« 「オオカミを放つって、何かあったら誰が責任を取るんだ!」 | トップページ | 1930年代アメリカの肉食獣政策のバタバタ、あるいは日本の現在のシカ政策の現状と酷似する状況について »

2019年9月25日 (水)

10月31日ミニセミナーとライブのお知らせ


10月31日(木曜日)二つのイベントを企画しています。
平日ですが、お時間の都合がつくようでしたらぜひご参加ください。
14時半から
題して
「イエローストンのオオカミ復活成功物語~そして・・・日本でのオオカミ再導入は可能か?~
イエローストンの公認ガイドスティーブ・ブラウンさんにオオカミ再導入の経緯と結果についてお話していただきます。そして・・・日本でのオオカミ再導入、復活についても話し合います。
日本の自然環境がシカ害によって破壊されていくのを黙って見ているわけにはいきません。
シカもまた自然生態系の一員です。オオカミの存在が人間との共存のカギになります。

Photo_20190925092402  
19時から
「KYATとスティーブとオオカミ噺」
森、海、大地、生命をテーマに 環境問題・貧困問題・絶滅動物へのメッセージを音楽で発信しているユニット【kyat】
がオオカミをテーマにした楽曲「beautiful eye」を中心に自然を歌い、イエローストンと日本のオオカミ復活について語りあいます。

Kyat

« 「オオカミを放つって、何かあったら誰が責任を取るんだ!」 | トップページ | 1930年代アメリカの肉食獣政策のバタバタ、あるいは日本の現在のシカ政策の現状と酷似する状況について »

オオカミ復活」カテゴリの記事

アメリカ・イエローストーンレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オオカミを放つって、何かあったら誰が責任を取るんだ!」 | トップページ | 1930年代アメリカの肉食獣政策のバタバタ、あるいは日本の現在のシカ政策の現状と酷似する状況について »