« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月29日 (土)

クマ管理とオオカミ管理の違いについて

先日、私のブログ記事

日本列島のキーストーン種と生態系

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2021/04/post-d0e8cd.html

をきっかけにあるところで反対派の方のコメントがあったのを見ましたので、そこから考えたことを書き留めておきます。

 

日本では自然とのつきあい方として「里山」が非常に重視されています。里山では人間が自然に手を入れることで生物多様性のある環境が長い間保たれてきたとする考え方、自然の見方が日本では支配的です。野生動物との関係においても、人が維持してきた里山は野生動物の領域と向き合う最前線であり、人と野性動物のバランスが崩れてしまっている現在、人間社会の急務は里山管理を取り戻すことなのだというわけです。

 

そのような里山論者がオオカミ再導入論を聞くと感情的な反発が沸き上がるようです。

いわく

・日本の里山とアメリカではまったく条件が違う

・里山は最前線なのだ。昼間もクマが出歩くようになった集落に住んでみてから狼と共存できるかどうかを論じるべきだ

とクマの管理を引き合いに出されることがありました。

 

クマとオオカミの比較で思い出すのは「ウルフ・ウォーズ」(ハンク・フィッシャー著)に描かれていた場面です。イエローストーンへのオオカミ再導入を地元に理解してもらう活動をしていたフィッシャーが懸命に説明します。

「クマの管理とオオカミの管理は違う。クマの場合は人間が行動を変える必要があるが、オオカミが戻ってきても人間側は行動を変える必要はないんです」

それから理解され再導入が実現するまでには長い時間がかかりましたが、それがおよそ50年前1970年代の話です。

オオカミが生息しているからといって、人間は何も心配する必要はない、とはこのように50年も前から言われていることなのですが、日本では初めての経験ですから、仕方のないところですね。

「人間が行動を変える必要はない」つまり「共存できる」ことを裏付けるのがヨーロッパの例です。(アメリカと日本の里山は条件が違うとは、広さのことを言いたいのでしょうけれども、私たちがアメリカから学びたいのは、オオカミとシカ、オオカミと生態系の関係です。人との関係はヨーロッパに学びます)

ヨーロッパでオオカミは生息地を自然回復し、現在では大陸ヨーロッパのほとんどの国に復活しました。もともとイタリアやスペイン、東ヨーロッパの国々には生き残っていたので、問題などおきませんが、新たな復活地中央ヨーロッパでは伝統的なオオカミ嫌いの感情は残っているので、時には違法に殺されて見つかることもあります。それに対して政府や自治体、保護団体が「恐れる必要はない」と啓蒙活動を行っています。最新の復活地オランダで定着が確認されるや否や作られた動画には、ハイキングコースでオオカミがコース上に現れ、「オオカミを見たらどうすればいい?」と小さな子供に教える家族が描かれていました。父親はよ~く観察しなさいとでもいうようにオオカミを指さし、落ち着いて距離を保つことが教えられています。それだけです。イヌはひもにつないで、ピクニックでは食べ物を置き忘れないことも注意事項には挙げられています。

 

この動画はフェイスブックにしかないようなのですがURLを挙げておきます。

 

https://www.facebook.com/watch/?v=767760457465755

 

 

続きを読む "クマ管理とオオカミ管理の違いについて" »

2021年5月28日 (金)

シカと車の衝突事故を防ぐための戦略 オオカミがいると事故が減る!

1970年代までミネソタに残っていたオオカミは絶滅危惧種法(ESA)の保護を受けて増え始め、スペリオール湖を囲む3州(ミネソタ、ウィスコンシン、ミシガン)に広がりました。

ウィスコンシンにも1000頭を超えるオオカミが生きています。

オオカミがウィスコンシン州で拡大を続けると、オオカミとシカ、そして人間の関係の調査で新たな可能性が見えてきました。

 

Wolves Reduce Deer-Vehicle Collisions - The Atlantic

 

ウィスコンシン州のオオカミが生息する群ではシカとの交通事故が減少したのです。記事の抜粋です。

 

Jennifer Raynor

natural-resource economist at Wesleyan University

 

ウィスコンシンには数千頭のオオカミが生息していますが、彼らが数十人の命を救っている可能性があります。毎年平均して、19,757人が鹿と衝突し、約477人の負傷者と8人の死者を出しています。  

捕食者であるオオカミは、歩道や道路などに沿ってうろつく傾向があります。これらの地域の近くではオオカミが鹿を殺すか、シカが恐れて遠ざかることによって、シカが車から遠ざかる可能性があります。

Raynorと彼女の同僚は、22年間のデータを分析することにより、ウィスコンシンのオオカミが鹿と車の衝突の頻度を4分の1に減らしたことを発見しました。オオカミにより毎年1090万ドルの損失が回避され、これはオオカミによる家畜やペットの損失に対して支払われた補償総額の63倍に相当します。

 

 

懐疑論者は、オオカミの効果を言い募るよりも、車が鹿にぶつかるのを防ぐ簡単な方法があるはずだと主張するかもしれません。確かにあります。しかしそれらはすべて問題を抱えています。 ドライバーへの警告サインなどの安価な対策は実際には機能しません。 鹿の高架道路などの効果的な対策は非常に費用がかかるため、実際には、非常に深刻な鹿と車両の衝突のホットスポットでしか実施できません。

オオカミは、1つの交差点に投資する数百万ドルと比較して費用効果が高いと言えます。 (特に、車がオオカミにぶつかることはめったにありません。2019年4月から2020年4月までに記録された衝突は21回だけでしたが、鹿と車の衝突は年間平均20,000回でした。)

 

その主張を裏付けるために、彼らは証拠を集めました。ウィスコンシン州のオオカミの個体数が増加し始めた1990年代以降、オオカミがいる29の郡では鹿の数が増加を止めたが、オオカミのいない34の郡では増加し続けていることを示しました。オオカミが最初に郡に入ってきたときは鹿との交通事故の割合は減少する傾向がありました。

 

 

 

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »