無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« IWMC2015 世界野生動物管理学術会議・見聞記 おまけ① | トップページ | オオカミ復活が必要な理由?オオカミは生態系の扇のカナメだから! »

2015年8月 8日 (土)

IWMC2015 世界野生動物管理学術会議・見聞記 おまけ②

このスズキ氏とはもう少し突っ込んだ話ができるかな・・と思った時、向こうからスズキ氏に声をかけるべく近づいてくる人が。「やあ、さっきの質問はよかったねぇ。問題点が明確になったよ」って・・

Σ(゜Д ゚;) 梶教授だっ

 ってか、この二人やっぱり知り合いかー。知床のセッションの場がオオカミ復活に肯定的な雰囲気になってしまうのを阻止したかった想いは共通していたようです。


 

梶教授が来たからってそそくさとこの場を去るのはロコツで不自然だし、失礼だろうし、ええぃ仕方ない、この際思い切ってご挨拶だ!と名刺をゴソゴソ。 その動きにつられて梶教授も名刺を出しかけましたが、私がオオカミ協会を名乗ると「あ~・・」と意味ありげに笑い、手を止めてしまいました。私の名前など知る気がないオーラ全開。こ・れ・は、名刺を出すタイミングが・・と戸惑う私にむかって、梶教授は「やっぱりオオカミはダメですよ」と一方的に持論を展開し始めました。・・ヲヲッ?(゚▽゚;)ノノ


「有蹄類はやはりボトムアップですよ。なぜエゾオオカミが絶滅したと思いますか?大雪でエゾシカが大量死して、それで餌がなくなって牧場を襲って駆除されたんですよ」(はぁ、知ってます。ってか、その前に人間によるエゾシカ大乱獲があって、その影響が長く続いたと梶教授ご自身、ご自分の本でお書きになってますけど?)


「アメリカでだってオオカミによる家畜被害は多いし」(家畜損失の原因の中で、オオカミが占める割合は1~2%です)



「セッションの後で研究者に確認したら、イエローストーンではエルクがまた増えてきたらしいですよ」(それは初耳ですが、そういうこともあるかもしれません。日本でも、オオカミが来たからといってエゾシカが根絶される心配はないってことですよね)


「フランスでは、イタリアからオオカミが入ってきて、困った農家は何をしてると思いますか。ノロジカを増やして放しているんですよ。何でそんなことを、というと、オオカミに食べさせるんだと」(つまり野生餌さえ豊富にいれば家畜への害は減らせるってことですよね)


・・・etc. etc. とにかくご自身が見聞きして知っているオオカミ関連情報を次から次へと披露して下さるのですが、どれも断片的(もちろん立ち話ですから仕方ないことですが)で目新しい話もなし。教授の頭の中で「オオカミ=害獣=絶対阻止」という図式が強固に出来上がっていることだけはよく伝わってくるのですが、お顔はにこやかでもこちらの話は聞く耳もたずの姿勢で、話題は次々に変わるし、私はおろかスズキ氏も口を挟めません。


と、たまたま通りすがった主催者の方が「打ち合わせが始まりますよ」と声をかけたため、「とにかくオオカミだけでシカは減らせませんよ」と捨て台詞のように決めつけて、行ってしまいました。

ポカーン( ゚□゚;)


残されたスズキ氏も私も、何だかもうこれ以上話をする気が失せていました。「・・とにかく、ちゃんとした議論にならないと」とスズキ氏がいうから「こんなふうに、議論にならないんですよね~」と苦笑してみせると、さすがにたった今目の前で展開された梶教授の態度を否定することもできず、何だかお互い気まずい感じで「じゃ、どーもー」「よかったら明日の発表、聴きに来て下さいー」みたいな感じで別れたのでした。チャンチャン。


« IWMC2015 世界野生動物管理学術会議・見聞記 おまけ① | トップページ | オオカミ復活が必要な理由?オオカミは生態系の扇のカナメだから! »

イベント」カテゴリの記事

コメント

貴重な情報ありがとうございます。
行政と御用学者は、野生動物の管理方針に対してオオカミに関するいかなる議論も避け、発展的なものにならないように、あらゆる場で注意深く対応し、現方針はうまくいっていますよと話題を変えることでしょう。オオカミ復活をボトムアップする活動を続け、静かな賛成者をじっくりと増やしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221774/62042827

この記事へのトラックバック一覧です: IWMC2015 世界野生動物管理学術会議・見聞記 おまけ②:

« IWMC2015 世界野生動物管理学術会議・見聞記 おまけ① | トップページ | オオカミ復活が必要な理由?オオカミは生態系の扇のカナメだから! »