オオカミ復活

2022年2月17日 (木)

宇野裕之教授の「エゾシカの高齢化」「次世代が育たないエゾシカ」説への疑問 in「野生の営みのダイナミクスに迫る~世界遺産シリエトクのヒグマとエゾシカ」

 

 

先日知床世界遺産登録後の「遺産価値向上」のための研究開発プロジェクトの「野生の営みのダイナミクスに迫る~世界遺産シリエトクのヒグマとエゾシカ」

シンポジウムが開催されました。

 

https://www.hro.or.jp/info_headquarters/domin/press0128.pdf

 

講演者は

山中正実(知床財団)

下鶴倫人(北海道大学)

白根ゆり(北海道立総合研究機構エネルギー・環境・地質研究所)

石名坂豪(知床財団)

宇野裕之(東京農工大学)

といった方たちです。講演テーマはHPをごらんください。

興味深い研究成果がいくつもありましたが、その中で私が注目したのは

【エゾシカの生存戦略〜なぜ高密度が維持される?(宇野 裕之/東京農工大学 教授)】

です。

 

話の流れは、

・エゾシカは高い繁殖力を持ち、メス成獣の妊娠率はほぼ90%

・成獣の冬季生存率はほぼ90%

この二つがメスジカの生存戦略である

➡一方幼獣は冬季死亡が多く、ヒグマによる捕食が確認されている。

と調査結果を示したうえで、「まとめと今後の課題」と題して

・知床のエゾシカ集団は高齢化社会になりつつある(かもしれない)

理由は幼獣の生存率が低く次世代が育たないからである

今後の課題として「保護管理方針を見直す必要も出てくるかもしれない」と結んでいました。

 

それを聞いて数々の疑問が沸き上がってきました。

・エゾシカが減る原理を見つけたということではないのか?

・つまり肉食獣による捕食はエゾシカを減らす効果があるということでは?

・次世代が育たないとはどの程度のことを言っているのか?

・幼獣の生存率が低いというが、9割のメス成獣は毎年1頭子どもを産んでいるのでは?

・幼獣の冬季死亡率が高いのは寒冷地のシカでは一般的だと自分で報告しているが、

・高齢化社会とはどのような現象を指すのか?

 

しかしよくよく考えてみると、同じような現象の報告がイエローストーンから出ていたことを思い出しました。

イエローストーンへのオオカミ再導入の20年の総括を公園局が報告した論文集です。

続きを読む "宇野裕之教授の「エゾシカの高齢化」「次世代が育たないエゾシカ」説への疑問 in「野生の営みのダイナミクスに迫る~世界遺産シリエトクのヒグマとエゾシカ」" »

2021年6月 7日 (月)

オオカミ再導入は「人間の身勝手」なのか?

オオカミの再導入を主張すると「そんな人間の身勝手は許されない」と批判されることがあります。

「人間の身勝手」の批判は、「かつてオオカミを絶滅させた人間が再び復活させるなんて」それに加えて「またオオカミが増えすぎたら殺す(のだろう)なんて」身勝手な、と膨らみに膨らんだ想像を根拠にされることが多いのですが、この場合の「身勝手」とはいったいどのような意味でしょうか。何が「勝手」に見えるのでしょう。

分解してみると

「必要もないのに」

「人間の都合で」

「しかもその時々の思惑で」

「殺したり復活させたりを繰り返す」

ことが「身勝手」だと感じられるのかもしれません。

あるいは「自然に手を突っ込む」人間がやってはいけない行為だという論理もありますね。

この「身勝手論」を深掘りしてみます、

 

通常パターンの「身勝手論」は人間対自然、あるいは野生動物の関係のなかで、人間側のご都合主義に対してのものだと思われます。

「100年前に絶滅させておいて、いまさら復元、復活とは「身勝手」な」とする野生動物側から見て、代弁する非難です。あるいはもっと高みから見下ろして人間の行動を非難しているのかもしれません。

そうは言いますが、私たち再導入派は絶滅させた当事者ではありません。ということはこの論は日本人全般に向けてのものでなければなりません。確かに約100年前に日本人がオオカミを絶滅させました。その事実は認めなければなりませんので、

 

一方、オオカミが絶滅した後に起きた現象は「シカが増えすぎて植生を破壊している」ことですが、オオカミとの因果関係を認めるかどうか次第でオオカミ絶滅の結果責任の評価が変わってきます。現在の植生破壊の意味をどう理解しているかが問われるのです。

A.因果関係なし。オオカミという一つの種がいなくなっただけ。シカの増殖と植生破壊は別の原因で起きているのだ。

B.因果関係あり。生態系のカナメが失われた。植生破壊はその結果である。

 

その認識の上に日本人が取ることのできる選択肢は3つあります。

1.そのまま放置

2.後始末は人間が(捕食者不在状態はそのまま)

3.修復する(大陸には同種が生息)

「そのまま放置」は態度としてはあっても現実にはありえないので省きます。2か3を選択しなければなりませんが、「身勝手派」はAの上に2を、またはBと理解したうえで2を選択し人間が代役を務めるのだとする場合もあるかもしれません。それに対して「再導入派」はBの上に3を選択しました。その結果「身勝手派」が「再導入派」を批判しているのが「身勝手論」です。

続きを読む "オオカミ再導入は「人間の身勝手」なのか?" »

2021年3月17日 (水)

丸善丸の内店で大竹英洋写真集フェア!

丸善丸の内の写真集コーナーで大竹英洋さんのフェアが始まっています。
(~3月30日)
 
Photo_20210317183301
Photo_20210317183302
 
棚の奥のポスターには、中央区立環境情報センターで展示中の「絶滅したオオカミの謎を探る」展も紹介していただいています。
3月27日の大竹さんのスライドトークは満席なのですが(コロナ対策で定員が設けられているため)、終了後にサイン会を行いますので、丸善で購入して駆けつけるという手もあります。
丸善は丸の内店も多摩センター店もオオカミ関連本を辛抱強く置いていただいていて、私たちの本も理系の棚に行くと必ずありますので、そちらもぜひ覗いてください。

Ma0vin Photo_20210317183501 Photo_20210317183502

2019年9月25日 (水)

10月31日ミニセミナーとライブのお知らせ


10月31日(木曜日)二つのイベントを企画しています。
平日ですが、お時間の都合がつくようでしたらぜひご参加ください。
14時半から
題して
「イエローストンのオオカミ復活成功物語~そして・・・日本でのオオカミ再導入は可能か?~
イエローストンの公認ガイドスティーブ・ブラウンさんにオオカミ再導入の経緯と結果についてお話していただきます。そして・・・日本でのオオカミ再導入、復活についても話し合います。
日本の自然環境がシカ害によって破壊されていくのを黙って見ているわけにはいきません。
シカもまた自然生態系の一員です。オオカミの存在が人間との共存のカギになります。

Photo_20190925092402  
19時から
「KYATとスティーブとオオカミ噺」
森、海、大地、生命をテーマに 環境問題・貧困問題・絶滅動物へのメッセージを音楽で発信しているユニット【kyat】
がオオカミをテーマにした楽曲「beautiful eye」を中心に自然を歌い、イエローストンと日本のオオカミ復活について語りあいます。

Kyat

2019年9月 8日 (日)

「オオカミを放つって、何かあったら誰が責任を取るんだ!」

「オオカミを放つって、何かあったら誰が責任を取るんだ!」
と時々問われます。(最近は稀になったような気がします)


「何かあったら(つまり人が殺されたら)誰が責任をとるんだ!」
という問いは、そこで議論をストップさせてしまう力があります。オオカミが人を殺傷するという想定が前提になっているからです。
私達はそうは考えていませんが、それを話しても相手は納得しません。その方の頭の中ではもうすでに事件があったことになっているらしいからです。

その問いに対する答えを、どう表現したらいいのか、想定問答にしてみました。

************************

「責任」という言葉は二つの使い方があります。

「責任を取る」とは、実現した現在から過去を振り返る言葉です。
「責任がある」とは、未来に向けて実現するべきことを言います。

オオカミの人身事故の「責任を取る」ことを考えて見ましょう。
そのリスクはいつ、どのくらいの確率で実現するものでしょうか。
私達は、事実をもとにした議論を続けて、合意を勝ち取ろうとしています。したがって少なくとも、自治体、都道府県、国の段階別議会で賛成を勝ち取らなければなりません。単純に一議会ずつとしても、賛成と反対の2択ですから2分の1の確率の3乗、議会にもっていく前の世論を加えれば4乗の確率です。その上で再導入を実行し、そこにオオカミが人を傷つける確率を加えます。
オオカミが人を傷つける確率は、アメリカの例でいえば130年に1~2回です。餌付けのためにエサをもった手を口元に差し出したりという事例は除きます。また飼育オオカミやウルフドッグによる事故も除いた、純粋に野生のオオカミが人を傷つける可能性です。
事故が実際に起きるのは何年先、どのくらいの確率になるのでしょうか。
その何年先かわからない事故から過去を振り返って「責任を問う」ことは生産的でしょうか。

