無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« オオカミの存在はエサ以外の動物にも影響があるのか? | トップページ | ドイツのオオカミ »

2012年4月15日 (日)

オオカミは人間にとって脅威なのか?

22)  Are wolves a threat to humans, in particular small children?

USFWS WOLFQ&A

Aggressive behavior from wild wolves towards humans is rare.  Mark McNay of the Alaska Department of Fish and Game compiled information about documented wolf-human encounters in A Case History of Wolf-Human Encounters in Alaska and Canada€ which was published in 2002.  There are 59,000 to 70,000 gray wolves in Alaska and Canada, and since 1970 there were 16 cases of non-rabid wolves biting people.  Six of those cases were severe.  Since that report was written, wolves killed a man in Saskatchewan, Canada in 2005.  It appears to have been a situation where wolves were feeding in an unregulated garbage dump and became habituated to people.  In 2010 a woman jogging outside a remote village in Alaska was killed by wolves.

 

Wild wolves generally are shy of people and avoid contact with them whenever possible.  However, any wild animal can be dangerous if it is cornered, injured or sick, or has become habituated to people through activities such as artificial feeding.  People should avoid actions that encourage wolves to spend time near people or become dependent on them for food.

 

Where the wolf remains listed as endangered, the Endangered Species Act allows take of any endangered or threatened species if there is an immediate threat to human safety.  If someone is in a situation where they feel they or someone else is in immediate danger from a wolf, they can kill the wolf.  Additionally, state and federal land management agencies can remove or kill a wolf that presents a demonstrable, non-immediate threat to human safety.  In areas where the wolf is no longer protected by the Endangered Species Act, state regulations define the actions that people can take to protect themselves if they feel threatened by a wolf.

 

オオカミは人間に脅威であるか、特に小さな子供に

 

野性のオオカミから人間への攻撃的な行動は稀である。アラスカ魚類狩猟動物局マークマッキー は、2002年に出版されたアラスカとカナダでのオオカミと人間の遭遇のケースヒストリーに記録されたオオカミと人間の遭遇の情報に従った。アラスカとカナダには、59000から7万頭のオオカミがいる。1970年以来、狂犬病ではないオオカミが人を咬んだ例が16ある。これらのうち6件は深刻なケースだった。その報告書が書かれて以来、カナダのサスカチワンでは、2005年にオオカミに人が殺された。それは、オオカミが規則違反のゴミ捨て場で餌付けされ、人なれした状況だったらしい。2010年には、アラスカで郊外をジョギング中の女性がオオカミによって殺された。

野生のオオカミは一般に人に対して臆病で、人間との接触を可能な限り避ける。しかし、どんな野生動物でも、追い詰められたり、傷つき、病気になった場合、あるいは、人為的な餌付けのような行動を通じて人に馴れたような場合には危険になる。人はオオカミが人間に近づいたり人間が与えるえさに依存するようになる行動を避けるべきである。

オオカミが絶滅危惧種リストに入っているところで、ESA(絶滅危惧種法)は、人間の安全への直接の脅威がある場合、いかなる絶滅危惧種でも捕獲することを許容している。もし誰かがオオカミから直接の危険を感じるような状況にある場合、彼らはそのオオカミを殺すことができる。つけ加えると、州と連邦の国土管理局は、論証可能な、人間の安全への直接的でない脅威が存在するオオカミも除去または殺すことができる。オオカミがもはやESAにより保護されていない地域において、州の規制は、彼らがオオカミにより脅威を感じるときに、彼ら自身を守るためにとることができる行動を定義している。

« オオカミの存在はエサ以外の動物にも影響があるのか? | トップページ | ドイツのオオカミ »

オオカミの生態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221774/54481381

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミは人間にとって脅威なのか?:

« オオカミの存在はエサ以外の動物にも影響があるのか? | トップページ | ドイツのオオカミ »