無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【メルマガ】オオカミ復活論入門 1990年代トップダウン理論は日本に入ってきたのか、受け入れられたのか~栄養カスケード効果はまだまだ理解されていなかった | トップページ

2018年11月26日 (月)

「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード⑤オオカミがもたらす見掛けの競争は悪影響か?

 

■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

オオカミ復活論入門

「日本のシカ」 6 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード⑤オオカミがもたらす見掛けの競争は悪影響か?

20181126

号外No.12

By Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

 

号外のみ、ブログ「森とシカtoオオカミ」で公開します。


よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

 

 

梶光一氏は、編著「日本のシカ」の中で、第6章「捕食者再導入をめぐる議論」を特に設け、日本へのオオカミ再導入を否定しています。

結論部分で、梶氏自身の見解として、

「ロイヤル島、イエローストン、ヨーロッパにおける捕食者であるオオカミとシカの関係は一様ではない」「オオカミとシカをめぐる関係は思ったより複雑なのである」

知床でも縦割り行政や土地利用、少ない人員と予算を考慮すると「オオカミを再導入できる段階ではない」つまり現実的ではないと書かれています。

「オオカミとシカの関係は一様ではなく、複雑なのだ」ということがオオカミ再導入をためらわせる原因の一つのようです。

その文脈で「見かけの競争」を持ち出されているのですが、これを考えれば考えるほど、オオカミ再導入を考えてはならない理由とは、とても思えないのです。

 

 

Photo_2

2_3


 

「オオカミがもたらす見掛けの競争」

前段でオオカミがシカ生息数を調節した例、できなかった例、狩猟と並行して効果があった例を挙げ、次に2種の被食者がいる「見かけの競争」としてカナダとフィンランドの二つの例を解説していますので、これを検討してみたいと思います。前述したようにこの章の結論は、「オオカミ再導入は現実的ではない」ということですので、この事例もオオカミの介入によって「絶滅危惧種が減少してしまう」という不都合が起きることの例示のようです。

●「見かけの競争」

「見かけの競争」とは、1977Holtが論文で定義した用語のようです。ここにある

「被食者1は被食者2に『悪影響』を与えるような相互関係をいう」と、そのまま書かれているのかどうか、原著を確認しようとしていますが、わかりませんでした。

ただ、こう書かれています。

「同質的な生息地にいる2種の獲物動物は共存することが難しい」

 

 

「日本のシカ」では、カナダで森林伐採や野火によって老齢林が初期の遷移段階の森林に替わって、ムースにとって質のよい生息地となったためにムースが増加し、その結果、ムースを捕食していたオオカミが増加し、カリブーも捕食されて生存率が下がったこと、カリブーは人為的な生息地の改変された地域でオオカミに捕食され、見かけの競争を招いていることの2つが「見かけの競争」のメカニズムとして提案されている、と紹介されています。

また東部中央フィンランドの例として、下記のような事例を挙げています。

ここでは森林トナカイ(ウッドランドカリブー)とムースが11.5の割合で共存している。ムースがオオカミの主要な獲物であったが、森林の断片化によってムースの好適な生息地となり、ムースが増加するとオオカミも増加した。オオカミの森林トナカイに対する比率が0.0041998年)から0.022000年)と増加して以降、オオカミの捕食が森林トナカイの主要な死亡原因(50%)となり、年増加率は13%から7%に減少した。個体群成長を完全には抑制できていない理由は、森林トナカイが出産期や越冬期に行動が変化したためである。(以上、要約抜粋)

 

カナダに関しては札幌で2015年に開催された国際学会で、以下のような報告がありました。

森林トナカイは未開の森林(成熟林)に適応した動物で、ガス田開発のために成熟林を切り開くと、林縁や草地が増えて、そういう場所を好むエルクやムースが進入してくることになる。そしてそれを追ってオオカミが来てしまい、増えてしまった。森林トナカイが、増えたオオカミに捕食されるのは困るので、オオカミを駆除することになった、と。

 

この場合、森林トナカイの第一の脅威は、成熟林を切り開いて彼らの好適な生息地を奪い、林縁を作り出したり草地にしたりしてしまった人間の開発であり、その恩恵にあずかって草地に進入してきたエルクやムースとの「餌の競合」になるのではないでしょうか。それがオオカミを呼び寄せ、「見かけの競争」を招いたといえばそのとおりですが、森林トナカイがオオカミの捕食対象であることは確実なのですから、個体数と遭遇確率が上がったためオオカミに捕食されることが多くなったと考えればいいのではないでしょうか。

 

フィンランドの例では、トナカイは個体数が減少したわけではなく、増加率が鈍っただけのようです。その理由は、出産期や越冬期に行動が変化したから、というわけですが、捕食者の存在に対して行動が変化することは異常なことではなく、当然あることですね。

こうした例がオオカミを導入すべきではないとする論拠になるとは考えにくいのですが、いかがでしょうか。

 

「みかけの競争」は、見方を変えて、別の動植物を例にとると、もう少し面白くなってきます。捕食者と2種の被食者、あるいは食植者と2種の植物が登場する例を探してみればいくつかの例が見つかります。

 

ロバート・ペイン博士のヒトデの実験も同じように考えられます。ワシントン州のオリンピック半島マッカウ湾で捕食者ヒトデ、被食者イガイとフジツボの関係を観察した有名な研究です。ヒトデを排除して経過を記録していくと、最初はフジツボが優勢になりましたが、1年も経つとイガイがフジツボを押しやってしまうという結果になりました。これは捕食の圧力がなくなって2種の競争が激化したという意味では、オオカミが登場したムースとカリブーの競争と逆のパターンですが、これも「見かけの競争」といえないのでしょうか。今の日本のシカと他の動物との関係にも似ています。

 

また、シカの生息密度が高くなった地域で、特定の植物、花が優占することがあります。たとえば日光中禅寺湖畔のクリンソウ、最近京都新聞で報道された息吹山のフジテンニンソウなどは、草地一面に花が咲き、お花畑のようになっています。

この原因は、シカの採食圧です。多数種の植物が生育する競争環境である草地に、食欲の旺盛なシカが高密度で登場すると、毒性が強かったり、シカが好まない植物だけが残ります。クリンソウなどのサクラソウ類は毒をもっていますし、テンニンソウもシカが好まない不嗜好植物のようです。

この場合、シカが好む嗜好植物が食べられてしまったため、不嗜好植物が他の植物との競争に勝って強勢になり、一面を支配することになったのですが、これを「みかけの競争」とは言わないのでしょうか。ムースとカリブーの競争と同じことだと思うのですが。

 

私たちは、「捕食」という食物連鎖のタテの関係をテーマに考えていますので、オオカミとムース、オオカミとカリブーの関係を見ています。ペイン博士の場合でいえばヒトデとイガイ、ホトデとフジツボの関係です。植物の場合でいえばシカによる植物への採食圧です。

しかし、被食者を見ている人たちはムースとカリブー、あるいはイガイとフジツボの「競争」をテーマにします。植物に注目している場合も嗜好植物と不嗜好植物の「競争」です。

「捕食」は食物連鎖のタテの関係、「競争」は主に同じ資源を争うヨコの関係と考え、同じ現象の別の側面と見たほうがよいのではないでしょうか。

 

最新の情報でも、面白い例がありました。

今年(2018年)10月に行われた国際オオカミシンポジウムでの発表です。

 

トム・ゲイブルTom Gable (the University of Minnesota)の発表テーマは、オオカミとビーバーの関係でした。

オオカミがビーバーを捕食しているという例は、従来から糞分析で明らかでしたが、どのように、どのくらいの頻度で、ということはわかっていませんでした。

彼とその共同研究者、Voyageurs National Park (VOYA)の野生生物学者Steve Windels,は、丹念な調査によって、オオカミはビーバ―の生息数の多い水辺では、夏の間、ビーバ―が川から上がってきて、川沿いの柳の木等をかじって倒す作業をするところを狙う待ち伏せ型の狩をしていることを明らかにしました。

 

夏季にビーバーを狩るオオカミは、ビーバーを捕食しない場所のオオカミに比べて、子供の数が多いことから、群れの維持にビーバーの捕食が役に立っているようだということ、そして、実は夏のビーバーからの栄養のおかげで、オオカミの子供の生存率が高くなり、個体数が増えて、秋から冬にシカを捕食するためシカの個体数が減っているということが報告されました。

 

こうした種間関係は面白いですよね。そう思いませんか。その点では梶氏の「オオカミと獲物の関係は一様ではない」「思ったより複雑なのだ」という意見には賛同します。

オオカミが日本に導入されたらどんなことが起きるか、楽しみではないですか。

 

Holtは、「見かけの競争」の条件を、「同質的な生息地にいる2種」と言っています。

 

日本でオオカミの獲物になりそうな野生動物の2種の関係を想像してみましょう。

シカとカモシカの2種はオオカミが復活したとたんに、同じ生息地にはいなくなるのではありませんか?

昔からカモシカは高山の岩場にいて人間にはめったに見つかりませんでした。それはオオカミを避けるためだったのではないでしょうか。シカは森の中で、旺盛な繁殖力でオオカミに対抗していました。

 

シカとイノシシはどうですか?

シカが減ったらイノシシを食べ、イノシシが減ったらシカを食べ、という「見かけの競争」が起きることになりませんか。現にポーランドでは、そうしたことが実際に起きたそうです。ハンターがアカシカを減らしてしまったら、オオカミは捕食対象をイノシシに変え、しばらくしてアカシカの数がもどったらそちらに捕食対象を戻したそうです。

 

シカとサルはどうですか。

屋久島ではシカとサルの生息地が重なって、シカの背にサルが乗って戯れている光景がYOUTUBEで世界中に拡散しています。

シカを追うオオカミはサルもまた追うようになりませんか。サルは木の上で、オオカミに対して優位を保つ場所があるのだから絶滅はしないでしょうし、地上でシカと遊んでいる余裕はなくなるでしょう。

 

シカとヌートリアはどうですか。

ビーバーのようにヌートリアを夏の獲物にして増えたオオカミがシカを減らすことになりませんか。アナグマやアライグマはどうですか。同じくらいの動物です。捕食対象としては小さいですが、効率的に捕食できる機会が見つかれば、オオカミにとって子育て用のいい獲物になるかもしれません。

 

再導入されたオオカミと他の動物との関係は「一様ではなく」、「複雑で」、面白い、わくわくするような種間関係が観察できるようになりますよ。

他にも同様の例を探せば、超面白い種間関係がわかってくるかもしれません。そのすべてが「人間にとって」都合のよい事象ではないかもしれません。しかし、生態系的には「影響」はあるかもしれませんが、「悪影響」はどうでしょう。「悪」とは人間の価値観しだい、ですね。

 

この章の結論として彼は「いつかなうかわからないオオカミ再導入に頼らず、もう一つの捕食者である人間が、かつてそうであったように捕獲したシカを手一定して利用する仕組みを再構築し、現在は不在の野生動物管理の社会基盤を構築する必要がある」と述べています。これは、オオカミの捕食やその生態系への効果など複雑で一様ではないのだから、つまり「何が起きるかわからないから検討に値しない」、と言っているように見えます。

でも、上述のように、「悪い影響」が起きるとはかぎらないではありませんか。むしろ「良い影響」のほうが期待できそうですよ。

 

梶先生、生態学の研究者として、興味がありませんか。研究してみたいと思われませんか?

 

 

 

 

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

オオカミ復活論入門

 ・発行 第一、第二、第三月曜日

 発行人:オオカミと森の研究所 朝倉 裕

 

ブログ

森とシカtoオオカミ2

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2017/07/post-3477.html#more

*本メルマガに関するご意見・お問い合わせは wolfwars@outlook.jp

有料メルマガですのでバックナンバーは原則非公開ですが、

著作権法上認められている範囲での引用や言及は歓迎します。

----------------------------------------------------------------------

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

購読解除はマイページより行えます。

https://mypage.mag2.com/Welcome.doPC・スマートフォン用)

https://mypage.mobile.mag2.com/Welcome.do(携帯端末用)

----------------------------------------------------------------------

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

« 【メルマガ】オオカミ復活論入門 1990年代トップダウン理論は日本に入ってきたのか、受け入れられたのか~栄養カスケード効果はまだまだ理解されていなかった | トップページ

オオカミの生態」カテゴリの記事

オオカミ復活」カテゴリの記事

メルマガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221774/67419164

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード⑤オオカミがもたらす見掛けの競争は悪影響か?:

« 【メルマガ】オオカミ復活論入門 1990年代トップダウン理論は日本に入ってきたのか、受け入れられたのか~栄養カスケード効果はまだまだ理解されていなかった | トップページ