無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 2013年5月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

オオカミの能力、イヌの能力

北海道・風蓮湖の野犬、エゾシカ襲う タンチョウも被害「行政、早く対応を」

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/476263.html

 風連湖畔に、数年前から野犬が住み着き、いま10頭くらいがまとまって行動しているらしい。水の中でエゾシカ狩をするなんて、なかなかやるじゃないか。

 イヌがここまでできるというなら、オオカミはもっとうまくできるだろう。以前の記事では、イヌとオオカミの能力の比較をしてみたが、そのときはもっと重大な違いがあることに気づいていなかった。風連湖のイヌたちのニュースを見て、もう一度そのことを書いておくことにした。

 「イヌにオオカミの代役が務まるか」という質問への答えは、「否」である。

オオカミの代役を探すのなら、その前に、オオカミの機能、果たしている役割をはっきりさせなければならない。

 オオカミの生態系内での役割は、「キーストーン捕食者」である。

 キーストーン捕食者は、シカを捕食し追いまわすことで、生態系の中のどんな小さなことにも影響力をもっている。シカを抑える役を担うことでイエローストーンでは河川の生態系までもが好循環を始めた。

 そしてその影響力はどこからくるかというと、オオカミがナワバリを毎日何十キロと巡回して、エサが獲れそうだと見れば、その持久力を生かしてシカを追い掛け回すことからくる。ナワバリ内を満遍なく、常にかき回しているようなものなのだ。

 そうしなければシカはオオカミの来ない場所に留まり、やはりその場所の植物を食べつくすだろう。ただ捕食するだけでない効果を、オオカミの能力はもっている。その影響力はシカを常に警戒させ、走らせていることだ。

 イヌにその力があるかというと、ない。実は人間にもない。何万ヘクタールを満遍なく毎日見回るなんてことはどちらにもできないからだ。

 それに、今回の野犬が、常にシカを捕食することを狙って動いているかどうかは疑問だ。たまたま出会って捕食する機会に恵まれたから、というのではヒグマと同じだ。


機会捕食者では、キーストーン捕食者の役割は務まらない。


« 2013年5月 | トップページ | 2013年9月 »