無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月19日 (日)

オオカミは危険か?オオカミ生息地の人々⑥~各国政府行政機関、保護団体の公的見解

オオカミ生息地の行政機関や、保護団体がオオカミに関するQ&Aや解説をしているHPがいくつかある。

その回答が、「オオカミの危険性」について、どのように回答しているか、見てみる。

●アメリカ合衆国 魚類野生生物局

(USFWS)

オオカミは人間、とりわけ小さな子どもには脅威になるか

野性のオオカミが人間に対して攻撃的な行動をとることは稀である。アラスカとカナダには、現在5万9000から7万頭のオオカミがいる。2002年に出版されたアラスカとカナダでのオオカミと人間の遭遇のケースヒストリーに記録されたオオカミと人間の遭遇の情報によれば、1970年以来、狂犬病ではないオオカミが人を咬んだ16件の事件のうち、6件は深刻なケースだった。その報告書が書かれて以降では、カナダのサスカチワンで、2005年にオオカミに人が殺された。それは、オオカミが規則違反のゴミ捨て場で餌付けされ、人なれした状況だったらしい。2010年には、アラスカで郊外をジョギング中の女性がオオカミによって殺された。

野生のオオカミは一般に人に対して臆病で、人間との接触を可能な限り避ける。しかし、どんな野生動物でも、追い詰められたり、傷つき、病気になった場合、あるいは、人為的な餌付けのような行動を通じて人に馴れたような場合には危険になる。人はオオカミが人間に近づいたり人間が与えるえさに依存するようになる行動を避けるべきである。

●インターナショナルウルフセンター(アメリカ合衆国)

(IWC)

ミネソタ州最北部イリにあるオオカミを飼育し、一般公開している民間施設。オオカミに関する情報発信源。

ミネソタ州では北部に州の3分の1ほどの面積でオオカミが生息している。推定頭数は約3000頭。隣接するウィスコンシン州、ミシガン州を合わせると、五大湖周辺にオオカミは約5000頭生息していることになる。

オオカミは人間にとって危険か

その答えは、一言でいってNOだ。典型的なオオカミは人間を避ける。

しかし!北アメリカでは、野生のオオカミが人を襲ったとする詳細な話もいくつかあり、また目撃者はいないけれども、2005年若い男性が北サスカチュワンで、オオカミの攻撃で結果的に死亡したと2007年の審問で判定された事件がある。オオカミが人を殺したという話は、インドやロシア、中央アジアの一部で繰り返し主張される。野生動物が人に慣らされたとき、特に餌付けされたときに人間への恐れをなくすということも事実である。大型捕食者、オオカミは人を殺す能力は確かにある。しかし、オオカミや他の野生動物にそのような行動をとらせることはすべきでないし、ハイカーやキャンパーは不慮の事故を防ぐための必要な予防策は講じておくべきである。

●ミネソタ州 自然資源局(アメリカ合衆国)

(ミネソタDNR)

ミネソタ州では北部に州の3分の1ほどの面積でオオカミが生息している。

オオカミは人間にとって危険か
その答えは、一言でいってNOだ。

典型的なオオカミは人間を避ける。しかし!北アメリカでは、野生のオオカミが人を襲ったとする詳細な話もいくつかあり、また目撃者はいないけれども、2005年若い男性が北サスカチュワンで、2010年アラスカで、オオカミの攻撃で結果的に死亡したと判定された2つの事件がある。

北アメリカでオオカミが人間を襲ったことは稀であり、結果としてよく理解されていない。インドやロシア、中央アジアの一部でオオカミが人を殺したという話は、繰り返し主張される。野生動物が人に慣らされたとき、特に餌付けされたときに人間への恐れをなくすということも事実である。大型捕食者、オオカミは人を殺す能力は確かにある。しかし、オオカミや他の野生動物にそのような行動をとらせることはすべきでないし、ハイカーやキャンパーは不慮の事故を防ぐための必要な予防策は講じておくべきである。

人々はオオカミや他の動物が人間を傷つける潜在能力があることを注意しておく必要がある。


●ウィスコンシン州自然資源局(アメリカ合衆国)

(ウィスコンシンDNR)

ミネソタ州と隣接する州北部に約800頭が生息。ほぼすべてのパックがナワバリまで把握されている。

オオカミとともに生きる

大地を共有する。

オオカミは一般的には人に対して臆病で接触を避けている。

しかし、どんな動物も追い詰められたり、傷ついたり病気になったり、あるいは餌付け等により人なれした場合には危険になりうる。オオカミやクマのような大型捕食者の場合、特にこれらの動物が人間の近くに来ないよう、食べ物に依存することにならないようにすることが重要である。

●モンタナ州 魚類野生生物・公園課(アメリカ合衆国)

(モンタナ FWP)

モンタナ州は、イエローストーン国立公園にオオカミが再導入されたと同時にロッキー山脈にオオカミを放獣している。一時は北部ロッキー全体で1600頭くらいまで増えていたが、絶滅危惧種法(ESA)のリストからオオカミがはずされ、オオカミ猟が可能になっているため、狩猟により減少していると思われる。


Q:モンタナ州は公共の安全に関心を払うべきか?

