« 2023年3月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年7月

2023年7月21日 (金)

キルギスのオオカミと畜産業の状況(2013)と日本のオオカミ再導入議論

ノルウェイのリンネル博士は、オオカミと人間の衝突の歴史を調べた2002、2021の「Fear of Wolf」でよく知られています。

その研究者が、「オオカミは人間の社会の変化に大きな影響を受ける」という観点で調査した論文を見つけました。牧畜と元社会主義体制という共通点のあるキルギスとマケドニアを比較しながら、社会主義体制から資本主義経済へ移行した国で、人々のオオカミへの意識がどのように変化したかを調べたものです。

 

The effect of rapid social changes during post-communist transition on perceptions of the human - wolf relationships in Macedonia and Kyrgyzstan

 

https://pastoralismjournal.springeropen.com/counter/pdf/10.1186/2041-7136-3-4.pdf

 

マケドニアに関しては「ヨーロッパのオオカミ事情」として日本への再導入の参考にするためメルマガでまとめましたので、ここではキルギスに絞ってその論文の内容を見ていきます。

 

  • キルギスの国情

中央アジアの真ん中に位置するキルギスは、中央アジアで2番目に貧しい国です。

現在のキルギスの主産業は農業および牧畜、鉱業であり、農業は主として輸出品目にもなっている綿花、タバコの栽培が活発に行われています。

マケドニアと比較すれば面積が広く、人口密度が低いのですが、これは地形的な条件と全体的な生産性の低さによるものです。

国土の70%以上が標高2000m以上の高度で、最高峰は7000m以上。総面積の47%が永久放牧地であり、羊の飼育に適しています。また国土の5%が森林であり、開けた地形です。

 

(キルギスの草原)

https://www.youtube.com/watch?v=JEmisLgX1kk&t=6s

 

オオカミは狩猟対象動物であり、狩猟期間や狩猟枠に制限はありません。おおまかな推定では、キルギスでは4000から6000頭のオオカミが生息しているとされています(Boitani 2003, Salvatori and Linnell 2005)。

 

  • 政治体制の移行

1876年にロシア帝国の一部となり、ロシア革命後はキルギス・ソビエト社会主義共和国としてソビエト連邦に組み込まれました。

ゴルバチョフによるソ連の民主化改革を受けて、1991年、モスクワからの独立を宣言し、民主政府を樹立し、国民国家としての主権を獲得しました。その経緯の中で、特に大きく影響を受けたのが遊牧民です。

 

  • 中央アジアにおけるオオカミと人間の関係

一般的にいえば、大型肉食獣の肉食性と広い生活圏の必要性から、古くから人間と空間や食料をめぐる競争が起こり、さまざまな経済的・社会的紛争が発生しています(Treves and Karanth 2003)。

ヒトとオオカミの間の最も一般的な対立は家畜の略奪であり、この対立により過去に大型肉食動物の数と分布が世界レベルで減少しました(Mech 1995, Breitenmoser 1998, Kaczensky 1999)。

 

もっとも、オオカミ害の経済的影響は、国レベルで見ると一般に低いようです。中央ヨーロッパにおける大型肉食獣の家畜への影響に関するレビューによると、ほとんどの地域で大型肉食獣に捕獲される家畜は1%未満であることが示されています(Kaczensky 1999)。

しかしキルギスのような貧しい国での経済的影響はどうなのでしょうか。以下が論文の概要です。

 

リンネル博士らはキルギスで2003年から2006年にかけて調査を行いました。調査は二ヶ所です。

(図1)

Photo_20230721102001

続きを読む "キルギスのオオカミと畜産業の状況(2013)と日本のオオカミ再導入議論" »

« 2023年3月 | トップページ | 2023年9月 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31