« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月17日 (水)

丸善丸の内店で大竹英洋写真集フェア!

丸善丸の内の写真集コーナーで大竹英洋さんのフェアが始まっています。
(~3月30日)
 
Photo_20210317183301
Photo_20210317183302
 
棚の奥のポスターには、中央区立環境情報センターで展示中の「絶滅したオオカミの謎を探る」展も紹介していただいています。
3月27日の大竹さんのスライドトークは満席なのですが(コロナ対策で定員が設けられているため)、終了後にサイン会を行いますので、丸善で購入して駆けつけるという手もあります。
丸善は丸の内店も多摩センター店もオオカミ関連本を辛抱強く置いていただいていて、私たちの本も理系の棚に行くと必ずありますので、そちらもぜひ覗いてください。

Ma0vin Photo_20210317183501 Photo_20210317183502

2021年3月11日 (木)

ヤマイヌ考~ヤマイヌはオオカミではなくイヌだった


【論考】ヤマイヌ考~ヤマイヌ=オオカミという常識を疑う

をホームページに掲載し、ダウンロードできるようにしました。
ヤマイヌと呼ばれた動物はニホンオオカミと同一だとされて、今や誰も疑おうとしないようですが、あらゆる材料がヤマイヌは犬でオオカミとは別の動物だと指し示しています。

2021年3月 9日 (火)

【大竹英洋スライドトーク】開催!

     満員御礼!
参加お申込みが定員に達したため、締め切らせていただきます。
多数のお申し込み、ありがとうございました。
2月16日から開催する「絶滅したオオカミの謎を探る」展の
展示期間最終土曜日に、写真家大竹英洋さんの講演を予定しています。

大竹さんのプロフィールはこちら
1975年京都府舞鶴市生まれ。東京都世田谷区育ち。一橋大学社会学部卒業。「オオカミを写真に撮りたい!」という動機から1999年に北米国の湖水地方「ノースウッズ」に旅立ち、そこをフィールドに野生動物、旅、人々の暮らしを撮影。人間と自然とのつながりを問う作品を制作し、国内外の新聞、雑誌、写真絵本で発表している。主な写真絵本に『ノースウッズの森で』(「たくさんのふしぎ傑作集」)、『春をさがして カヌーの旅』(「たくさんのふしぎ」2006年4月号)、『もりのどうぶつ』(「こどものとも 0.1.2.」2009年12月号)(以上、すべて福音館書店)などがある。また、2011年3月NHK BSの自然ドキュメンタリー番組「ワイルドライフ」に案内人として出演。写真家をめざした経緯とノースウッズへの初めての旅を綴ったノンフィクション『そして、ぼくは旅に出た。――はじまりの森ノースウッズ』で第7回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。2018年「日経ナショナルジオグラフィック写真賞 ネイチャー部門最優秀賞」受賞。


【大竹英洋スライドトーク】開催!
 
「北米ノースウッズにオオカミを探して」
北アメリカ大陸北部に広がる湖水地方「ノースウッズ」を旅して20年。野生動物たちと
の出会いのエピソードを、北国の四季に沿って写真や動画とともに語ります。

日時:2021年3月27日(土)
会場:中央区立環境情報センター研修室 定員45名 
入場無料
主催:狼と森の研究所
 
定員がありますので下記の方法でお申し込みください。
お申し込み:
メール wolfwars@outlook.jp
FAX 042‐403‐5863
 
必要事項(コロナ事態が万が一の場合ウェブ開催の可能性もありますので、ご連絡先をお教えください)
お名前
参加人数
電話番号
メールアドレス
※講演終了時にサイン会がございます。会場で書籍の販売はしておりませんので、事前に購入された書籍をお持ちください。
(3月中旬より会場近くの丸善・丸の内本店では写真集売り場に大竹の著作を集めた棚ができる予定です!)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »