無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 【諏訪高島藩で何が起きたか】再検証7 犬の生活~「生類憐みの令」以前は食われ、試し斬りされていたのに、綱吉時代以後は? | トップページ | 東大千葉演習林一般公開に行ってきました »

2018年4月29日 (日)

【諏訪高島藩で何が起きたか】再検証8-結論オオカミはこの周辺に出没せず、犬が野山に多数生息。事件の犯人は山犬だった

メルマガ配信しています。号外のみ当ブログで公開します。

よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

オオカミ復活論入門

誰でもわかるオオカミ復活を知るためのの理論、歴史、文化、思想

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

オオカミ復活論入門

号外【諏訪高島藩で何が起きたか】再検証8-結論オオカミはこの周辺に出没せず、犬が野山に多数生息。事件の犯人は山犬だった

2018429

号外No.10

 By Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

 

もう300年もたってしまって、確かなことはわかりません。物証はなし、再調査もできず、文献は、これは「狼」の仕業だと言っています。現代の民俗学者も新聞記者も地方の歴史研究家もそれを信じて「オオカミが人を襲った」と断言しています。

しかし、その事件の動物の行動は現代のオオカミ研究で観察されている生身のオオカミの行動とはまったく異なります。違和感おおありです。

そこで真相はどこにある?という疑問を解くために、考えられるあらゆる状況証拠を集めてきました。

 

今までこの事件を書いた人たちは文献の文言どおりに解釈しています。

たとえば

 

千葉徳爾は諏訪藩御用部屋日記から元禄15年(1702年)の記録として、狼が十数人の女子どもを害したことを書いています。(茅野市史に引用されている記録は元禄10年になっていました。どちらが正しいのかは不明です)

藤森栄一は信州高島藩旧誌からの引用で同じ年の事件記録を探し出しました。その記録を書き記した文章に、「元禄155月から6月にいたる2ヶ月間、突発的に物凄い狼の跳梁があったのである」と書いています。この記録も含めて栗栖健は「日本人とオオカミ」の中で、『神から凶獣へ』というおどろおどろしいタイトルの章を設けたのです。

「絶滅した日本のオオカミ」を書いたブレット・ウォーカーは千葉の説を引用してそのまま使っていますし、平岩米吉も藤森栄一の掘り出した日記を使って、狼による事件の記録としています。

このいくつもの書籍は、同じ材料を繰り返し使って、日本ではオオカミが突然理由のわからない荒れ方で人を傷つけるというイメージを増幅、定着させてしまいました。

 

それ対して、当「オオカミと森の研究所(仮)」が到達した推理は、やっぱりこの事件の犯人は犬だろうなあ、ということです。

「当時オオカミはこの周辺に出没せず、犬が野山に多数生息する条件がそろっていた。この事件の犯人は山犬、つまり郊外に棲息する野犬だった」

という結論をだしました。

その推論過程をお話ししましょう。

 

 

○事件発生

この事件の時期を、西暦に換算してみましょう。(事件は元禄15年のものとします)

 

元禄15428日、最初の馬への襲撃があり、狼事件が始まります。

最初に人が襲われた日付は、元禄1559日。56月と十数人の少年少女が襲われ、死傷しました。6月に入り、次々にオオカミが打ち留められ、622日に最後の襲撃があり、同日別の場所で1頭のオオカミが打ち留められ、合計で8頭のオオカミを猟師が打ち留めて襲撃は終息しました。

 

元禄15428日 はグレゴリオ暦1702524日。事件が収束した元禄15622日は、グレゴリオ暦1702716日です。

 

 

●オオカミの生活史と事件の時期

この季節のオオカミの一般的な生活史を考えます。

オオカミの群れを「パック」といいます。パックは通常、両親と独立前の子ども(3年目を迎えると独立することが多い)で構成されます。

オオカミの繁殖シーズンは1月後半から3月にかけてです。メスの妊娠期間はおよそ63日、子どもは46頭です。このサイクルは年一回と決まっています。

パックの構成は10頭前後、巣穴は通常、10フィートほど掘り下げてよく塗り固められた穴で、ときにはメスが中空の木の洞や洞穴、枝がオーバーハングした木の下を選ぶこともあります。

出生時、オオカミの子どもは耳も聞こえず眼も開いていません。2週間過ぎると見えるようになり、3週過ぎると耳も聞こえるようになります。この頃、彼らは非常に行動的になり、遊び始めます。

オオカミの子どもは、6週で離乳し、親は彼らに肉を運ぶようになります。多くの大人のオオカミは、食べ物を捜して巣穴を中心に20マイルほどの距離を走り回り、定期的にエサを持ち帰ります。エサを捕獲するとその場で肉を食べ、呑みこんだ肉を巣穴に帰って吐き戻して子どもに与えるのです。

 

夏も半ばから後半にかけて、子どもが6週から8週になったころ、母オオカミは、巣穴から子どもを口でくわえて運び出し、巣穴から少し離れた、通常水の近くにある場所に移って子どもを遊ばせます。そのエリアを「ランデブーサイト」といいます。このサイトは夏の間の子どもを育てるパックの活動の中心ですから、安全でなければなりません。

 

8月までに、こどもはランデブーサイトから23マイルくらいの範囲で歩くようになり、ランデブーサイトから徐々に離れていきます。パックは、910月にはそのサイトを放棄しますが、そのころには子どもはほとんど大人と変わらない大きさになって、大人について歩くようになります。

 

オオカミの生態~出産、子育て

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2012/10/post-efc8.html

(英文はアメリカ合衆国魚類野生生物局ホームページより)

 

●オオカミの活動と諏訪周辺の環境

オオカミのペアが21日交尾し、妊娠したとすると、出産は43日ごろ、2週齢になるのは417日です。

この時期、3月~4月、諏訪から霧が峰、八ヶ岳周辺は、良質の草肥を得るために、毎年野焼きされていました。

離乳して親兄弟が持ち帰る肉を食べるようになる6週齢は615日、ランデブーサイトに移動する8週齢は629日ということになります。

 

諏訪、茅野周辺の山は、当時ほとんど禿山、草山であり、森は残っていません。4月から5月は草刈、その後は田んぼに草肥を入れ、田植えが始まります。

諏訪高島藩の農村人口は、23万人と多く、150ヶ村ある村の、平均して200300人の人口が、夏場ほとんど野良にいました。草刈時期、田植え、と非常に忙しい時期です。田植えをする人が顔を上げれば必ず他の人が目に入るような環境だったと思われます。

当時の農作業の記録が、「草山の語る近世」に採られています。丹後国で文化10年(1813年)の例です。

草刈が始まるのは、文化1044日で、日付を西暦に直すと181354日でした。田植えは文化10512日~18日でしたが、西暦では1813610日~16日です。

 

農業事情

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2018/03/4-dd66.html

 

森林事情

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2018/03/post-e324.html

 

 

 

●オオカミはその周辺に巣穴を作っていただろうか

上記のようにオオカミの生活史と諏訪、茅野の周辺環境を見比べると、果たしてオオカミはこの周辺にいたのだろうか、と疑問がわいてきます。この周辺の農村、草地、草山は、農民が草を取るために、常に歩いていて、人間が歩かない場所はないくらいでした。

藩の木材用に確保されていた御林でさえ、下草を採るために農民に開放されていました。そして草山は、毎年春に火がつけられ、野焼きされています。

そのような場所にオオカミは巣穴を作ることができるでしょうか。

遠く離れた山の中に、たとえば八ヶ岳の奥深くの御林、あるいは南アルプス山中には巣穴を作る環境があったかもしれませんが、美ヶ原、霧ヶ峰に巣穴がある可能性は限りなくゼロに近いと思われます。

ナワバリ範囲も、この盆地を避けていた可能性があります。たとえばドイツのラウジッツ地方にオオカミが戻ってきてからの行動観察では、オオカミがナワバリを作るときに、人口4000人を超える村、町のエリアを避けています。

諏訪高島藩の場合も、現在の茅野市周辺に23万人の人口があり、常に人が外で仕事をしている環境でした。

もちろん断言はできませんが、可能性があるかどうかと考えれば、オオカミがこの周辺に巣穴を作って子育てをしていた可能性は極めて低いと言うことはできます。

そして事件が猖獗を究めたとされている西暦6月は、まだ子どもは巣穴の中、中旬以降、ランデブーサイトに移動するとしても、農民がわさわさと仕事している中、どこに移動できるのか、ランデブーサイトにふさわしい、安全な場所はこの地域にはなさそうです。

母と子以外のパックメンバーとしても、農繁期のさなか獲物を探し求めて、この人口密集地帯にのこのこ現れることはあるでしょうか。まして当時山野に本来の獲物であるシカは多かったと推測されています。(長野県環境保全研究所)

 

○犬の行動

一方で、犬が多いということは推測できます。

会津藩が1651年(慶安4年)春、犬の総数を調査した例では、藩領内にいる犬の総数は2687匹でした。会津藩は石高10万石、人口は慶安2年で郷村103626人、町方22582人でしたから、総人口に対する里犬の割合は2.1%です。集落の外側には、人間の管理、影響を離れた野犬がいたことが推測できますから、藩領内にはもっと多くの犬がいたと考えられます。

津藤堂藩の調査例では、綱吉時代の1700年(元禄13年)、津城下の町犬の調査4地区に合わせて90匹の犬がいました。この地区を村とすれば、1ヶ村に平均22.5頭です。

諏訪高島藩は当時5万石、人口を3万人と考え、会津の2.1%という割合をあてはめれば、犬は約900頭、藤堂藩の村落あたりの頭数をあてはめれば、150ヶ村で3375頭ということになります。諏訪高島藩領内、特に諏訪盆地に、10002000頭の犬がいたと考えても大きな間違いはないと思われます。

当時の江戸では、犬はそれ以前より大きく、獰猛でした。江戸では人を襲ってもいますし、道端に捨てられた子どもや行き倒れた人を食べていたことも記録されています。その江戸の犬が、元禄時代には「領国へ送り返せ」という幕府の指示で、江戸から各地に送り込まれていますから、諏訪にも大量の犬が江戸からやってきたであろうと推測できます。

そうした犬が、野犬化した場合、犬は何十頭もの群れをなして徘徊することがあります。犬はオオカミと違い、親子の群れではなく、血縁に関係なくグループ化し、大きな群れになることがあるためです。(繁殖時期もオオカミのように年一回と決まっていません)

諏訪高島藩でそうしたことがあったかどうか、探した限りでは資料には現れていませんが、可能性は排除できません。

 

犬の生活

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2018/04/7-beec.html#more

 

 

○事件の現場は

諏訪高島藩の狼事件の記録に残る事件現場は、現在の茅野市、諏訪市の町名と照合して特定できる限りでいえば、現在の茅野市内、諏訪市内の市街地です。そこは人口200300人の小さな村がいくつも集まった、当時の基準でいえば人口密集地です。

発生時間は、早朝が多いと思われますが、白昼と記録されている個々の事件もあります。

犬が馬を襲ったり、子供を襲うことは当時としては珍しいことではありません。

 

○事件発生のきっかけは何か

では犬は当時何を食べていたのでしょうか。街中や里にいる犬は、人間の食べ残しを食べていたでしょうし、野外では小動物を狩ることもあったでしょう。

郊外では墓を荒らして人の肉を漁っていたと言われますし、綱吉が「捨て牛馬禁令」を頻繁に出したように、当時農村では病気やケガ、老衰で死にかけた牛馬を捨てることが絶えませんでした。その馬は里と野山に生きている野犬の食べ物になっていました。その食べ物がなくなったとき、野犬は人を襲い始めたと考えることはできないでしょうか。

 

生類憐み政策

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2018/04/6-28e0.html

 

 

◇オオカミは寄りつかず、多数棲息する野犬がヒトを襲った

私はこの事件をこう考えます。

オオカミは当時、諏訪盆地周辺には巣穴を作ることがなく、人口と犬の密集したこの事件現場周辺には近寄りませんでした。

諏訪の農村地帯に群れていた野犬は、相次ぐ「捨て牛馬禁令」が効果を現し、野山に牛馬が捨てられなくなったとき、食べるものがなくなり、人家周辺で食べるものを探します。それが、元禄154月の馬襲撃であり、5月に草刈のために山に上がろうとしていた女子どもでした。

 

一方、人間は、犬とオオカミの区別が明瞭でなく、野山に棲息する犬をもオオカミと呼んでいました。また山に棲む犬、山犬をオオカミと当時の人が言い替えた可能性があります。緩かったとはいえ、生類憐みの令は全国に公布され、犬を駆除することは憚られたからです。

そして諏訪高島藩の役人が、住民、代官からの報告を城内で聞き、記録したのです。

 

« 【諏訪高島藩で何が起きたか】再検証7 犬の生活~「生類憐みの令」以前は食われ、試し斬りされていたのに、綱吉時代以後は? | トップページ | 東大千葉演習林一般公開に行ってきました »

日本のオオカミ被害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221774/66662754

この記事へのトラックバック一覧です: 【諏訪高島藩で何が起きたか】再検証8-結論オオカミはこの周辺に出没せず、犬が野山に多数生息。事件の犯人は山犬だった:

« 【諏訪高島藩で何が起きたか】再検証7 犬の生活~「生類憐みの令」以前は食われ、試し斬りされていたのに、綱吉時代以後は? | トップページ | 東大千葉演習林一般公開に行ってきました »