Wolf インターナショナルウルフセンターから、季刊の会報が届きました。

http://www.wolf.org/wolves/index.asp

ちょっと驚いた記事があったので、ご紹介します。

What's Happening Elsewhere in the World?

というページにJAPANがあり、何かと思って読んでみると、こんな内容でした。

A group of citizens in japan,where wolves were exterminated 100 years ago, is proposing reintroducing them to curb population of deer and wildpigs that are decimating agricultural areas, accoroding to the Web site infomomgolia. Some 83,000 Japanese have signed a petition in support of the move, circulated by the Japan Wolf Association, which was founded in in 1993. If the plan is approved , the new comers would be brought from Mongolia and China. The reintroduction proposal was slated to be the topic of an Octover 2011 symposium in Tokyo.

モンゴル情報が基ですが、10月のシンポジウム情報が世界を駆け巡るとは思いませんでした。

トップページ | 2012年2月 »