無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« オオカミと森の教科書 | トップページ | 霧ヶ峰でオオカミを語る会 »

2014年6月12日 (木)

ビーパル(BE-PAL)6月号日本の森にオオカミを放つべきなのか?

ビーパル6月号が、オオカミ再導入について取り上げていたので、さっそく購入して読んでみた。

Photo

Picture051514_205337

表紙には

「緊急提言 日本の森にオオカミを放つべきなのか?」

とあったので、どんな鋭い反対論が展開されるのかと期待して開いたところ、表紙にあるタイトルとはちょっとニュアンスの違う本文が展開されていたのだった。

本文のタイトルは 

「ほんとうの森の姿とは?生態系から欠落した「オオカミをめぐる意見」から考える」

である。

この食い違いはどこからくるのだろうか。ひょっとしたら、編集部が強気に「オオカミ再導入反対」を強調し、「緊急提言」しよう!と意気込んだのかもしれない。ところが書き手はなぜだか自信がなく、このようなタイトルになったのかもしれない、と邪推している。

な~んだ、がっかりだ、と思ったが、内容にもがっかりした。

この本文の筆者、鹿熊勤さんの

ほんとうの森の姿とは?

生態系から欠落したオオカミをめぐる意見から考える

を要約してみた。この記事は4つのパートに分けられ
 

森について

森は遷移するものだ・植物は環境に応じて次々に入れ替わり、100年もかけた静かな競合を勝ち抜いた大きな木が光を独占し、安定的な生態系、極相・原生林ができあがる。そこに人間が関わると植物たちの戦国時代のような競合が始まる。

人の手で遷移を止められた自然林が里山とみなされ、生物多様性が高い。遷移の途中にある自然林は、人の手が加わらなくなれば、樹種の競合が再開され、極相へと向かう。

一番の問題は植えっぱなしの人工林だ。

森が人をひきつけるのは「生命の気配」

 人が森に行きたくなる理由は、「生命の気配」への期待であろう。森は生物多様性が高い空間だ。教科書にあるような食物連鎖が今も繰り広げられている。大型哺乳類から小型哺乳類、爬虫類、鳥類、両生類や魚類、甲殻類、水生昆虫、土中の小動物、植物や菌類、バクテリアなどの無数の関係性は、食う食われるだけでない壮大な自律システムだ。だが現在の日本の森には重要なピースがいくつか欠けている。

獣害問題の発生について

野生動物、特にシカの激増は獣害として問題になっている。地域によっては森が裸地化しているところもある。かつて日本の森には、オオカミと人間の二種類の頂点捕食者がいた。農耕が始まって以来、獣害は絶えたことがないが、森の植生が変わるほどシカが増えるバランス異常はかつてないことだった。しかし、そもそも最初に植生を大きく変え、森のポテンシャルを低下させたのは人間だったのだ。

オオカミがいなくなって以来、シカのコントローラーとして機能していたのはレジャーハンターだった。もう一つのシカの増殖抑制要因は乱開発だった。しかし、地方の人口急減、耕作放棄地や放置人工林の増加で遷移が進み、シカが増える要素が高まる一方でハンターは森の中にも里にも足りない。

オオカミ再導入に対する反論

問題解決の切り札としてオオカミを復活させよという声があるが、生態系内の役割は認めざるを得ないが(筆者は)個人的には、実現するとしてもかなりの時間がかかるだろうと思っている。日本の森はどこも人の暮らしと背中合わせであり、第一の利害関係者はそうした住民たちである。その人たちのオオカミへの恐怖を拭い去るのは容易ではないし、再導入は社会に強いストレスを与えるに違いないからだ。トキやコウノトリの野生復帰とは訳が違う。生態学的なロマンチシズムで進めてはならない。

オオカミ導入より先に森に導入すべきは、「失ってしまったピースの大きさを、より多くの人が実感として理解することが大事ではないか。シカが引き起こしている問題の実態や、オオカミがいた時代の豊かな自然をリアルに振り返ることのできる、学びと反省のシステムだと思う。」

要約の次には、細かい点で、これは間違っているだろうと私が感じたことを指摘しておこう。

第二段落

この記事はこう書いてい

「森は現在も、日本列島の中では生物多様性の高い空間だ。森の中では、今も理科の教科書に載っているような食物連鎖が繰り広げられている。」

そして動物の例を挙げているのだが、この動物たちでは食物連鎖は説明できないだろうと思います。

(大型哺乳類)クマ、シカ、カモシカ、イノシシ、(小型哺乳類)ヤマネ、ネズミ、モグラ、(爬虫類)ヘビ、カメ、(鳥類)、(両生類)、(魚類)、(甲殻類)・・・

挙げられている動物が何か足りない! 

何が足りないかって?・・・肉食動物。オオカミは現在の森の中にはいないが、キツネ、タヌキ、イタチ等々、りっぱな肉食獣がいて、小型の哺乳類を中心に食べているはず。ただの例示ではあっても、食物連鎖を説明しようとしているのだから、きちんとした配役は必要でしょう。この組み合わせでは、絶妙な森の生態系は表現できない

 

第三段落

また、この記事は狩猟について次のように書いてい

「オオカミがいなくなった後、シカのコントローラーとして機能したのはレジャーハンターだった。しかし、ピーク時には50万人あった狩猟人口は今10万人台で、高齢化も著しい。シカの増殖を抑制していたと考えられるもう一つの要因は、特に高度経済成長期に顕著だった乱開発だ。」

ここに二つの間違いがある。一つ目は、レジャーハンターはシカのコントローラーではなかったということ

私も最近知ったので、えらそうなことは言えないが、ハンターの登録がピークになった70年代は、高度成長期で、裕福になった人たちが先を争うように狩猟免許を取得していた。登録手続きを担当していた方からは、その頃大忙しだったという話を聞いてい

そのハンターたちはほとんどが鳥打ちを始めた。猟場にずらりと並んだバブルハンターが、飛び立った鳥に向かって一斉に弾丸を発射し、何人もの弾が当たった鳥がバラバラに四散した光景も目撃したそう

シカを抑制していたのは、山間地の住民、職業猟師や食料にするためにシカを捕る人たちしかも免許など関係なく。南アルプスの麓に住む古い集落の人に聞いたら、「昔は食料のため3分の1、食害防止のため3分の1、娯楽のため3分の1くらいの感覚だったでしょう」ということだった。

レジャーハンターが「娯楽のため」にシカを捕っていたのではないようだ

二つ目は、乱開発がシカの増加を抑制していたという話。これはまったく逆のケースが多い。シカが個体数を増加させるのは、森が切り開かれた草原に生える草。別荘地も、牧場も、林道も、その頃どんどん開発されて、柔らかい草が生える擬似的な草原が出現した、それをエサにシカが増え始めたと考えられる

乱開発がシカを減らすなんてことは考えられない。生息地を奪われて減るのは、移動能力の低い、小さな動物、繁殖力の低い小動物、昆虫などでシカはその程度のことでは減らないのは、今の状況が示してい


結局のところ、この鹿熊さんの記事は、オオカミ再導入には反対らしいのが、それはこの部分に書かれている

「個人的には、実現するとしてもかなりの時間がかかるだろうと思っている。」

その論拠は

「日本の森はどこも人の暮らしと背中合わせであり、第一の利害関係者はそうした住民たちである。その人たちのオオカミへの恐怖を拭い去るのは容易ではないし、再導入は社会に強いストレスを与えるに違いないからだ。」

オオカミの生態学的な位置づけの重要性については、前段で否定できなくなり、導入できない理由を日本の社会に求めてい

ところが、国交省が最近発表した将来予測では、今後50年の間に、日本列島の「無人地帯」は2割増加して、全国土の6割が無人地帯になると予測していた。今でさえ4割が無人地帯なの

「森はどこも人の暮らしと背中合わせ」

という表現は、この筆者の里山への想いなのだろうけれども、もはやそれは幻想にすぎないのではないだろうか
 

「トキやコウノトリの野生復帰とは訳が違う。生態学的なロマンチシズムで進めてはならない。」

とも書かれてい
。もちろん、トキやコウノトリとは違生態系ではるかに重要な役割を担っている動物から。生態学的なロマンチシズムではなくて、現実的な生態系の崩壊、そのことによる人間生活への脅威を論じているのが、この方は今の日本の現実が見えていないよう

そして、この記事が、この事態に対して『こうすべき』とする結論は何かというと、

オオカミ導入より先に森に導入すべきは、「シカが引き起こしている問題の実態や、オオカミがいた時代の豊かな自然をリアルに振り返ることのできる、学びと反省のシステムだと思う。」

 

  『学びと反省のシステム』こそが真っ先に森に導入すべきものだ、というのが、これが具体的に何を意味するのか、理解できる方がいるだろうか。それによって解決できるものがあるのだろうか。

 

こう見てくると、編集部がつけた(らしい)「緊急提言!日本の森にオオカミを導入すべきなのか?」と、再導入に反対らしいニュアンスのタイトルを受けて、筆者が悩みに悩んで、結論を出せずに、迷ったまま書き終えた様子が想像できる。

もちろん、これを確信をもって書かれているなら、それはそれで、かまわないけれども、それならもうちょっとしっかりと読む人に理解できるように組み立てて欲しいと要望したい

« オオカミと森の教科書 | トップページ | 霧ヶ峰でオオカミを語る会 »

オオカミ復活」カテゴリの記事

コメント

文化放送の「武田鉄矢今朝の三枚おろし」というラジオ番組で、狼を森に放つ話をしていました。
興味が湧いたので検索し、ここに辿り着きました。

日本国民は見かけ上のゼロリスクを好み、徐々に静かに進行するリスクには無頓着です。
生態系を破壊する鹿の食害に対してハンターを増やすなどは、人口減社会では無理があります。
北海道では熊による人への被害もあります。
私の素人考えとして、狼の人に対するリスクも熊と同程度でしょう。
狼を導入し生態系をもとの姿に戻し、狼が増え過ぎたら積極的に駆除するというのは正しいと思えます。
(鹿が減れば、自然に減るでしょうけど)

リスクをとらず徐々に状況が悪化しても、日常生活に支障がなければ現状維持を期待するのが日本人です。
10年、20年後に森が荒廃し、鹿も住めなくなり、森が荒野になってからでは遅すぎます。
(それまで、日本人は動きそうにありませんが。。)

リスクをとり、早く狼を導入すべきでしょうね。

佐藤様
どうもありがとうございます。その番組、今日はじめてポッドキャストでまとめて聞きました。
たいへんいい内容で、「オオカミが日本を救う」の内容を正しく汲み取っていました。ナワバリ面積のところは混乱していましたが。
オオカミ再導入は、今の段階で公式に議論が始まっていません。環境省が「議論の俎上にもない」と言っていますから。だからオオカミが人襲うリスクなんて、現時点から再導入の実現性を考えれば、小数点以下にゼロが4つくらいつく確率でしかありません。
逆にシカの被害リスクは現実のもので、現にシカが棲んでいる地域の農家などは100%の確率で程度の差はあれ、被害を受けています。農業被害だけじゃなくて、林業被害、交通事故、鉄道事故、マダニ感染症の感染リスク、ヒルに地を吸われる登山者のリスク、そのうちシカの角に引っ掛けられる事故も起こるかもしれません。
この両者のリスクを比較してほしいものです。

オオカミ不在で シカ・イノシシ・サルの害が急増 オオカミの復活で 食物連鎖を取り戻せ。
中山間地でのシカやイノシシ等の農業被害は、それはそれはひどいもので、その損失は
230億円に上ります。
そのシカが、分布、個体数ともに年々増え続け、農作物に被害を与えるだけでなく、天
然林や高山帯のお花畑など自然生態系全体にまで破壊的影響を及ぼすようになっています。
日本狼に最も近いDNAを持つ天然記念物の「紀州犬」を猪犬・鹿犬として捕食する訓練を
し、日本全国の山に紀州犬を放ち、食物連鎖の生態系を取り戻す活動を実行しよう。


竹やぶが燃料に変わるガイド付で3M竹が1時間燃焼する「無煙 竹ボイラー MBG150」
ロケットストーブを超える低燃費を、灰に埋めた薪を炭で着火すると長期間の
熱分解が続く現象で実現した。
煙が出ず一ヶ月以上燃料交換なしで温度を緩やかに保つ古くて新しい
ハイパーゆとり世代『ドラム缶埋薪法屋内無煙暖房システム』

①屋内の居間に耐火煉瓦を敷き、200Lドラム缶を設置します。

②屋外で一か月程度吸水させた丸太や生木を運び入れドラム缶に詰め込みます。

③屋外でペール缶に灰を入れ、シャワーで水をかけてドロドロの灰泥水を作ります。

④ドラム缶内の吸水丸太の隙間に、薪の頭が5cm出るように灰泥水を流し込みます。

⑤屋外で火をつけた豆炭(3個程度)を、薪の頭にのせて灰を15cm以上かけます。

⑥ときどき観察して、灰が15cm以下になり、まれに煙が出れば灰を追加します。

⑦触り回さなければ、居間を一か月以上じんわりと暖房し続けます。

⑧燃え尽きたら、屋外に運びだしたドラム缶の中に、シャワーで灰泥水を作ります。

⑨ドラム缶の灰泥水をペール缶に移し替え、①から繰り返します。

触り回さないのに火が消える場合は、豆炭の数を増やすか、灰泥水を減らして籾殻
を5cm以上敷き詰めてから、灰を15cm以上かけて下さい。
微妙な水分調整が熱分解を持続させるカギとなります。
水分が多すぎると火が消え、逆に少なすぎると、煙が出たり早く燃え尽きます。
安全のため、すきま風のある住宅向けです。
高気密住宅は一酸化炭素警報機を設置し、窓サッシ溝にガムテープを2~3mm重ね張り
して、すきま風を作りましょう。

この技術を採用される方は、原則として二千年間はエネルギーに困らない似てるようで
違う原理の進行波炉(TWR)を、実現させるための広報活動に参加して頂きます(笑)


完全匿名化ポエムファイル共有ソフト『ハイパーゆとり世代Amoeba池田犬作2』

ネットワークの仕組みに分散ハッシュテーブルを採用し、匿名性を保ったままファイル
の共有を行うソフトである。ここでいう匿名性は 「Winny」「Share」「perfect dark」
など既存のファイル共有ソフトの匿名性とは一線を画すものであり、高度な手法を用い
て匿名性を確保している。
初めてクローラ対策された完全匿名化ポエムファイル共有ソフトである

サルでも分かる『ハイパーゆとり世代Amoeba池田犬作2』の使い方
http://lyrise.web.fc2.com/help/Amoeba/index.ja.html

最新版が配布される開発者 池田犬作 氏のツイート
https://twitter.com/Lyrise_al

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221774/59805895

この記事へのトラックバック一覧です: ビーパル(BE-PAL)6月号日本の森にオオカミを放つべきなのか?:

« オオカミと森の教科書 | トップページ | 霧ヶ峰でオオカミを語る会 »