オオカミの生態

2018年11月26日 (月)

「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード⑤オオカミがもたらす見掛けの競争は悪影響か?

 

■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

オオカミ復活論入門

「日本のシカ」 6 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード⑤オオカミがもたらす見掛けの競争は悪影響か?

20181126

号外No.12

By Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

 

号外のみ、ブログ「森とシカtoオオカミ」で公開します。


よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

 

 

梶光一氏は、編著「日本のシカ」の中で、第6章「捕食者再導入をめぐる議論」を特に設け、日本へのオオカミ再導入を否定しています。

結論部分で、梶氏自身の見解として、

「ロイヤル島、イエローストン、ヨーロッパにおける捕食者であるオオカミとシカの関係は一様ではない」「オオカミとシカをめぐる関係は思ったより複雑なのである」

知床でも縦割り行政や土地利用、少ない人員と予算を考慮すると「オオカミを再導入できる段階ではない」つまり現実的ではないと書かれています。

「オオカミとシカの関係は一様ではなく、複雑なのだ」ということがオオカミ再導入をためらわせる原因の一つのようです。

その文脈で「見かけの競争」を持ち出されているのですが、これを考えれば考えるほど、オオカミ再導入を考えてはならない理由とは、とても思えないのです。

 

 

Photo_2

2_3


 

「オオカミがもたらす見掛けの競争」

前段でオオカミがシカ生息数を調節した例、できなかった例、狩猟と並行して効果があった例を挙げ、次に2種の被食者がいる「見かけの競争」としてカナダとフィンランドの二つの例を解説していますので、これを検討してみたいと思います。前述したようにこの章の結論は、「オオカミ再導入は現実的ではない」ということですので、この事例もオオカミの介入によって「絶滅危惧種が減少してしまう」という不都合が起きることの例示のようです。

●「見かけの競争」

「見かけの競争」とは、1977Holtが論文で定義した用語のようです。ここにある

「被食者1は被食者2に『悪影響』を与えるような相互関係をいう」と、そのまま書かれているのかどうか、原著を確認しようとしていますが、わかりませんでした。

ただ、こう書かれています。

「同質的な生息地にいる2種の獲物動物は共存することが難しい」

 

続きを読む "「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード⑤オオカミがもたらす見掛けの競争は悪影響か?" »

2018年9月16日 (日)

「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード②補足

 

「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード

 

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2018/08/6-9a10.html

の補足です。

 

上記記事では2015年のシンポジウムには触れませんでしたが、報告書も公開されているので、誰でも参照できるようになっています。マッカロー博士は、2015年のシンポジウムでも、最大限の言葉を使ってオオカミ再導入を奨めています。

 

 

研究報告特別号 第1

知床博物館研究報告特別号 第1集(2016229日発行)

 

シンポジウム「知床国立公園における野生動物の保全と管理2015」報告書

「知床–イエローストーン国立公園シンポジウムに対するコメント」デール R.マッカロー

 

 

http://shiretoko-museum.mydns.jp/_media/shuppan/kempo/s108s_mccullough.pdf


 

コメントの最後の部分を読んでください。

梶光一氏の文章でも、マッカロー博士のこの提言をさらっと流してインパクトを弱めるように要約して書いていますが、特に最後の部分はよく読むべきだと思います。

 

 

 

日本の一般市民は,将来のいつかの時点で,北海道の生態系の中でのオオカミの役割について,もっとバランスのとれた理解に達するだろう.その時,イエローストーンの時と同じように,オオカミの再導入プログラムを受け入れる方向に進むであろう.現在の否定的な態度は,生態系の中でのオオカミの長所や短所,生態系の本来の要素の復元,シカ個体群のコントロールといった利点と,家畜やその他の人間の関心事に対するオオカミによる被害とのトレードオフの検討に基づいた,よりバランスのとれた視点にとって代わられるであろう.そしてエゾシカの個体数調整や柵の建設にかかるコストと,(オオカミによる)家畜被害による損失とを比較すれば,どちらが高コストであるかは客観的にみて明らかである.

 

いずれにしても,オオカミの分散を抑制するための柵を知床半島の基部に建設することは,最初のステップとして必要だろう.そして私が2005年の本の中で示唆したように,残された課題は,日本の市民がいつ,オオカミ再導入プログラムを受け入れる準備が整ったという判断を下すのか,という点である.

矛盾なく言えることは,自然豊かな国立公園(知床は1964年に指定)や世界自然遺産地域(知床は2005年に登録)というものは,本来の生態系を守り,それを可能な限り長期にわたって永続させることを目指している,ということである.知床は,その動物相にオオカミを欠いている限り,いつまでもそのゴールに到達できない状態に陥るであろう. 

 

 

2018年9月 1日 (土)

「日本のシカ」第6章捕食者再導入をめぐる議論(梶光一)のミスリード④

 

梶光一氏の4つめのミスリードは知床問題です。これは、2002年までさかのぼります。

梶氏は、「日本のシカ」第6章の中の「知床国立公園におけるオオカミ再導入の議論」にこう書いています。

2001年に『しれとこ100平方キロメートル運動地森林再生専門委員会議の生物相復元ワーキンググループ』は、オオカミ再導入の検討を行い、オオカミによって、高密度のシカを減少させることは困難とし、オオカミ再導入は知床国立公園において生態的プロセスを復元することに正当性を求めるべきこと、狭い知床にオオカミをとどめておくことはできないため、オオカミの復元の実現には多くの人々がそれを望む時代の到来を待つ必要がある、との意見をとりまとめている」

 

 

001

 

さて、ここで私が疑問に思うのは、このブログで過去にも書きましたが、2002年発行の「しれとこ100平方キロメートル運動」機関誌「しれとこの森通信№5」には、「原始の再生に挑む」というタイトルで、当時の座長石城謙吉(いしがきけんきち)北大名誉教授のオオカミの復元に関するインタビューが掲載されているからです。彼はこう述べています。

「専門委員会議が全国に先駆けて生物相の復元を重要な課題としてとりあげ、その中でとくにカワウソやオオカミなどの復元を本格的に検討しているのは、食物連鎖の頂点にたつ食肉獣の復元こそは、原生的自然の再生という「しれとこ100平方メートル運動」の主旨にそうものと考えるからです」

Img079_2

 

石城座長は、2005年にも同様の主旨を知床博物館報告に、「しれとこ100平方メートル運動地森林再生専門委員会座長」の肩書きのまま書かれています。

 

100 平方メートル運動の森・トラスト」と絶滅種の復元

http://shiretoko-museum.mydns.jp/_media/shuppan/kempo/2605_ishigaki.pdf

 

 

 

続きを読む "「日本のシカ」第6章捕食者再導入をめぐる議論(梶光一)のミスリード④" »

2018年8月26日 (日)

「日本のシカ」第6章捕食者再導入をめぐる議論(梶光一)のミスリード③

3カ所目は、第6章の最後にある梶氏の

64 知床へのオオカミ再導入についての私の見解」

の中の引用について触れます。

003

 

この部分で、梶氏は

「ガイスト博士は北米のオオカミ安全神話に警鐘を鳴らし、住居、農村、町などの多様な景観が利用されている地域ではイヌとの交雑が起こる可能性を指摘するとともに、オオカミと人間の共存には広域スケールが必要であるなどの肉食獣の保全の包括的な政策を提言している」(Geist 2008

 

「リネル博士とアレウ博士は、オオカミに関する歴史的記録と近年の報告を分析して、オオカミによる人身被害の記録は膨大にあり、狂犬病に罹患していないオオカミの場合にも、特別な環境の状況(被食者の欠如、大きく改変された景観、攻撃されやすい行動に多くの人間が従事しているなど)で人身被害が繰り返し発生していること、現在はオオカミが低密度なためこのような状況にはないが、ヨーロッパや北米で、将来、人間に対する恐れを失ったり、人馴れするオオカミが出現するリスクについて注意を喚起している」(Linnell and Alleau 2016

と、オオカミがイヌと交雑し、人馴れして人を襲う危険があると断言したかのような引用をしていますが、本当にそう書いているのでしょうか、またその主張には信憑性があるのでしょうか。

 

 

●リネル博士の2002年「Fear of wolf

 

リネル博士は、2002年にノルウェイの研究機関が行った調査の総元締めとして有名です。ですから、彼が今更のように人馴れの危険に注意を喚起しているというのは違和感を覚えます。

 

NINA Norsk institutt for naturforskning.

The fear of wolves: review of wolf attacks on humans.

 

https://mobil.wwf.de/fileadmin/fm-wwf/Publikationen-PDF/2002.Review.wolf.attacks.pdf

 

この報告は、ヨーロッパの著名なオオカミ学者18人によるもので、EUでオオカミが保護動物になり、増え始めたヨーロッパの人々から、オオカミへの恐怖心を取り除き、オオカミによる襲撃リスクを減らすマネジメントの提案をするために行われました。前書きにそう書いてあります。

そのため、ヨーロッパからアジア、北アメリカまでのオオカミによる襲撃事件の文献を過去数百年さかのぼって詳細に調査したレポートです。

 

このレポートで彼らはオオカミの攻撃要因を4つあげています。 

(1) 狂犬病

(2) 人馴れ

(3) オオカミに対する虐待 

(4) 大きく改変された環境:たとえば自然の餌がなくなる、餌になるゴミ捨て場、家畜の頻繁な捕食、羊飼いを任されて放置状態の子ども、人間社会の貧困、オオカミを臆病にさせるための銃の不足など

 

梶氏はリネル博士とアレウ博士が「ヨーロッパや北米で、将来、人間に対する恐れを失ったオオカミが出現するリスクについて注意を喚起している」と書いていますが、人馴れによるリスクについてはこの時すでに、「過去の事例の分析結果として」挙げられているものです。


続きを読む "「日本のシカ」第6章捕食者再導入をめぐる議論(梶光一)のミスリード③" »

2018年8月19日 (日)

「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード②

 

梶光一氏のマッカラ-博士に関する記述、仕掛けはもっと複雑です。10年以上も前の「世界遺産 知床とイエローストーン 野生をめぐる二つの国立公園の物語」まで遡る必要があります。

マッカラ-博士は、著者紹介によれば「カリフォルニア大学バークレー校環境科学政策管理学部および脊椎動物学博物館、野生生物学名誉教授で、主な関心は草食動物、肉食動物両方の大型哺乳類の管理と保護」です。イエローストンにも関わりがあり、「日本のシカ」第6章捕食者再導入をめぐる議論」では以下のように知床での提言が引用されています。

 

 

Photo_2

 

ここにあるマッカラ-博士の提言内容は、博士が「オオカミの再導入とは大変困難な事業で、イエローストンでさえ苦労したのだから、日本の行政や土地の状況を見ればもっと大変で、いま知床に再導入できる段階ではないのは理解できるよ」と提言した、という内容の記述です。

 

これに関しては、以下のようなFace to Faceで聞き取った知床への関心の強さを知れば、違和感を感じざるを得ません。マッカラ-博士ご本人からはオオカミ再導入に積極的な意見しか出てこないからです。

 

 

IWMC2015 世界野生動物管理学術会議・見聞記

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2015/08/2015-ee3f.html

 

IWMC2015 世界野生動物管理学術会議・見聞記

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2015/08/2015-afa2.html

 

IWMC2015 世界野生動物管理学術会議・見聞記

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2015/08/2015-2465.html

 

IWMC2015 世界野生動物管理学術会議・見聞記 おまけ

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2015/08/2015-d4ee.html

 

IWMC2015 世界野生動物管理学術会議・見聞記 おまけ

http://nikkokekko.cocolog-nifty.com/wolf/2015/08/2015-4809.html

 

 

 

マッカロー博士の提言の引用されている原典「世界自然遺産 知床とイエローストーン 野生をめぐる二つの国立公園の物語」にあたってみると、からくりがわかってきました。

42節に「知床国立公園における野生動物管理 5.知床におけるオオカミ再導入の可能性」として、梶氏の引用した提言内容がほぼそのままの形でマッカロー博士の文章としてありました。

「今の日本の縦割り的な行政区分、複雑な土地所有の分布、緩衝地域の欠如、少ない人員体制、限られた公園管理の予算といった状況(山中、本書第214節)をふまえると、現時点では知床国立公園にオオカミを再導入できる段階ではない」

 

 

違うのは、(山中、本書第214節)という一文があるかないか、です。つまりマッカロー博士の提言は、すでに行われた議論の中で、日本側が主張したことを取り入れてのものだったのです。


続きを読む "「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード②" »

2018年8月12日 (日)

「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一)のミスリード①

 

2017年に梶光一氏、飯島勇人氏編で出版された「日本のシカ 増えすぎた個体群の科学と管理」東京大学出版会(2017)は、現在のシカの爆発的増加に対処するシカ管理の取り組みを紹介した本です。

現在のシカ管理が、どのような考えの下、何を目指して実施されているのかがよく理解できる労作であることは間違いありません。

 

307823

しかし、第6章「捕食者再導入をめぐる議論」(梶光一)は、いただけません。(彼にとっては)現在のシカ管理の対極にあるオオカミ再導入を否定したいがために、大きな勇み足を犯しました。

この章の結論部分で梶氏は、いつもの持論を展開しています。

日本にはオオカミ再導入のためのリスク管理の備えがなく、野生動物管理システムが整備されていない。いつかなうかわからないオオカミ再導入に頼らず、人間がシカを利用する仕組みを再構築し、野生動物管理の社会基盤を構築する必要がある。

「そのうえで、知床では、失われた生態系プロセスの復元のために広域知床生態系保護区を設置し、社会がオオカミを受け入れる時代の到来を待つというのが筆者の考えである。ただし、再導入したオオカミだけではシカの数を調節できないことは認識しておく必要がある」

 

「社会がオオカミを受け入れる時代の到来を待つ」なら、オオカミに関する欧米の議論も正確に社会に伝えなければなりませんが、彼はこの章で、引用文を何カ所も切り取り、彼の持論の「オオカミだけではシカの数を調節できない」という結論の根拠に都合よく使っています。これは原著論文と正確に比較すればわかるけれども、よほどよく知っていなければ、そうだったのか、と誤った印象をもってしまうようなやり方で、あきれるほどの巧妙さです。

 

いくつかの引用文のあえて行った意図的なミスリードを指摘し、梶氏への批判としたいと思います。

Photo

【梶氏執筆の「第6章捕食者再導入をめぐる議論」の問題部分。私のメモ入りですが】

続きを読む "「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一)のミスリード①" »

2016年3月17日 (木)

オオカミ復活が必要な理由?オオカミは生態系の扇のカナメだから!

今までは、自然を壊すのは人間だけだった。


 

たとえば・・・

●ブルドーザーが森を切り開き、コンクリートで固める=動物の生息地を壊し、植物をつぶしてしまう。



12b5bf85

●農薬を散布し、小さな動植物を殺し、生き物のつながりを壊してしまう。



500x50020485760



 

●毛皮のために野生動物を乱獲した。




20110522_9

 

 

 

 

続きを読む "オオカミ復活が必要な理由?オオカミは生態系の扇のカナメだから!" »

2015年2月 5日 (木)

オオカミと人間の狩猟、違いは何か

オオカミと人間の狩猟、違いは何か

オオカミがいない日本、頂点捕食者の役割は人間がやらなきゃ、という人は多いが、、、、

人間の狩猟とオオカミの狩、何が違うのだろうか。

オオカミには増えすぎた鹿を減らせないという人もいる。

人間は増えすぎた鹿を減らせるのだろうか。

それぞれの狩の特徴に答えがある。

まずオオカミはシカを捕食する。これが大前提である。オオカミとシカは共進化してきた。世界中のどこでもオオカミはシカを追いかけ、シカはオオカミから逃げるために能力を磨いてきた動物だ。

オオカミの狩は、弱い獲物を捕食する。幼獣、老齢個体、怪我や病気の個体。

年齢や雌雄で分類すると、時期により違いがある。シカに子どもが生まれる春から秋にかけては、幼獣を捕食する。冬に近くなってくると幼獣も体が大きくなり、強く賢くなって容易に捕食できなくなるため、捕食の確率が低下する。代わりに捕食されるのは弱ったオスだ。まず老齢個体が対象になり、次に繁殖で体力を使い果たした個体が、冬の雪で行動を鈍らせたときに狙われる。成獣のメスは年間通じて捕食の確率は一定である。

オオカミが増えすぎたシカを減らせない例として挙げられるのは、ロイヤル島のムースの例である。体重800キロから1トンにもなる世界最大のシカであるムースは、健康であれば、さすがのオオカミにもそう簡単には捕食することができない。だからといってムースが増えすぎたままオオカミは何もできなかったかというとそうではない。

ロイヤル島でムースが増えすぎたまま数年がたったある冬、大雪が降った。肩高2m近いムースも行動を鈍らせるような大雪だった。その年、オオカミはチャンスを逃さずムースを大量に捕食した。ミッチ博士は、「オオカミは殺される理由のあるものだけを殺す」と総括している。増えすぎて減らせないように見えても、気象条件や他の環境要因が味方したときを逃さない。ムースのような大型のシカでさえ減らす力をもっている。

