« 2023年9月 | トップページ

2023年12月

2023年12月26日 (火)

「哺乳類学会 百年のあゆみ」三浦慎吾早大名誉教授の非科学的な歴史解釈

 

2023年秋、哺乳類学会が、学会誕生(正確には前駆組織からの)100年を記念して

「哺乳類学会 百年のあゆみ」(文永堂出版)

を刊行しました。学会のあゆみだけでなく、日本の哺乳類学という学問分野の歴史を振り返る貴重なエッセイ集になっていて、たいへん参考になる書物が出たと喜んでいます。

 

しかし、私たちが関心をもっている「肉食獣」「頂点捕食者」である「オオカミ」、そしてオオカミとシカの関係に関連した章には逆に失望し、歴史に残る記念本なのに、これで良いのかと学会の見識を疑わざるを得ないものとして読みました。

オオカミという動物を知らずに寄稿したのではと疑ってしまうのが第五章「日本人と哺乳類 日本列島の環境史」です。

執筆者の三浦慎吾氏(早大名誉教授)は、Wikipediaによると専門は生物学・動物行動生態学で、野生動物の生態や行動をフィールドワークで明らかにし、それらを保全と管理に役立てることをライフワークにしてきたとあります。本書では、現在の肩書きが日本自然環境センターとなっていました。ここは環境省の外郭団体で野生動物政策のいわば実働部隊です。その重鎮ということで、彼の見識は現在の環境省の姿勢をそのまま反映していると言ってもいいでしょう。

彼は生物学者でありながら、オオカミの基本的な生態をまったく押さえずに、ファンタジーによって形作られた偏見そのままの予断をもって書き綴っています。この笑止なエッセイを看過することはできず、批判を展開することにしました。

突っ込みどころ満載で、ありすぎるためここでは4点に絞ります。

 

①オオカミという生物を知らない人文系の書籍を鵜呑みにして、生物学者としての専門的な検討がまったくないこと

②オオカミの獲物が減少してしまったため、獲物のスイッチングをし、家畜と人間を襲うようになったという主張にはオオカミという動物研究の根拠、出典文献がまったくないこと

③人間の狩猟圧が消えると「オオカミは本来の姿を取り戻し」人間を襲うようになる、という主張は世界のオオカミ研究からの裏付けがまったくないこと

④オオカミはシカの個体数を抑えていたわけではない、と2ヶ所で強調し、オオカミによるトップダウン効果に否定的な印象付けをし、キーストーン種であるオオカミの機能を否定しようとしていること

 

続きを読む "「哺乳類学会 百年のあゆみ」三浦慎吾早大名誉教授の非科学的な歴史解釈" »

« 2023年9月 | トップページ

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31