A:オオカミは一般的に人間を恐れ人間の安全を脅かすことは稀である。

過去100年、人間が傷つけられたという話はいくつか書かれているが、オオカミによる死亡事故はなかった。しかし、オオカミが人に近づいてくること、建物の周りを徘徊し、家畜や家犬の周りをうろうろすることは普通ではない。このような行動は、囚われた後に放されたオオカミや、人間の食べ物に餌付けされた、あるいはウルフドッグに典型的なものである。野生のオオカミは一般に人間の居住地域周辺をうろついたり、何かを探し回るようなことはしない。

Q:モンタナ州民はオオカミを見つけたらどうすべきか?

A:目撃情報を州FWPか連邦FWSに知らせてほしい。

彼らの人間への警戒心にも関わらず、特に「都市と自然の境界」といわれるような森やその他の環境ではオオカミは人間に極めて近い自然生息地を使うこともある。この季節、他の肉食獣、ブラックベアやマウンテンライオンよりも、ハイイロオオカミを見る機会が多いだろう。オオカミは道路や使いやすい回廊、鉄道路を移動経路としてよく使う。足跡や糞がよく道路で見つかる。マウンテンライオンは獲物の食べ残しを深い藪の中に隠したがるが、オオカミは食べ残しを景色のよい、オープンな地域に残していく。

オオカミはまた、マウンテンライオンやクマがしようとしない、開けた森や草原を横切って移動する。そしてオオカミは家族で生活しているので、1頭ではなく一度に多く見られるかもしれない。

●ドイツ ザクセン州ラウジッツ地方

(ドイツNABU)

ポーランドから移住してきたオオカミが定着し、現在ポーランド領内も含めて約70頭生息している。

市民への情報提供、グリム童話とは違う

コウノトリが赤ちゃんを運んでくるということを誰か信じているだろうか?誰もいないだろう。しかし私たちがオオカミに関して考えていることはまだ、伝説と偏見で決定されている。人々の考えを変えるために、NABUはオオカミに関する市民教育として、子供向けの童話に代わる事実に基づく情報を提供している。

●カナダ オンタリオ州

カナダアルゴンキン公園

カナダはオオカミの一大生息地で、カナダ全体では6万頭とも言われている。オンタリオ州では生息頭数はよくわかっていないが、2005年まで400~500頭が毎年捕獲されてきたことが公表されているため、それを基にすれば、数千頭という単位だろうと思われる。

オンタリオ州 自然資源省

オオカミは一般的には臆病で人間を避ける。しかし、もし人間から簡単に近づける食べ物を連想するようになってしまったら人間に対する恐れをなくしてしまう。このようなことが起きたら、オオカミは白昼キャンピングエリアや家、人間に近寄ってくるオオカミを見られるかもしれない。オオカミを見ることは、忘れられない記憶だ。人間に対する攻撃的な行動は通常はないが、オオカミが近づいてきたときは注意が必要だ。

カナダThe Wolves Ontario! project

質問:オオカミは人間が怖れなければならない凶暴な動物ではありませんか?

回答:オオカミをちらっとでも見る機会に遭遇することはめったにありません。オオカミは人間を恐れる傾向があり、うまく人間を避けている動物です。北アメリカで健康なオオカミが人を殺した例がありますが、そのオオカミは残飯で餌付けされ、人間への恐れをなくしたようだという証拠が示されています。ほとんどの野生動物のようにオオカミは人間の行動に反応します。攻撃のリスクは、人間が野生動物の生息地でいかに行動するかにかかっています。オオカミの攻撃は極めて稀ですが、キャンパーやハイカー、他の自然愛好者は、オオカミの国に入るときには責任ある行動で、用心して歩きましょう。

●ルーマニア 哺乳類保護ワーキンググループ

ルーマニア国内には約4000頭のオオカミが生息している。

オオカミが人間を咬むか?

ルーマニアでは、オオカミが人を襲ったという現実的なデータはない。

ある研究(2002年リンネル他―The fear of wolves)によれば、ルーマニアでは41件のオオカミが人間を襲った事件が知られている。41件中33件は間違いだったことが証明され、8件だけが実際にオオカミが人間を襲った例だとされている。そのうち2件はハンターが傷ついた動物を棒で止めようとした狩猟宴会でのものだった。(ハンターはそれぞれがわなにかかったオオカミを棒で殺そうとする)他の6件は、羊飼いが追い詰めた動物を殺そうとしたときに起きた。「オオカミの攻撃」はすべてのケースで、実際にはオオカミの防御的行動だった。


2013年5月18日 (土)

カナダ・オンタリオ州のオオカミ保護政策への転換

カナダは、オオカミの生息数が多いところだが、ただ野放しにしているわけではなく、ある時期に昔からのオオカミ根絶政策から保護に転じている。

アメリカ合衆国と同様のオオカミ捕獲報奨金制度が1793年から1972年まで継続していた。その後狩猟獣として、シカと同様狩猟頭数が管理されていた。さらに政策転換が起きたのが90年代である。オンタリオ州自然資源省がオオカミに関するレビューを作成したのが90年代半ば、その後その提言に沿って政策が転換され、2004年を最後にアルゴンキン州立公園周辺のオオカミ・コヨーテ猟が永遠に停止された。


その保護政策への転換は、最新の情報に基づいている。

「BACKGROUNDER ON WOLF CONSERVATION IN ONTARIO」

http://www.web2.mnr.gov.on.ca/mnr/ebr/wolves/backgrounder.pdf

にその背景が詳細に記されている。

その中で

・社会的側面

・生態的側面

からオオカミの重要性を解説している項目がある。



●社会的重要性

オオカミは、ヨーロッパ人移住者から怖れられ、迫害された。人間はオオカミの生息地に侵入し、続いて人間とオオカミの摩擦が起き、結果としてオオカミは狩猟獣の競争者、耕地開拓の邪魔者とみなされた。

オンタリオ州では、地方政府が報奨金による根絶政策を進めた。

オオカミに対する市民の見方は、彼らの生態系での役割とこれら捕食者の本質的な価値に対する敬意が増すことによって、最近10年で変化した。

最も最近では、北アメリカでのハイイロオオカミ、東部オオカミの現状への市民の関心が増してきた。オンタリオも例外ではない。これらの関心は、それだけで観点の範囲を明らかにしている。一つの見方は、オオカミの頭数が、密猟等により差し迫った危機にあること、根絶を止めるために、即座に、完全な保護が必要であることである。

もう一つの観点は、オオカミの頭数が増えることによって、野生動物や家畜への見過ごしがたい被害が起きるかもしれないことである。オンタリオ州のオオカミの頭数の現状に関する意見は、比較調査の不足も含めて限定された情報に基づいている。しかし、最近の市民のこれらの種への関心の高まりは明らかである。

●生態的重要性

捕食者としてのオオカミは、現代の科学でも把握しきれない多様な相互作用を通じて生態系に影響を及ぼし、健全な生態系を構成する絶対必要な部分であると認識されている。

オオカミは大型哺乳類の頂点捕食者であり、これらの種に直接影響を及ぼす。しかしその行動はまた、他の生態系構成員とプロセスに対してもより間接的、簡単には認識できないやり方で影響している。

デイビッド・ミッチ、世界のオオカミ研究者の中でも最も認められている、がオオカミの直接的な生態系への影響と認められている主な項目を挙げている。



①下位の獲物動物を捕食する

②獲物の生息数の限界をコントロールする

③獲物の再生産への刺激

④スカベンジャーの食物を増やす

⑤獲物動物以外の動物の捕食



ただし、オオカミ研究者のミッチとボイターニは、これら生態的な効果は主にプラスとして働く傾向があるけれども、科学は生態系内の多くのカスケード効果を本当には理解できてはいない、プラスとマイナスの効果の意味は人間の価値判断によるものであるから生態系そのものがそう判断するものとは異なると言っている。

認められているオオカミの間接的な効果は、コヨーテの頭数が減少したことであり、直接的な効果はオオカミの捕食によって有蹄類が減ったことである。

2013年5月14日 (火)

オオカミは危険か?オオカミ生息地の人々⑤イエローストーンの警告標識

イエローストーン国立公園には、野生動物に近づきすぎることを警告する標識があります。

たとえば・・・

クマ:100ヤード以上離れろ

バイソン25ヤード以上離れろ

エルク:●●ヤード以上離れろ


ところがオオカミについては標識がありませんでした。

そこである人がレンジャーに尋ねました。

「オオカミからはどのくらい離れればいいですか?」

レンジャーは笑って答えました。


「近寄れるものなら、近寄ってみなさい」



たとえばラウジッツと関東山地を比較してみるⅡ

環境省の広域的な取り組みで一つの地域として扱われるようになった関東山地ですが、いまどんなことが(もちろんシカに関して)おきているのか、というと、この鳥獣保護管理計画にもきちんと書かれています。

http://www.env.go.jp/nature/choju/effort/kanto-shika.pdf

(2)生態系への影響

シカの採食圧によって、森林内の下層植物が衰退し、急傾斜地では崩落が進んでいる。また、国立公園内の特別保護地区の主要な景観を形成してきたシラビソ、コメツガ等が、角とぎや樹皮剥ぎの影響で立ち枯れている。その結果、それらの植生に依存する動物相の棲み場所が失われるなど生物多様性の全体的な低下が危惧される。首都圏をはじめとする主要な都市の水源林としての機能への影響も懸念される。


(3)農林業被害

主に中山間地域の農地で被害が発生しており、関係市町村の公表されている近年の農業被害金額を集計すると約9千8百万円となっている。被害の対象地域は拡大傾向にあり、農家の生産意欲が低下し、耕作放棄にもつながっていることから、早急な対策が必要である。また、スギやヒノキ等の人工林では、角こすりや樹皮剥ぎ、植樹した幼齢木の枝葉食害等の林業被害が深刻な問題となっている。

この関東山地の中心部が秩父多摩国立公園、約13万haです。

その核心部のほんの入り口まで行ってきました。

これは正直言って、たいへんショッキングな画像です。3年前の天城峠、早川町の裏山の状況とそっくりそのまま、写真を二つ並べればどこの写真かわかりません。

Dscn0698_2

Dscn2998_2

 

Dscn0698

2013年5月11日奥多摩:日原周辺

Dscn0698_4

2010年5月山梨早川町慶雲閣裏手
















入り口がこうだということは、中心部も全部です。

現に、鳥獣保護管理計画がこう書いています。

シカの採食圧によって、森林内の下層植物が衰退し、急傾斜地では崩落が進んでいる。

Dscn2998

続きを読む "たとえばラウジッツと関東山地を比較してみるⅡ" »

2013年5月13日 (月)

たとえばラウジッツと関東山地を比較してみる

ドイツのラウジッツ地方に、今18群70頭(ドイツ領に45頭、ポーランド領に25頭)のオオカミがいる。面積にして、50万haほどになっている。ラウジッツのオオカミ情報を見つけた当初は、9群で25万ha程度という話だったから、相当拡大したことになる。1群2.5万~3万haだから、まあそんなものだろうという広がりだ。

日本にその面積をあてはめてみると、どのくらいになるか、考えてみた。

南アルプスや八ヶ岳だったらそのまま入りそうだが、ラウジッツと違って高い山岳地帯なので、イメージがだいぶ違う。

そうこうしているうちに、環境省のHPで関東山地の鳥獣保護管理計画を見つけた。

http://www.env.go.jp/nature/choju/effort/kanto-shika.pdf


東京、埼玉、群馬、長野、山梨、神奈川の1都5県に広がる関東山地をまとめて保護管理計画でくくろうという話だ。東はJR八王子~高崎(八高線)、北は高崎~小諸(信越本線)、西は小諸~小淵沢(小海線)、南は小淵沢~立川(中央本線)を境界とする範囲である。

Photo_3

Photo_2

この地域の面積は、上底が70k程度、下底が100k程度、高さ80k程度の台形なので、ざっと70万haくらいと考えた。

ちょうど同じくらいの広がりだと思う。首都からの距離もちょうど同じくらいか、少しベルリンのほうが遠いかもしれないが、ザクセン州の州都ドレスデン(人口51万)との距離とはほぼ同じくらいだろう。

この面積に、18群約70頭のオオカミがいたら、、、、ほとんど見ることもできないだろう。

シカは、どのくらいいるかというと、この全域で捕獲頭数が1万2千頭(2010年)程度だから、おそらくその5倍程度の生息数と見る。5万~6万頭だ。

エサも十分にあり、ナワバリ面積も十分に確保できる。

2013年5月12日 (日)

ハウリングツアー~オオカミの遠吠えを聞く

アメリカやカナダのオオカミが多い地域では、Howling Surveyというのをやっているんだそうです。調査のため、調査員がハウリングをして反応を待つのですが、ハウリングの反応でその群れの子どもの数を調べられます。
カナダのAlgonquin Parkでは、その調査を教育ツアーとして体験させる企画にしています。一種のエコツアーです。
アウトドアステージに集まった観客にまず解説し、車で調査地に移動します。この車の数たるや、車の行列です。
この回は、ハウリングの反応は不発だったようですが、観光客はおとなしく帰っていきますね。みんなオオカミの姿が見えなくても満足して帰るそうです。



...以前「オオカミが戻ってくれば観光資源になる」と、ある県の県会議員いうと、「オオカミが戻っても、見られないんでしょ?観光にならないじゃないですか」と聞き返されました。そのときは、「研究者が集まるようになって、来県する人の知的レベルが上がりますよ」と答えましたが、このハウリングツアーなら確かに観光資源です。
アルゴンキンでは、今までの合計12万6千人が既に体験しているそうです。


http://www.youtube.com/embed/tq41ZU35Z60



« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »