無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

丹波山村天平(でんでーろ)と二つの狼平

友人が写真をくれた。丹波山村役場近くから三条の湯を経て雲取山に至るルートの登山道の写真。

丹波天平と書いて「でんでーろ」と読むらしい。

何気なく見た写真に嘆息しか出ない。

Photo

きれいに刈り取られたような草原だが、おそらく落ち葉に隠れているだけで、その落ち葉の下はむき出しの土に、シカの足跡と糞が転がっているにちがいない。


Photo_2

でんでーろ尾根は三条の湯の近くまで同じような気持ちのいい登山道だったという。

ここのシカ密度は、おそらく平方キロあたり30~50頭というところかな。


続きを読む "丹波山村天平(でんでーろ)と二つの狼平" »

2012年10月28日 (日)

オオカミの生態~その死因について

オオカミの死因の最大のものは、飢餓、次に他のオオカミとの闘争です。

22. What do wolves die from?

The natural causes of wolf mortality are primarily starvation, which kills mostly pups, and death from other wolves because of territory fights. Diseases such as mange, canine parvovirus and distemper can be killers both in small and recovering populations and in some established populations as well. Evidence suggests, however, that large wolf populations build up a resistance to canine parvovirus. Lyme disease also infects wolves, and heartworm can reduce a wolf's endurance by restricting blood flow to the lungs. Injuries caused by prey result in some deaths. The large mammals that wolves hunt and kill can inflict mortal injuries with antlers and hooves. Human-caused mortality including legal (hunting and trapping in some locales) and illegal (poaching) activities can be high in some populations. Wolves are sometimes hit by cars in areas where road density is high. Pup mortality rates are highly variable, but approximately 40 to 60% of wolf pups die each year.




オオカミの自然死の原因は主に飢餓により、まず子供が死ぬ。そして次にテリトリーの争いのために他のオオカミに殺される。疥癬やイヌパルボウィルスのような病気やジステンパーは、頭数規模が大きい場合でも小さく回復したばかりの場合でも同じようにオオカミの頭数を減らす。しかし、頭数規模が大きい場合にイヌパルボウィルスへの抵抗性は大きくなる。ライム病はオオカミにも同様に感染する。フィラリアは肺への血流を止めるためオオカミの体力を奪う。獲物によって怪我をすることが死につながることもある。オオカミがハントする大型の動物は、角や蹄でオオカミに致命傷を耐えることがある。人間が原因になる死は合法的な(狩猟、わな)、非合法(密猟)活動が、ある地域で高くなることがある。オオカミは道路密度の高い地域では、車にぶつかって死ぬことがある。子どもの死亡率は変動する。しかし毎年おおよそ
4060%になる。

オオカミの生態~オオカミは年に何頭のシカを獲るか

主にアメリカ中西部のデータを元にした数字ですが、deerはオジロジカと思われます。
パックの頭数が5頭とすれば、一つのパックは、年に75頭から95頭のシカを食べることになります。

20. How many prey animals do wolves kill per year?

Wolves depend on a variety of large ungulates (hoofed animals) for food. Although studies have been conducted in some areas to determine the actual number of prey killed each year, the results are estimates. For example, an estimate for deer ranges from 15 to 19 adult-sized deer per wolf per year. Given the 2008 estimate of 2922 wolves in Minnesota, for instance, that would equal 43,800 to 58,500 deer killed by wolves. In comparison, hunters killed approximately 260,000 deer in the 2007 deer harvest. Additionally, several thousand deer are killed during collisions with vehicles each year.

オオカミは年に何頭のエサ動物を食べるか

オオカミは様々な大型偶蹄類をエサにしている。いくつかの地域で実際に何頭のエサ動物がオオカミに食べられているかを決定する調査が行われてきたが、結果は、年に一頭のオオカミが1519頭のシカ成獣を獲るという推定値がある。ミネソタでは、2008年に2922頭のオオカミがいると推定されている。

その頭数が43800から58500頭のシカを食べるということになる。比較対象として、ハンターはおよそ260000頭のシカを2007年猟期に獲った。付け加えると数千頭の鹿が毎年車と衝突して死んでいる。

2012年10月27日 (土)

オオカミの生態~テリトリー(ナワバリ)の広さ

今度はミネソタ州北部、スペリオール湖に近いイリにあるインターナショナルウルフセンターのHPからいくつか解説を拾ってきました。






http://www.wolf.org/wolves/learn/basic/faqs/faq.asp#3

8. What is the size of a wolf pack territory?

In most regions where wolves live, each wolf pack has its own territory, an area in which it lives, hunts and raises its offspring and which it actively defends against other canids (dog-like animals) including other wolves. Exceptions are nomadic wolves whose prey is migratory such as the tundra wolves that follow the caribou herds on their annual treks over huge distances. Territory size is highly variable and depends on a number of factors such as prey abundance, the nature of the terrain, climate and the presence of other predators including other wolf packs. Gray wolf territories in the lower 48 states may be less than 100 square miles while territories in Alaska and Canada can range from about 300 to 1,000 square miles or more.

Red wolf territories in northeastern North Carolina vary in size, but most are estimated to range between 38 to 87 square miles.



                                       

オオカミパックのテリトリーの広さは?

多くのオオカミが生息する地域では、オオカミパックはそれぞれ、オオカミが生活し、狩りをし、子孫を残すそして他のオオカミを含むイヌ科動物(犬のような動物)から積極的に守るべきテリトリーを持っている。例外は、カリブーの群れのように長距離を定期的に移動する動物を追いかけているツンドラオオカミのようにエサが移動性の場合である。テリトリーのサイズは、エサの密度や地形、気候や他のオオカミのパックのような捕食者の存在によって様々である。ハイイロオオカミのテリトリーは、48では100平方マイル以下であるが、アラスカやカナダでは、300から1000平方マイルまで範囲が広がる。

ノースカロライナ州北東部のアカオオカミもまたテリトリーは変動するが、おおよそ38から87平方マイルと推定されている。

単位換算

1平方マイル=約2.6平方キロ=約260ヘクタール

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%96%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB

(実際は2.59259

したがって

38平方マイル=99平方キロ=9900ヘクタール

87平方マイル=226平方キロ=22620ヘクタール

100平方マイル=260平方キロ=26千ヘクタール

300平方マイル=780平方キロ=78千ヘクタール

1000平方マイル=2600平方キロ=26万ヘクタール

長野県知事は、10万ヘクタール必要と答弁しましたが、それはインターナショナルウルフセンターの情報によれば、アラスカ、カナダでしか観察されていません。

2012年10月26日 (金)

オオカミの生態~出産、子育て

16) When do wolves mate?

The breeding season for wolves is from late January through March; the further south, the earlier the breeding season. Females are pregnant for about 63 days before they give birth to four to six pups.

オオカミはいつ交尾するか

オオカミの繁殖シーズンは1月後半から3月にかけてである。南部ではもっと早い時期になる。メスの妊娠期間はおよそ63日、子どもは46頭である。


17) Where do wolves give birth to their young?

Pups are usually born in a den excavated as much as 10 feet into well-drained soil. Sometimes the female selects a hollow log, cave, tree with overhanging branches, or abandoned beaver lodge instead of making a den. At birth, wolf pups are deaf and blind, have dark fuzzy fur and weigh about one pound. They begin to see when two weeks old and can hear after three weeks. At this time, they become very active and playful.

オオカミはどこで出産するのか

子どもは通常、10フィートほど掘り下げてよく塗り固められた巣穴で生まれる。ときにはメスが中空の木の洞や洞穴、枝がオーバーハングした木の下や廃棄されたビーバーのロッジを、巣穴を作る代わりに選ぶこともある。出産のときは、オオカミの子どもは耳も聞こえず眼も開いていない、ぼやけたくらい色の毛皮で覆われ、体重は1ポンド程度だ。2週間過ぎると見えるようになり、3週過ぎると耳も聞こえるようになる。このとき、彼らは非常に行動的になり、遊び始める。






18) At what age are wolf pups weaned?

Wolf pups are weaned at about six weeks old, and then the adults begin to bring them meat. Most adult wolves center their activities on dens while traveling as far as 20 miles away in search of food, which is regularly brought back to the den. Adults eat the meat at a kill site, often miles away from the pups, and then they return and regurgitate the food for the pups to eat. The hungry pups jump and nip at the adults' muzzles to stimulate regurgitation.

何歳で離乳するか

オオカミの子どもは、6週で離乳する。そして親は彼らに肉を運ぶようになる。多くの大人のオオカミは、食べ物を捜して巣穴を中心に20マイルほどの距離を走り回り、定期的にエサを持ち帰る。

大人のオオカミは数マイル離れたところで、エサを捕獲するとその場で肉を食べ、呑みこんだ肉を巣穴に帰って吐き戻して子どもに与える。腹をすかせた子どもは大人の口吻に飛びつくので、その鼻への刺激で大人が吐き戻した肉を食べる。


19) How long do wolf pups stay in the den?

By mid- to late summer, when the pups are six to eight weeks old, they are usually moved some distance away from the den. The female carries the pups in her mouth to the first of a series of rendezvous sites or nursery areas. These sites are the focus of the pack's social activities for the summer months and are usually near water. By August, the pups wander up to two to three miles from the rendezvous sites and use them less often. The pack abandons the sites in September or October, and the pups, now almost full-grown, follow the adults.

夏も半ばから後半にかけて、子どもが6週から8週になったころ、彼らは巣穴から少し離れたところに移る。母オオカミは、子どもを口でくわえてランデブーサイトや子育てエリアに運び出す。このサイトは夏の間のパックの社会的な活動の焦点であり、通常水の近くである。

8月までに、こどもはランデブーサイトから23マイルくらいまでは歩き回るようになり、ランデブーサイトを使うことは多くなくなる。パックは、910月にはそのサイトを放棄するが、そのころには子どもははほとんど大人と変わらない大きさになって、大人について歩くようになる。

20) How long do wolves live?

Gray wolves are known to live up to 13 years in the wild and 15 years in captivity.

オオカミの寿命は

ハイイロオオカミは、野生では13年、飼育下で15年生存することが知られている。

25) How big are wolves?

The size of a wolf varies depending on where it is found. Smaller sizes tend to be found in the southern portion of wolf range and larger sizes in the northern portion. Females tend to be slightly smaller than males. The average size of males is 5 to 6.5 feet long (tip of nose to tip of tail), 26 to 32 inches high at the shoulder, and 70 to 115 pounds in weight (in Alaska they occasionally reach 145 pounds). The average size of females is 4.5 to 6 feet long, 26 to 32 inches high at the shoulder, and 60 to 100 pounds in weight. Wolves reach adult size by 1 year of age.

オオカミの大きさは

オオカミのサイズはその個体が見つかる場所により様々である。オオカミ生息地域の南方では小さく、北方では大きくなる。メスはオスよりも少し小さくなる傾向がある。オスの平均サイズは体長56.5フィート(鼻先から尾まで)、肩高2632インチ、体重70115パウンド(アラスカでは稀に145パウンドになることもある)、メスの平均サイズは、体長4.56フィート、肩高2632インチ、体重60100パウンドであり、1歳で大人サイズに成長する。


ポンド = 453.6グラム = 0.454キログラム

1インチ=2.54センチ

1フィート=30.4センチ

オスの場合

56.5フィート=150センチ~195センチ

2632インチ=66センチ~81センチ

70115パウンド=32kg52kg(アラスカでは稀に66kg

メスの場合

4.56フィート=135センチ~180センチ

2632インチ=66センチ~81センチ

60100パウンド=27kg45kg

2012年10月25日 (木)

オオカミの生態~パック・群れとは?、独り立ちするオオカミは?

オオカミの群れに関する誤解が多いようです。

曰く「オオカミはエサが少なくなると、たくさんの雑多な個体が集まってきて群れで行動する。そして人間を襲う」

そうではありません。オオカミの群れは家族が基本です。父と母と1年目の子供と2年目の子供と、たまにはそうでないものが混じることもありますが、父と母が家族を養っています。


11) What is a wolf pack?

The wolf pack is an extended family unit that includes a dominant male and female, referred to as the alpha pair. In each pack, the alpha animals are usually the only ones to breed, preventing subordinate adults from mating by physically harassing them. Thus, most packs produce only one litter of four to six pups each year. A pack typically includes the alpha pair, the young wolves born that year, perhaps last year’s young, and sometimes a few older wolves that may or may not be related to the alpha pair.


パックとは何か

オオカミのパックは、アルファと言われるペアとして支配的なオスとメスを含む拡張された家族単位を指す。パックの中では、アルファの動物は通常繁殖行動をするのは一頭だけであり、従属オスが交配することは肉体的にいじめることで妨げられる。そしてほとんどのオオカミは一腹で4頭から6頭の子供を毎年作る。典型的なパックは、アルファペアと、当歳仔、2歳仔、ときには数頭のアルファペアと関係あるかどうか定かではない年上のオオカミを含むことがある



 

12) How many wolves are in a pack?

Pack sizes vary considerably, depending on the size of the wolf population in a particular area, whether they are feeding pups and the amount of prey available. Average pack size in the Midwest varies from 4 to 8 wolves during winter with records of up to 16. In the northern Rocky Mountains, packs average about 10 wolves, but one pack in Yellowstone had 37 members. That pack then formed several smaller packs. Pack size can temporarily be as high as 30 or more in parts of Canada and Alaska but most packs are much smaller.

 

パックは何頭の群れになるか

パックのサイズは、ある地域でのオオカミの頭数が養わなければならない子供と利用可能なエサの量により、かなり多様である。中西部における平均パックサイズは4~8頭、冬期16頭と記録されたのが最高である。ロッキー山脈では、平均的なパックは、10頭であるが、イエローストーンのあるパックは37頭だった。そのパックはその後いくつかの小さなパックを形成した。パックのサイズはカナダとアラスカの一部の地域では一時的に30以上と高くなることがあるが、ほとんどの場合パックサイズはもっと小さくなる。



                 

 

13) Do wolves mate for life?

Usually, a wolf pair may mate until one dies and then the living mate will find another mate.

オオカミのツガイは一生か?

通常オオカミのペアは一方が死ぬまで続き、生き残ったほうは他の相手を見つける。


                       

 

14) What happens to a pack when the alpha male or female is killed?

In a Yellowstone wolf study, which is a study of a population that is not hunted or trapped, the death of one or both members of the alpha pair usually resulted in another adult wolf coming in to replace the one that died. Sometimes it led to dissolution of the pack. Packs sometimes adopt unrelated dispersing wolves that could also become alpha members of the pack. When packs dissolved after the death of an alpha animal, new packs formed in those areas.

                   
                     

アルファオス、メスのどちらかが殺されたとき何が起きるか

イエローストーンの狩猟やわなでないオオカミ頭数変化の研究においては、アルファペアの一頭または両方が死んだとき、通常は死んだ一頭の位置を別の成獣が代わって占めることになる。ときにはパック解体することもある。またときには関係のない分散オオカミがパックのアルファに収まることもある。アルファの死の後、パックが解体したときには、新たなパックがそのエリアに形成される。

 

                                        
                                     

15) How does a non-breeding wolf attain breeding status? 

A wolf can stay with the pack into which it was born and bide its time until it works its way up the dominance hierarchy or it can disperse. A dispersing wolf leaves the pack to find a mate and a vacant area in which to start its own pack. Both strategies involve risk. A wolf that bides its time may be out-competed by another wolf and never achieve dominance. Dispersers must hunt on their own until they form or join a new pack, and they may be killed when they invade the territory of other wolves.

Dispersers can leave a pack at any time of year but usually leave the pack in autumn or winter, during hunting and trapping season and prior to the February breeding season. They must be alert to entering other wolf packs' territories and they must keep a constant vigil to avoid encounters with people, their major enemy. Dispersers have been known to travel great distances in a short time. One radio-collared Wisconsin wolf traveled 23 miles in one day. In ten months, one Minnesota wolf traveled 550 miles to Saskatchewan, Canada. In 2001, a wolf trapped in the western portion of Michigan’s Upper Peninsula was killed in north-central Missouri, about 600 miles from its home territory, by a farmer who stated that he thought it was a coyote.

 

 

どのように独り立ちオオカミは繁殖するのか?
狼は生まれて育てられたパックで、独り立ちするまですごすことができる。独り立ち狼は配偶者を見つけ独自のパックを作るために空いた領域を見つけるためにパックを後にする。出て行くのも残るのも、どちらの戦略もリスクを伴う。その時を待っていれば他のオオカミに排除されるかもしれないし、独立を果たすことができないかもしれない。独り立ちするオオカミは、彼らがパックを形成したり、新しいパックに参加するまで、自分で狩りをする必要があり、他のオオカミのテリトリーに侵入すれば殺されるかもしれない。
独り立ちするオオカミは、いつでも、パックを出ることができるが、通常は狩猟の季節と2月の繁殖期に先立つ、秋や冬にパックを出ることが多い。彼らは彼らの主要な敵である、他のオオカミパックのテリトリーに入ることや、人との遭遇を避けるために、常に注意しなければならない。独り立ちするオオカミは、短期間に大きな距離を移動することが知られている。ウィスコンシンで発信機をつけたオオカミは一日で23マイルを旅した。ミネソタのオオカミのうちの一頭は10ヶ月で、カナダのサスカチュワン州まで550マイルを旅した。 2001年、ミシガン州のアッパー半島の西部にいたオオカミが、農家にコヨーテと間違われて600マイルほど離れた、北中部ミズーリ州で殺されたこともある。

 

2012年10月24日 (水)

オオカミの生態~棲みかとテリトリー、移動

オオカミ再導入のアイデアに驚かれる方の多くが、オオカミのことをよく知らない

ということがよくわかりました。環境省の本省の人たちも、現地にいる自然保護官も

同じです。

U.S. Fish and Wildlife Service【魚類野生生物局】のホームページ

Questions and Answers about Gray Wolf Biology


 http://www.fws.gov/midwest/wolf/aboutwolves/wolfbiology.htm



2) What types of habitat do wolves use? 

Gray wolves use so many different habitat types that they are equally at home in the deserts of Israel, the deciduous forests of Wisconsin, and the frozen arctic of Siberia. Within North America, gray wolves formerly ranged from coast to coast with the exception of the mid-Atlantic states, the Southeast, and perhaps parts of California. They were found in almost all habitat types; prairie, forest, mountains, and wetlands. In the conterminous 48 states today, they are found in mostly forested lands in Minnesota, Wisconsin, Michigan, Montana, Idaho, Oregon, Washington, and Wyoming. Although wolves in the western Great Lakes area primarily use northern woodlands, they have expanded their range into areas that are a mix of forest and agriculture in Minnesota and Wisconsin. The Mexican gray wolf has been reintroduced into the mountains of the Apache National Forest in Arizona and translocated into the Gila National Forest in New Mexico.

オオカミの棲みかはどのようなところか

ハイイロオオカミは、イスラエルの砂漠でも、ウィスコンシンの落葉樹林でも、シベリアの凍った極北でも様々な異なったタイプの棲みかを同じように利用する。

北アメリカでは、ハイイロオオカミは中部大西洋岸と南東部、そしてたぶんカリフォルニアの一部の州を除いて、東部から西部まで広く分布していた。彼らはほとんどどんなタイプの生息地でも見つかった。プレーリー、森林、山河口、湿地。今日では48州のなかでミネソタ、ウィスコンシン、ミシガン、モンタナ、オハイオ、アイダホ、オレゴン、ワシントン、ワイオミングの森林で見つかる。オオカミは五大湖西部地域では主に森林地帯を使っているけれども、ミネソタとウィスコンシンの森林農業混交地帯に進出している。メキシコオオカミは、アリゾナのアパッチ国立森林公園の山岳地帯に再導入され、ニューメキシコのギラ国立森林公園に移動した。

                     

4) How far do wolves travel?

Wolf packs usually hunt within a specific territory. It is not uncommon for territories to be as large as 50 square miles but they may even extend up to 1,000 square miles in areas where prey is scarce. Wolves often cover large areas to hunt, traveling as far as 30 miles a day. Although they trot along at 5 m.p.h., wolves can attain speeds as high as 40 m.p.h. Most wolves disperse from the pack they were born into by age three. Dispersing wolves have traveled as far as 600 miles.


オオカミはどのくらい遠くまで移動するか

オオカミの群れは、通常特定のテリトリーの中で狩りをする。テリトリーは、50平方マイル程度から、エサが少ない地域なら1000平方マイルに拡大することもある。オオカミは大きな狩猟エリアをカバーするために一日30マイルを旅している。彼らは普段時速5マイルで歩き回るけれども、時速40マイルのスピードに達することもある。ほとんどのオオカミは3歳までに、分散のため自分が生まれた家族の群れから出て行く。

5) What do wolves eat?

In the Midwest, wolves eat mainly white-tailed deer but they also eat moose, beaver, and snowshoe hare. In the Rocky Mountains, wolves feed on elk, deer, moose, bison, and beaver. Wolves even eat some insects, small mammals, nuts, and berries. They may not eat for a week or more but are capable of eating 20 pounds of meat in a single meal.



オオカミは何を食べるのか?

中西部では、オオカミは主にオジロジカを食べているが、ヘラジカ、ビーバー、カンジキウサギもまた食料である。ロッキー山脈では、オオカミはエルク、オジロジカ、ヘラジカ、バイソン、ビーバーをエサとする。オオカミはある種の昆虫も食べるし、小さな哺乳類、ナッツ、ベリー類を食べもする。彼らは、1週間あるいはもっと長期間食べずにいることができるが、一方で一食あたり、20ポンドの肉を食べることができる。

群れを出て独り立ちするオオカミは600マイルを旅することもある。




2012年10月23日 (火)

狩猟でシカの頭数抑制が可能か?

前に、ジビエと狩猟の限界、と書きましたが、そうはいっても現在進行中の対策は、狩猟または、駆除、または管理捕獲という方法に関してのものだけです。

以前メディアの取材に対して「シカの抑制は狩猟振興で対応する」と環境省はコメントしています。

では、そもそも狩猟者、狩猟技術者といってもいいかと思いますが、そういった技術を持つ人たちがどのくらいの人数いれば、現在の日本で、シカの頭数を減らすことができるか、その見積もりをされているのでしょうか。

その必要人数に対して、狩猟者の養成策は講じられているのでしょうか。

平成22 年度、「知床半島における効果的なエゾシカ捕獲のための研修業務」として公開セミナー

「知床のシカはコントロールできるのか?」が開催されました。

http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/pre_2010/0712a.html

その一連のセミナーの記録が公表されています。知床で行われた際の講演と質疑応答です。

http://dc.shiretoko-whc.com/data/meeting/kouen/h22/kouen_H22_DeNicola_Schaller_gaiyou.pdf

その記録の中から、狩猟者養成に関して、必要な参考情報を抜粋します。ヨーロッパではこうして核になる狩猟者養成を行っているという情報です。


お断りしておきますが、このセミナーの主催者は、「オオカミ再導入」には反対で、狩猟を振興して対処しようとする方たちです。

このテーマでこの知床会場には、ドイツから専門家としてミュンヘン工科大学教授を招聘しています。

これに先立つ東京農工大ドイツでは、狩猟組合のリーダーが代わりに講演していました。そちらは聞かせていただきましたが、ドイツには約30万人の狩猟者がいるということでした。

それでも森林崩壊、衰退が起きているようです



                            

                        

ドイツ連邦共和国における狩猟のシステムとシカ管理

講師Prof. Dr. M. Schaller(ミュンヘン工科大学教授)


                  

       

(以下抜粋)

*************************

ドイツでは、既にクマとオオカミが絶滅している。現在のドイツの森林には、シカの

捕食者となり得る野生動物は存在しないため、シカの数を減らすには狩猟に頼るしかな

い現状がある。

野生動物による被害や影響には、次のようなものが挙げられる。

・ シカ類やシャモアの増加によって、森林の持続性は危機にさらされている。

・ 生物多様性の減少、安定性の低下が懸念されている。

・ 森林の持続性維持のためにも、有蹄類を狩猟動物としてその生息頭数を管理する必

要がある。

森林の衰退はあちこちで確認されており、斜面崩壊や雪崩などを誘発する。

****************



また州単位で3年かけて職業狩猟者を養成し、雇用先を用意しています。



****************

【例】バイエルン州の一般狩猟試験の場合

ü 筆記試験100 分で狩猟教育分野から100 問の出題

ü 口答試験は6 分野あり、各分野1015 分程度

ü 実技試験は銃器の扱い方など約20 分間の他、射撃試験

ü バイエルン州の場合、試験は年4 回、州内の18 箇所で実施。1 か月の間に

4 日間かけて実施される。試験費用は約3 万円

ü 2009 年は全国で約1 万人受験。合格率83

【例】バイエルン州における一般狩猟教育と訓練

ü 準備コースは週に2 6 箇月間のコースと、120 時間期間を集中して受講

するコースの2 種がある。銃器の扱いと射撃実技訓練を行う。

以上が一般狩猟免許の取得に必要である。職業狩猟者になるためには、さらに3 年程

度の研修が必要である。次に職業狩猟者とは具体的にどのようなものであるかを概説す

る。

ドイツには約1,000 人がアカシカの生息する山岳地方を中心に職業狩猟者として業務

に従事している。年間3040 人を対象に職業狩猟者になるための教育が行われており、

バイエルン州に限ってみた場合は、毎年1012 人が教育を受けている。

教育分野は、狩猟・猟場管理、経営管理学、狩猟動物マネジメント、肉処理と取引、

狩猟動物の保護、動物福祉、自然環境保全、生態学、持続可能性、モニタリング、病理

学、被害防止、狩猟犬の訓練、林業、安全管理事故防止、広報、野生動物・自然環境学

など、極めて多岐にわたり、全てを学ぶには3 年くらい必要となる。但し、志願者が既

に農業技術、林業の関連教育を受けている場合、職業訓練は2 年に短縮される。

中間試験は2 年目までに受験し、最終試験(実技・口答・筆記)に進む。これに合格

して初めて職業狩猟者として就業可能になる。

では、職業狩猟者の就職とはどのようなものがあるだろうか。

バイエルン州では、雇用需要に合わせて必要な人数のみ訓練教育を施しており、雇用

先は州森林管理機関(行政)、私有林所有者、コミュニティ森林(市町村有林)などが挙

げられる。

職業狩猟者の種類には、狩猟森林官、区域狩猟者の二つがある。狩猟森林官(森林官

はその全員が狩猟者である。)にとって、狩猟教育は大学で修めるものであり、狩猟は森

林官の仕事の一部であると言える。但し、あくまでも森林保全が第一であり、狩猟はそ

の森林保全のため、ツールとして重要、という位置づけである。

区域狩猟者はプロの職業狩猟者で、主に山岳地方で従事しており、約1000 人がこれに

該当する。

*****************


彼は、狩猟者数が問題ではなく、プロフェッショナルがいれば、1000人で十分、といっています

ただ、それでも森林の衰退は防げていませんが

少なくとも、環境省が「狩猟でシカを抑制できる」というなら、このくらいの養成教育、そして職を用意しなければならないと思います

現在報道や環境省発表に見る狩猟者増加の対策は、狩猟期間や狩猟対象の規制緩和や、わな猟の推奨程度のことでしかありません。

このセミナーからもう2年経っています。環境省が関わり、自然保護官が参加していはずなのだから、現状を正確に認識し、対策をたてようとしているのであれば、この方向で狩猟者養成策を早急に実現すべきだと思います

そこまでやっているなら、「狩猟者養成でシカの個体数管理は可能」という言い分を認めてもいいでしょう。それさえ着手していないのですから、環境省は本気とは思えません。


ただし、こちらの認識は、「それでも人間はシカの個体数管理を達成できない」というものです。理由は、「狩猟とジビエの限界」で書いたとおりです。



2012年10月18日 (木)

相も変らぬオオカミ再導入反対のコメント

オオカミ復活させ食害防止
シカ捕食へ協会が“輸入”構想
山梨含む3県で重点活動


http://www.minamialps-net.jp/news_main.php?news_num=985



日本オオカミ協会の集会に関する事前の報道です。


...
未だに同じことを言っています。人は変われど、コメントは同じ。



「食害防止へオオカミの導入効果を疑問視する声も。環境省南アルプス自然保護官事務所の中村仁自然保護官は「オオカミの導入で、ほかの生態系に影響を及ぼす可能性があり、オオカミが人里に現れ、人や家畜に被害が出ることも考えられる」と指摘している」



環境省自然保護官の中村さんは、シカが生態系に影響を及ぼしていることは見ても眼に入らないらしい。目の前から植物が姿を消しても、蝶がいなくなっても、森に鳥が鳴かなくなっても、もちろん普段姿現すことのないネズミなんかがいなくなったってなんてことはない。
眼に入らないものは存在しないからだ。



「健康なオオカミは人を襲わない」とオオカミ学者が言っても、そんな言葉は耳に入らない。もちろん「オオカミは生態系を救う」なんてものは妄言に過ぎない。


なぜなら救われなければならない生態系なんて中村さんの眼には映らないのだから。


三匹の子豚のアフターストーリー

三匹の子豚のアフターストーリー

http://rocketnews24.com/2012/03/02/188276/

子豚たちは狼を殺した罪で逮捕されます。

捜査の結果、狼は子豚たちの家を吹き飛ばす嫌がらせをしていたのではなく、「喘息」だった可能性がYoutubeの動画から指摘され、さらに狼に保険金がかけられていたことが発覚。

すべては子豚たちの計画した保険金殺人でした。


ですが、お金に困っていた子豚たちに対して、ネット上では同情的な意見が相次ぎ、「富が局所化していることが問題」として、各地でデモが発生……。



大人の童話ですな。


2012年10月17日 (水)

ジビエとオオカミ再導入は両立するか



ジビエ料理のイベントに出かけたら、参加されていた方から、「私はオオカミに反対です」と言われた。

その方はジビエを熱心に進めているらしい。
なぜジビエ推進、シカの頭数調整に貢献するためのジビエとオオカミ再導入が対立することになるのか、よくわからない。


オオカミの狩は選択的である。
オオカミはシカの群れを追いかけ追いかけ、弱い個体、若齢個体、病気やケガをしている個体を選択的にしとめる。
狩猟は非選択的、偶然に左右される。狩猟者の目の前に現れた個体を撃つ。
むしろ健康な個体を選んで、撃つ。トロフィーにする場合でも、食用を考える場合でも、大きな個体を選ぶ。



ジビエを否定もしない、目の敵にするわけでもない。


...
オオカミはシカを含む生態系の自然調節の役割を果たし、シカの群れを健康に保つ。
健康な個体はむしろ狩らずに、より容易い弱い個体を選ぶ。
一方ジビエのためには、おいしい肉を備えた健康な個体を狩猟で利用すればいいのである。



ジビエとオオカミ再導入は両立する。
狩猟は非選択的であり、オオカミは選択的狩をする。


オオカミは生態系の自然調節を。
ジビエは最高の肉を。


という役割分担をすればいいのだ。

2012年10月16日 (火)

ジビエと狩猟の限界~人間にオオカミの代わりができるか

長いこと日本の自然の中では人間とオオカミが食物網の頂点にいた。

オオカミが退場し、100年以上もの間、人間だけが君臨してきたが、

人間が狩猟で野生動物の頭数まで調節できるような時代はもう終わっている、と思う

なぜ人間の狩猟が野生動物の頭数を左右できていたのかといえば、今のようにスーパーで簡単に手に入るような肉が出回っていなかったからだ。

日本では、歴史家たち高度成長期

社会変動期が激しかったのは南北朝時代と高度成長期だった」(網野善彦)

稲作農耕や鉄器使用が始まった弥生時代に匹敵する変化」(経済史家 原 朗)

「農村からの人口流出=地滑り的民族大移動」(元農業総合研究所所長並木正吉)

と表現しているほど、高度成長時代は技術革新が進み、人口が移動した時代だった。

その時期を間に挟んで、人間の技術や行動は驚くほど変化している。

70年代に食肉流通は従来と比べて格段の進歩を遂げた。畜産業が拡大し、ようやく完成した高速道路、舗装道路とチルド流通網に乗って全国くまなく、食肉が流通するようになった。

どんな山の中でもパックされた豚肉が食べられるようになったのだ。次いで牛肉の輸入が自由化され、80年代には安い牛肉が出回るようになった。山間地でさえ、牛豚肉が近所のスーパーで簡単に購入できるようになった。


その頃から猟師はいなくなった。そして山間地集落から整備された道路によって、人は下界に降りるようになったのだ。過疎が問題になり始めたのもその頃だ。

今と違ってまだ人口が右肩上がりの時代に過疎が問題になるのは、下界にもうけ仕事がたくさんあり、山間地では仕事がなくなっていったからだ。

遡れば、明治維新以来人口は増加し続け、農地は山間地へ向かって拡大し続けてきた。その過程では、食糧は十分でなく、山中に住む住人は野生肉を十分に獲り、食べてきたはずだ。

その時代は、高度成長によって終わりを告げた。狩猟者、あるいは狩猟者でなくとも、野生獣を殺し食べる習慣をもつ者は、山間地の人口とともに減った。

その頃、高度成長開始前の山間地人口は、あてずっぽうな推定だが、数百万人。終戦後全国各地に入植した開拓村(引揚者開拓団)の総数は全国で22万世帯と言われる。人口にして100万人くらいのものだろう。こちらはある程度信憑性がある数字だ。この人口が山を切り開く最前線だった。

昭和30年代までの山間地には、食うや食わずの100万人の人口があふれていた。当時、集落に現れた大型動物はほとんど集落の胃袋に収まった。狩猟人口だって、ピークだと言われる70年代以前、免許など取ろうともしない狩猟人口が山中にたくさんいたのだ。これらの話にはいくつかの傍証がある。

ジビエで野生動物を減らすには、その数十万の狩猟者の活動に匹敵する活動と、数百万人の胃袋に匹敵する消費を用意しなければならない。

先進国でシカが増え始めたのも同様の理由だろう。

途上国では依然として野生動物が食糧になり、数を減らしている。

いくらトロフィーがほしいから、あるいは管理捕獲で尻をたたかれているからといって、獲物を求めて1週間も山中を歩くことは、今はない。

その当時との力の差を自覚しなければ解決しない。

問題は、狩猟派、ジビエ派が、人間の力を過信していることだ。

人間が本気を出せば、シカの頭数調整は行き過ぎるくらいになる。

そう思っている。しかし、その本気には背景が必要である。人口と食欲だ。または金銭欲だ。

豚肉よりも、牛肉よりも強い食欲をそそる肉になるだろうか。

はるか昔、明治の時代にシカを1頭獲って、肉を売り、毛皮、鹿角を売って得る金銭は、今の金銭感覚では、おそらく10数万円にあたるはずだ。それだけのインセンティブを用意できるだろうか。


そのころ日本は乱獲の時代
だった

何十年もオオカミの代わりを人間が務めてきた背後には、食欲と金銭欲があった。
その食欲も、「飢え」に近い食欲である。
今の食欲は、グルメ。

その差は歴然としている。

飢えに代わるような強力な動機を用意しなければ、永続的な野生動物の抑制は人間にはできない。


2012年10月14日 (日)

悪評を立てられた狼の言い分

ドイツ自然保護連合(NABU)ホームページより

メルヘンの中の狼…真実か濡れ衣か

http://www.nabu.de/aktionenundprojekte/wolf/hintergrund/05879.html

日本語訳はこちらをどうぞ

http://olive510.blog.fc2.com/

かいつまんでいうと、赤ずきんちゃんという女の子は、奇抜な真っ赤なずきんをかぶった

性悪の甘やかされた小娘だったのです。

おかげで森の秩序を守る役割のオオカミは大変な悪評を立てられることになりました、、、とさ。


2012年10月 8日 (月)

日本は広いよ!

南アルプス航空写真集

http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/minamialps.html

航空写真集 日本アルプス

http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/newAlps.html



« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »