無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 三匹の子豚のアフターストーリー | トップページ | 狩猟でシカの頭数抑制が可能か? »

2012年10月18日 (木)

相も変らぬオオカミ再導入反対のコメント

オオカミ復活させ食害防止
シカ捕食へ協会が“輸入”構想
山梨含む3県で重点活動


http://www.minamialps-net.jp/news_main.php?news_num=985



日本オオカミ協会の集会に関する事前の報道です。


...
未だに同じことを言っています。人は変われど、コメントは同じ。



「食害防止へオオカミの導入効果を疑問視する声も。環境省南アルプス自然保護官事務所の中村仁自然保護官は「オオカミの導入で、ほかの生態系に影響を及ぼす可能性があり、オオカミが人里に現れ、人や家畜に被害が出ることも考えられる」と指摘している」



環境省自然保護官の中村さんは、シカが生態系に影響を及ぼしていることは見ても眼に入らないらしい。目の前から植物が姿を消しても、蝶がいなくなっても、森に鳥が鳴かなくなっても、もちろん普段姿現すことのないネズミなんかがいなくなったってなんてことはない。
眼に入らないものは存在しないからだ。



「健康なオオカミは人を襲わない」とオオカミ学者が言っても、そんな言葉は耳に入らない。もちろん「オオカミは生態系を救う」なんてものは妄言に過ぎない。


なぜなら救われなければならない生態系なんて中村さんの眼には映らないのだから。


« 三匹の子豚のアフターストーリー | トップページ | 狩猟でシカの頭数抑制が可能か? »

オオカミ復活」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。前々から狼導入に興味があり、今日初めてこのサイトを拝見させていただきました。
私はオオカミ導入に対しては慎重派です。今のところ完全に賛成・反対とは申し上げません。

記事を読みましたが、オオカミが日本の生態系に介入することで影響を及ぼすのは当然です。
寧ろ、オオカミが導入され、シカの個体群に変化が生じたのにもかかわらず、他の生態系の変化がないということはありえないと思います。

カスケード効果をご存知でしょうか。簡単に言うなら「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいなものです。
例えば池の場合、登場人物を植物プランクトン、動物プランクトン、動物プランクトンを食べる小魚、小魚と食べる肉食魚とします。
ここで何らかの理由で肉食魚が激減したとします。彼らがいなくなったことで、小魚が増えます。小魚が増えると動物プランクトンをたくさん食べるようになるので、動物プランクトンが減ります。すると動物プランクトンに食べられていた植物プランクトンは増えます。植物プランクトンが増えると水が濁って見えるので、水の透明度が下がります。
肉食魚と水の透明度、一見関係無さそうですが、このように肉食魚の個体数の変化が水の透明度まで影響を及ぼすのです。

これと同じように考えると、オオカミが導入されシカが減り、今までシカに食べられていた植物が繁茂する可能性があります。勿論貴重な植物は守られるかも知れませんが、シカが食べることで安定していた植物や、その植物が少ないからこそ安定していたそれを利用する他の生物がいるかも知れません。
シカの個体数に変化があった場合、これらのシカの周囲につながる生物の暮らしが変化することが考えられます。それは、いい効果かも知れませんし、悪い効果かも知れません。

私が言いたいのは、オオカミ反対派に対して頭ごなしに否定するのではなく、こうしたシカを通じて変化する生態系を詳しく調査し、オオカミが来ることでどれくらいのシカが減るのか、どのような植物に変化が起きるのか、その植物が変化したことでそれを利用する虫や鳥の生活・個体数はどのように変化するのかを考えた上で、導入に対して考案する必要があるのではないか、ということです。

長文になってしまった上に分かりづらくて恐縮です。
コメ失礼しました。

コメントありがとうございます。
カスケード効果を指摘していただいてありがとうございます。

カスケード効果を否定し、または無視しているのは、反対派の人たちです。
記事をよくお読みください。「頭ごなしに否定」されているのは、
オオカミ賛成派の方です。

議論さえしないとおっしゃっているのは反対の方たちなのをご存知ですか。
環境省は「オオカミ再導入は議論の俎上にも乗っていない」とコメントしています。
だからわたしたちは、「議論の俎上に載せてくれ」
と訴えています。

日本オオカミ協会
http://www.japan-wolf.org/

シカと森toオオカミ
http://blogs.yahoo.co.jp/pondwolf39
をさかのぼってお読みいただけると、いままでの経緯がわかると思います。

「議論の俎上にも載っていない」、と言って守ろうとしているものは、
間違いなく日本の自然ではありません。環境をめぐる影響力、
既得権、利権というようなご自分の周りの矮小なモノに間違いないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221774/55918727

この記事へのトラックバック一覧です: 相も変らぬオオカミ再導入反対のコメント:

« 三匹の子豚のアフターストーリー | トップページ | 狩猟でシカの頭数抑制が可能か? »