無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« たとえばラウジッツと関東山地を比較してみるⅡ | トップページ | カナダ・オンタリオ州のオオカミ保護政策への転換 »

2013年5月14日 (火)

オオカミは危険か?オオカミ生息地の人々⑤イエローストーンの警告標識

イエローストーン国立公園には、野生動物に近づきすぎることを警告する標識があります。

たとえば・・・

クマ:100ヤード以上離れろ

バイソン25ヤード以上離れろ

エルク:●●ヤード以上離れろ


ところがオオカミについては標識がありませんでした。

そこである人がレンジャーに尋ねました。

「オオカミからはどのくらい離れればいいですか?」

レンジャーは笑って答えました。


「近寄れるものなら、近寄ってみなさい」



« たとえばラウジッツと関東山地を比較してみるⅡ | トップページ | カナダ・オンタリオ州のオオカミ保護政策への転換 »

オオカミの生態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221774/57384573

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミは危険か?オオカミ生息地の人々⑤イエローストーンの警告標識:

« たとえばラウジッツと関東山地を比較してみるⅡ | トップページ | カナダ・オンタリオ州のオオカミ保護政策への転換 »