無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« オオカミは手当たりしだいに動物を殺すのか? | トップページ | 屋久島のシカ生息密度管理・その目標でよいのか? »

2012年3月15日 (木)

自然の条件下、保護されたオオカミの死因は?

U.S. Fish and Wildlife Service【魚類野生生物局】のホームページにあるQuestions and Answers about Gray Wolf Biology

21)  In protected populations, what kills wolves?

In natural situations pups die from starvation and adults die from being killed by members of neighboring packs. Adults can also starve to death if the prey base is not adequate.  Diseases, such as canine parvovirus and mange, also kill wolves, especially pups.  Sometimes adult wolves are killed by animals on which they intended to prey.

自然条件では、子オオカミは飢えにより死ぬ、そして成獣は隣接のオオカミの群れにより殺される。成獣もまた、もしエサ動物の基盤は適切でないとしたら飢えて死ぬことになる。イヌパルボウィルス、疥癬のような病気もまた、オオカミの、特に子オオカミの死因である。ときには成獣でも、彼らが獲物にしようとした動物によって殺されることもある。

***********

オオカミが増え続けたらどうする?という疑問への答えの半分がここにあります。

エサが少なくなり、飢えるとオオカミは病気に弱くなり、隣り合った群れと争って、殺し合い、頭数を減少させます。

« オオカミは手当たりしだいに動物を殺すのか? | トップページ | 屋久島のシカ生息密度管理・その目標でよいのか? »

オオカミの生態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221774/54231010

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の条件下、保護されたオオカミの死因は?:

« オオカミは手当たりしだいに動物を殺すのか? | トップページ | 屋久島のシカ生息密度管理・その目標でよいのか? »