一方、「責任がある」ということを考えてみましょう。
こちらは未来に向けて、私達がしなければならないことを指します。
今、日本の自然生態系はシカの増えすぎによって崩壊しています。このままでは自然そのものを失ってしまうことになります。その時期は「今」、確率は100%です。
豊かな自然を、次世代に手渡す「責任」が、私達にはあります。

私達は、オオカミを再導入により復活させて、生態系の食物連鎖を復元するための合意形成を目的としていますから、オオカミが人を傷つける確率の検証、どうやって防ぐのか、起きてしまった場合にどのような対応が必要なのか、を話し合い、予め決定しておくことも「責任」のなかには含まれます。

何年先に実現して、どのくらいの確率でおきるかも話し合われていない問題の「責任を問う」と言って、議論を止めてはいけないのではないでしょうか。

************************

2019年3月17日 (日)

ブラタモリ 富士山麓青木ヶ原樹海編で語られなかったシカ被害

メルマガバックナンバーの公開です。
メルマガはまだ継続しています。よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!
オオカミ復活論入門
誰でもわかるオオカミ復活を知るためのの理論、歴史、文化、思想

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

オオカミ復活論入門 ブラタモリ青木ヶ原樹海編で語られなかったシカ被害 

3000年の原生林が崩壊危機

2018年2月12日 No.4

  By Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

●ブラタモリ富士山麓樹海編

もう一つだけ、日本で起きているシカの影響について挙げておきます。富士山麓の原生林についてです。

「ブラタモリ」というNHKのテレビ番組で、タモリさんが富士山麓の青木ヶ原樹海を訪ねています。

51 樹海の神秘

~日本を支えた?樹海の正体とは!?~

放送日:2016年10月22日(土)

https://www.nhk.or.jp/buratamori/list/index-51-60.html

ブラタモリの興味関心は、もっぱら地質と人間社会の関わりですから、その間にある野生動物と森の関係にはまったく触れられませんでした。

しかし、私がこの回の放映を見た感想は、「こりゃひどい」でした。実はその2年前に、番組で取り上げた同じ場所を訪れていたので、2年たってさらにシカ食害の影響が進行しているように感じたのです。

●青木ヶ原樹海と大室山

その番組で取り上げたルートは、青木ヶ原樹海と隣接する大室山でした。富士山の北側斜面にある大室山(標高1468m)と青木ヶ原樹海は、隣り合っていながら、その成立年代に相当開きがあります。

産業技術総合研究所の報告書によれば、大室山は約3300年前の噴火によってできた噴火口です。その山に生い茂るブナの森は、3000年前からの森だったのです。青木ヶ原樹海は、ブラタモリが言うように平安時代初期864年(貞観6年)から866年(貞観8年)にかけて発生した噴火活動で、流れ出した溶岩の上に1000年かけて再生した森です。そして貞観噴火の際に、溶岩は大室山の麓まで迫りましたが、山を覆うことなく終息し、大室山だけが丸くぽっかりとおわん型に残り、3300年前からの原生林も生き残りました。

したがって大室山は土壌の堆積も厚く、広葉樹、ブナの森に遷移しています。一方青木ヶ原は、まだ土壌の堆積は薄く、まだ溶岩が地表に出ていて、樹種も主に針葉樹の森が広がっています。

 

41

続きを読む "ブラタモリ 富士山麓青木ヶ原樹海編で語られなかったシカ被害" »

2019年3月 2日 (土)

伊豆 天城峠付近は斜面を落ちてきた石で沢が埋まっている

メルマガバックナンバーの公開です。
メルマガはまだ継続しています。よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!
オオカミ復活論入門
誰でもわかるオオカミ復活を知るためのの理論、歴史、文化、思想



■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■
オオカミ復活論入門
伊豆 天城峠は斜面を落ちてきた石で沢が埋まっている。シカの生息密度は平方キロあたり20、30、50、100頭?10年で裸地化する斜面
2018年2月5日
No.3
 By Asakura
■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

●天城峠登山道
大台ケ原とは別の壊れ方をしている地域もあります。
伊豆半島の真ん中に、馬蹄形をしている山脈は天城連山、あるいは天城山脈と呼ばれています。天城山はいくつかの山の総称で、伊豆半島最高峰の万三郎岳(ばんざぶろうだけ 1,406m)、万二郎岳(ばんじろうだけ 1,299m)等の山で構成される山脈です。

銃走路は、別荘地である伊豆高原の高台にある、天城高原ゴルフコースから万二郎岳、万三郎岳、八丁池とたどっていくルートがあり、最後は天城峠で終点になります。そこから西伊豆にも登山道は伸びていますが、天城峠が伊豆半島のほぼ真ん中あたりです。

31

続きを読む "伊豆 天城峠付近は斜面を落ちてきた石で沢が埋まっている" »

2019年2月24日 (日)

大台ケ原はいかにして白骨樹林になったか

メルマガバックナンバーの公開です。

メルマガはまだ継続しています。よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

オオカミ復活論入門

誰でもわかるオオカミ復活を知るためのの理論、歴史、文化、思想


http://www.mag2.com/m/0001681617.html

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

オオカミ復活論入門

大台ケ原はいかにして白骨樹林になったか

オオカミがいなくなった紀伊半島で、台風とシカの食害が大台ケ原の鬱蒼とした森を壊した

2018年1月15日  No.2

 by Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

シカ害が問題になったのは、関西では大台ヶ原が最初でしょう。

近畿地方ではハイキングコースとして有名らしいのですが、私も東京出身なので知りませんでした。なじみのない方のために、基本情報を押さえておきます。


大台ヶ原山(地図には日出ヶ岳と表記)三津河落山(さんずこうちさん)や経ヶ峰(きょうがみね)など、標高1400mから1600mの複数の山に囲まれた東西5 kmほどの台地状の地帯が大台ヶ原(おおだいがはら)と呼ばれています。


●大台ヶ原ドライブウェイの開通

昭和初期の大台ヶ原は、本格的な登山者だけしか入ることのできない深い山でしたが、昭和36年に有料道路「大台ヶ原ドライブウェイ」(昭和56年(1981年)無料化)が開通し、車で大台ヶ原を訪れることができるようになりました。今では、自家用車であれば奈良市内から3時間弱のドライブでアクセスでき、大型バスが登山者だけでなく、気軽なハイキング客を大量に送り込み、関西の屋根の景観を誰でも楽しめる景勝地になっています。


ドライブウェイの開通は、大台ヶ原に大きな影響を与えています。誰でも入れる山になり、多くの人が来ることによってゴミの投棄や植物の採取・踏み荒らしなどが問題にされるようになりましたし、ドライブウェイの工事は森を切り開き、林道を利用して周辺地域の大規模造林が行われるようになりました。この辺の事情が現在のシカ問題にもかかわってくるようです。


●現在の大台ケ原は

この写真を見ていただければ一目瞭然です。

 

2

手前にあるパネル写真は1964年の大台ケ原、背景に見えるのは2005年の同地点です。

シカの食害によって樹皮が食べられ、大木がすべて枯れ、林床のミヤコザサはシカに頭を食べられてだんだん短くなり、草原のようになっています。この写真から10年以上経過していますから、今は白骨林がさらに倒れて何もなくなり、ササはさらに短くなり、芝生のようでしょう。

この状態になると太陽が直接降り注ぎ、ササが水を吸い上げるため土壌が乾燥してしまい、もう元の鬱蒼とした森には戻らないと言われています。

続きを読む "大台ケ原はいかにして白骨樹林になったか" »

2019年2月17日 (日)

オオカミ復活論入門バックナンバーNo.1「オオカミ再導入による復活」のゴールはどこでしょうか?

昨年1月にメルマガ「オオカミ復活論入門」を開始し、1年以上継続することができました。

1年経過したものを公開していこうと思います。

 

メルマガはまだまだ継続します。よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

オオカミ復活論入門

誰でもわかるオオカミ復活を知るためのの理論、歴史、文化、思想

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

オオカミ復活論入門バックナンバー

No.1

「オオカミ再導入による復活」のゴールはどこでしょうか?

by Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

「オオカミ復活論入門」メルマガの第一回配信です。

「狼と森の研究所」は、目標としてオオカミの復活を掲げています。

オオカミをなぜ復活させようとしているのでしょうか。

 

・オオカミ好きだから、日本の自然にオオカミがいてほしい?

NO それだけが理由ではありません。もちろん日本の自然のなかにいることを望んでいます。

・天敵導入でシカを減らすこと?

NO それだけでもありません。天敵農薬のように農業被害をもたらす、増えすぎた害獣をやっつけるための道具とは考えていません。

 

では「オオカミの再導入による復活」のゴールはどこでしょうか?

理由は、日本がもともとオオカミの生息地だったことです。そしてそのゴール、目的は、生態系に不可欠な機能をもつオオカミを復活させ、壊れた生態系を元に戻すことです。そしてそれが日本の自然を護ることになります。

 

農林業被害を減らすことはもちろん人間社会にとっては大事なことですが、日本の「自然そのもの」が壊れていること、今現に進行していることがもっと大きな問題です。

 

●獣害問題の広がり

最近の獣害の増加は著しく、特にシカの増えすぎは日本全国に広がり、たいへんなことになっています。このことは報道で頻繁に報じられるようになってきましたが、農水省の発表によれば、平成27年度のシカによる農業被害額は約60億円、近年のピークであった平成2324年の約82億円に比べればだいぶ減少したといえるかもしれませんが、それでもまだ大きな金額です。それに加えてうなぎのぼりなのは、獣害対策費です。被害額の減少はこのお金のおかげといえるかもしれません。政府や自治体から支出される補助金などを全国で合計すると、一説には1000億円にもなると言われています。

続きを読む "オオカミ復活論入門バックナンバーNo.1「オオカミ再導入による復活」のゴールはどこでしょうか?" »

2018年12月22日 (土)

「オオカミの復活か、シカの大虐殺 slaughterか、どちらが日本の森を救うのだ?」

MONGABAY

NEWS&INSPIRATION FROM NATURE'S FRONTINE

の記事です。

https://news.mongabay.com/2018/11/restore-wolves-or-slaughter-deer-to-save-japanese-forests/?fbclid=IwAR0TViGsZkpEkRcewSyzt8lkAScykm_tp8M7R1vCXG0QhoMpzz7adoCFgFA

 10月に開催された「International Wolf Symposium 2018」の日本チームプレゼンを取材してくれたジャーナリストが、日本の状況を記事にしてくれました。

筆者は

ダン・スコースキー

 

このサイトには日本語のページもあるので、そのうち日本語版が掲載されると思っていましたが、なかなか実現しないので、要約版を作りました。

 

(要約)

南部成美は日本にオオカミを取り戻すために活動している。「頂点捕食者は生態系を持続するために不可欠です。日本ではそれがオオカミでした」

南部は日本オオカミ協会のボランティアで、彼女の活動が認められて「Who Speaks for Wolf」という賞をインターナショナルウルフシンポジウム2018で与えられた。

彼女は「オオカミのような捕食者がいないために、日本の30ある国立公園の3分の2でシカによる食害が進行している」と説明した。

林野庁の報告によれば、日本の国有林のうち8000ヘクタールは野生動物の被害にあっており、そのうちの77%がシカによるものだ。その額は5300万ドルになる。マルク・アブラムス(ペン州立大学・森林生態学者)は、シカが苗木の生長を阻害し、強く弾力のあるササが林床を覆うことになったと話している。

南部や他の支持者は捕食者の再導入がシカの過剰を解決するとみている。

日本のシカは、1990年から2009年にかけて70%も生息域を広げた。現在の推定生息数は300万頭である。シカによる作物被害に関係する大量の研究報告が書かれている。樹皮剥ぎ、土壌流出、交通事故、樹木の多様性減少など、加えてダニ媒介性脳炎が2016年から報告されはじめ、野生のシカが関係しているとされている。

ハンティングの文化がないなかで、日本はシャープシューティングや囲いわな、ハイテクわななどを使って、駆除作戦に取りかかっている。目標は2025年までにシカの生息数を半減させることだ。

日本人の多くは政府の計画を詳細には知らない。彼らはなんとなく大量殺戮に気づいてはいるが、巻き込まれたくないのだ、と南部は見ている。

シカだけでなくイノシシも急速に増えて、田畑を放棄する原因になっている。

もしオオカミが再導入されれば、こうした野生動物を獲物にすることになるだろう。

北海道の知床国立公園(ユネスコ自然遺産)はオオカミの帰還にはふさわしい土地だが、再導入には政府の計画はもちろん提案もサポートもない。代わりに、シカ管理計画は強力な捕獲圧に頼っている。この20年の努力にも拘わらず、北海道のシカの生息数は高いままだ。

シカは増え続け、森は劣化し続けている。

 

オオカミを連れてくる先を、南部はモンゴルか中国が適当だと考えている。しかし、モンゴルのオオカミは、1980年代の3万頭から2004年の1万頭まで急減している。モンゴルのフスタイ国立公園の生物学者ガンボールドは、オオカミは公的には保護されておらず、日常的にハンティングされているという。

日本のオオカミ支持者にとって最重要の課題は、オオカミを移植する場所を探すことよりも、日本人のマインドセットを変えることだという。

JWAは再導入に関するアンケートでは、賛成が1993年の12.5%から2016年には45%に増えているという。

南部は楽観的だ。「もし人々が自然と調和するもう一つの道があることを理解すれば、必ずその道を選びます」「それがオオカミとの共存です」

 

より以前の記事一覧