無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« Dr. Wolf  D・ミッチ博士来日決定!【オオカミシンポ2015:復活と保護】 | トップページ | 「ウルフ・ウォーズ」発刊 »

2015年2月 5日 (木)

オオカミと人間の狩猟、違いは何か

オオカミと人間の狩猟、違いは何か

オオカミがいない日本、頂点捕食者の役割は人間がやらなきゃ、という人は多いが、、、、

人間の狩猟とオオカミの狩、何が違うのだろうか。

オオカミには増えすぎた鹿を減らせないという人もいる。

人間は増えすぎた鹿を減らせるのだろうか。

それぞれの狩の特徴に答えがある。

まずオオカミはシカを捕食する。これが大前提である。オオカミとシカは共進化してきた。世界中のどこでもオオカミはシカを追いかけ、シカはオオカミから逃げるために能力を磨いてきた動物だ。

オオカミの狩は、弱い獲物を捕食する。幼獣、老齢個体、怪我や病気の個体。

年齢や雌雄で分類すると、時期により違いがある。シカに子どもが生まれる春から秋にかけては、幼獣を捕食する。冬に近くなってくると幼獣も体が大きくなり、強く賢くなって容易に捕食できなくなるため、捕食の確率が低下する。代わりに捕食されるのは弱ったオスだ。まず老齢個体が対象になり、次に繁殖で体力を使い果たした個体が、冬の雪で行動を鈍らせたときに狙われる。成獣のメスは年間通じて捕食の確率は一定である。

オオカミが増えすぎたシカを減らせない例として挙げられるのは、ロイヤル島のムースの例である。体重800キロから1トンにもなる世界最大のシカであるムースは、健康であれば、さすがのオオカミにもそう簡単には捕食することができない。だからといってムースが増えすぎたままオオカミは何もできなかったかというとそうではない。

ロイヤル島でムースが増えすぎたまま数年がたったある冬、大雪が降った。肩高2m近いムースも行動を鈍らせるような大雪だった。その年、オオカミはチャンスを逃さずムースを大量に捕食した。ミッチ博士は、「オオカミは殺される理由のあるものだけを殺す」と総括している。増えすぎて減らせないように見えても、気象条件や他の環境要因が味方したときを逃さない。ムースのような大型のシカでさえ減らす力をもっている。

そして、狩は、彼らが生きていくための「食べる」行為であり、フルタイムジョブだから、休みはない。

この狩の特徴は、以下のような結果をもたらす

幼獣を捕食することで頭数を減らす

毎日追い掛け回すため、シカの生息場所を分散させる

老齢、怪我、病気、特に伝染病の個体を捕食することで、シカの群れを健全に保つ

一方、人間の狩猟の特徴はなんだろうか。

アメリカやカナダでは人間の狩猟によるシカの内訳を分析している。狩猟で捕獲するシカの年齢分布、雌雄分布は、個体群の構成比率とほぼ同じである。つまり人間の狩猟者は、シカを選択的に捕獲することはできないことになる。遭遇する偶然に左右されるからだ。多少の選択をするとしたら、幼獣は撃てない、大きな角をもつオスを狙いたがる、ということだろう。

また、人間の狩猟には行動の制約がある。人間よりシカの行動範囲は広い。狩猟者が行けない場所でもシカは草を食んでいる。しかも、猟期は主に冬に限定される。シカもイノシシも子どもは成獣になり、素早く、強く、賢くなる時期だ。最も手ごわい時期に対峙しなければならない。狩猟者の出動も毎日というわけにはいかない。パートタイムジョブの狩猟者なら、猟期の土日が活動日である。また有害駆除、管理捕獲の獲物の大半は食べるためでさえない。オオカミにとっては大雪の冬はチャンスだが、人間の狩猟者にとってはそれどころではない。したがって人間はシカの弱点を衝けない。

だから人間がシカの頭数をコントロールするのは大変だ。過去の歴史で人間がシカを減らしてきたのは、本当にオオカミと同じように常にシカを捕食していた時代(それがあったのかどうかわからないが)か、欲に駈られてやたらめったらと獲りまくった近代(16~19世紀)の話だ。そのどちらもない現代、シカを人間が減らすことは至難の業である。

アメリカでオオカミの再導入復活、自然復活に反対し、狩猟対象動物に戻せと主張してきた大きな勢力の一つは、狩猟者(スポーツハンター)だ。その狩猟者のオオカミ反対の理由は、「オオカミは俺たちの獲物を減らしてしまう。おかげでハンティングの割り当てが減らされるはめになる。オオカミが悪いのだ!」ということなのだ。スポーツハンターにとって、獲物の密度は高いほどいいからだ。

アメリカの狩猟者団体が、「オオカミはシカを減らす」と言ってくれている。

« Dr. Wolf  D・ミッチ博士来日決定!【オオカミシンポ2015:復活と保護】 | トップページ | 「ウルフ・ウォーズ」発刊 »

オオカミの生態」カテゴリの記事

ハンター・狩猟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221774/61090445

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミと人間の狩猟、違いは何か:

« Dr. Wolf  D・ミッチ博士来日決定!【オオカミシンポ2015:復活と保護】 | トップページ | 「ウルフ・ウォーズ」発刊 »