そして、狩は、彼らが生きていくための「食べる」行為であり、フルタイムジョブだから、休みはない。

この狩の特徴は、以下のような結果をもたらす

幼獣を捕食することで頭数を減らす

毎日追い掛け回すため、シカの生息場所を分散させる

老齢、怪我、病気、特に伝染病の個体を捕食することで、シカの群れを健全に保つ

一方、人間の狩猟の特徴はなんだろうか。

アメリカやカナダでは人間の狩猟によるシカの内訳を分析している。狩猟で捕獲するシカの年齢分布、雌雄分布は、個体群の構成比率とほぼ同じである。つまり人間の狩猟者は、シカを選択的に捕獲することはできないことになる。遭遇する偶然に左右されるからだ。多少の選択をするとしたら、幼獣は撃てない、大きな角をもつオスを狙いたがる、ということだろう。

また、人間の狩猟には行動の制約がある。人間よりシカの行動範囲は広い。狩猟者が行けない場所でもシカは草を食んでいる。しかも、猟期は主に冬に限定される。シカもイノシシも子どもは成獣になり、素早く、強く、賢くなる時期だ。最も手ごわい時期に対峙しなければならない。狩猟者の出動も毎日というわけにはいかない。パートタイムジョブの狩猟者なら、猟期の土日が活動日である。また有害駆除、管理捕獲の獲物の大半は食べるためでさえない。オオカミにとっては大雪の冬はチャンスだが、人間の狩猟者にとってはそれどころではない。したがって人間はシカの弱点を衝けない。

だから人間がシカの頭数をコントロールするのは大変だ。過去の歴史で人間がシカを減らしてきたのは、本当にオオカミと同じように常にシカを捕食していた時代(それがあったのかどうかわからないが)か、欲に駈られてやたらめったらと獲りまくった近代(16~19世紀)の話だ。そのどちらもない現代、シカを人間が減らすことは至難の業である。

アメリカでオオカミの再導入復活、自然復活に反対し、狩猟対象動物に戻せと主張してきた大きな勢力の一つは、狩猟者(スポーツハンター)だ。その狩猟者のオオカミ反対の理由は、「オオカミは俺たちの獲物を減らしてしまう。おかげでハンティングの割り当てが減らされるはめになる。オオカミが悪いのだ!」ということなのだ。スポーツハンターにとって、獲物の密度は高いほどいいからだ。

アメリカの狩猟者団体が、「オオカミはシカを減らす」と言ってくれている。

続きを読む "オオカミと人間の狩猟、違いは何か" »

2015年1月22日 (木)

Dr. Wolf  D・ミッチ博士来日決定!【オオカミシンポ2015:復活と保護】

2015年、日本オオカミ協会は、オオカミの世界の第一人者、D・ミッチ博士を招聘し、全国でシンポジウムを展開します。


日本オオカミ協会ホームページ

http://www.japan-wolf.org/

Img108_2

続きを読む "Dr. Wolf  D・ミッチ博士来日決定!【オオカミシンポ2015:復活と保護】" »

2015年1月18日 (日)

D.Mech デイビッド・ミッチ オオカミ博士 Dr.Wolf

日本オオカミ協会がミッチ博士を招聘し、6月にシンポジウムを開くことになった。

その詳細はもうすぐ公開されるが、その前に、ミッチ博士のことを紹介しておきたい。

デイビッド・ミッチ博士は、オオカミ研究の世界では、最も長く、最も深くオオカミを知る、第一人者として誰もが認めている。

http://www.davemech.com/index.html

http://www.davemech.org/

このサイトは、まるごとミッチ博士のものだ。(名前の読み方をMeechと書いているが、本人に聞いたらミッチでオーケーと言っていたらしいので、ミッチとする)

 現在も、米国地理学研究所上席研究員、国際自然保護連合(IUCN)オオカミ専門家会議議長、ミネソタ大学生物学科講師、インターナショナルウルフセンター理事である。

 彼はオオカミと獲物動物との関係を50年以上もミネソタ州や世界中で研究してきた。一九七〇年の彼の本『オオカミ』、そしてイタリア人研究者ボイターニとの共著「Wolves: Behavior, Ecology, and Conservation 」

Wolf_2

は、オオカミの生物学書の決定版だ。彼はアラスカ州のデナリ公園(アドルフ・ムーリーがマッキンリー山のオオカミを研究した)で、そしてカナダ北極圏のエルズミア島でも、オオカミの調査を始めた。彼はナショナルジオグラフィック協会のテレビの特集番組に登場し、名誉ある世界自然保護連合(IUCN)のオオカミ専門家会議の座長をつとめている。

より以前の記事一覧