アメリカ・イエローストーンレポート

2022年2月17日 (木)

宇野裕之教授の「エゾシカの高齢化」「次世代が育たないエゾシカ」説への疑問 in「野生の営みのダイナミクスに迫る~世界遺産シリエトクのヒグマとエゾシカ」

 

 

先日知床世界遺産登録後の「遺産価値向上」のための研究開発プロジェクトの「野生の営みのダイナミクスに迫る~世界遺産シリエトクのヒグマとエゾシカ」

シンポジウムが開催されました。

 

https://www.hro.or.jp/info_headquarters/domin/press0128.pdf

 

講演者は

山中正実(知床財団)

下鶴倫人(北海道大学)

白根ゆり(北海道立総合研究機構エネルギー・環境・地質研究所)

石名坂豪(知床財団)

宇野裕之(東京農工大学)

といった方たちです。講演テーマはHPをごらんください。

興味深い研究成果がいくつもありましたが、その中で私が注目したのは

【エゾシカの生存戦略〜なぜ高密度が維持される?(宇野 裕之/東京農工大学 教授)】

です。

 

話の流れは、

・エゾシカは高い繁殖力を持ち、メス成獣の妊娠率はほぼ90%

・成獣の冬季生存率はほぼ90%

この二つがメスジカの生存戦略である

➡一方幼獣は冬季死亡が多く、ヒグマによる捕食が確認されている。

と調査結果を示したうえで、「まとめと今後の課題」と題して

・知床のエゾシカ集団は高齢化社会になりつつある(かもしれない)

理由は幼獣の生存率が低く次世代が育たないからである

今後の課題として「保護管理方針を見直す必要も出てくるかもしれない」と結んでいました。

 

それを聞いて数々の疑問が沸き上がってきました。

・エゾシカが減る原理を見つけたということではないのか?

・つまり肉食獣による捕食はエゾシカを減らす効果があるということでは?

・次世代が育たないとはどの程度のことを言っているのか?

・幼獣の生存率が低いというが、9割のメス成獣は毎年1頭子どもを産んでいるのでは?

・幼獣の冬季死亡率が高いのは寒冷地のシカでは一般的だと自分で報告しているが、

・高齢化社会とはどのような現象を指すのか?

 

しかしよくよく考えてみると、同じような現象の報告がイエローストーンから出ていたことを思い出しました。

イエローストーンへのオオカミ再導入の20年の総括を公園局が報告した論文集です。

続きを読む "宇野裕之教授の「エゾシカの高齢化」「次世代が育たないエゾシカ」説への疑問 in「野生の営みのダイナミクスに迫る~世界遺産シリエトクのヒグマとエゾシカ」" »

2020年5月25日 (月)

イエローストーン国立公園では、公園の外に出たオオカミは害獣としてすべて射殺される~本当でしょうか?

 私たちもイエローストーンのオオカミについての情報はまだ100%は把握できていません。様々な情報に接していると知らないことがまだ出てきます。だからイエローストーンの情報をフォローしているのは楽しいのですが、それほどボリュームのあるにもかかわらず、時に断定するようにこういうことを言う方がいます。

 

「イエローストーンでは公園の外に出たオオカミは放牧牛を襲う害獣として即座に射殺されている」

 

そうではないのですが、なかなかきちんと説明しきれていませんでした。

最近になって、イエローストーンの関係者二人、再導入時の公園関係者の一人ノーム・ビショップ氏と下記の雑誌記事とイエローストーンのオオカミ研究者リック・マッキンタイア氏の情報により、オオカミが公園の境界付近でどのような位置づけにあるのかがわかるようになりました。

公園の外に出たオオカミは射殺されてしまうことがよくありますが、その理由は家畜被害とは無関係なものでした。

 

ノーム・ビショップ氏は

イエローストーンがオオカミと再び過ごした25年間

25 Years of Re-living With Wolves In Yellowstone

https://mountainjournal.org/lessons-learned-25-years-after-wolves-restored-to-yellowstone

 

という雑誌記事でイエローストーン国立公園周辺の3州(モンタナ、ワイオミング、アイダホ)のエルクの個体数について、下記のように書いていました。一言でいえば、オオカミ再導入後エルクは減っていない、増加しているというのです。公園内では減っているのは確かですが、公園の外では増えている。それはいったいどういうことだろう、と疑問に思いました。

この記事での彼のコメントは、いまだに続いているオオカミ反対者の論陣に対して、主にハンターに向けて、「ハンターの獲物は減ることはない」とアピールするためのものでした。そのために数字を挙げて、エルクハンティングに影響はない、と強調しています。

「数多くの研究から、私たちは今、オオカミがコロラドの野生の自然のバランスを蘇らせる力になることを知っている。狩猟へのオオカミの影響に対する懸念は、アイダホ、モンタナ、ワイオミングのデータによって和らげることができる。

 

続きを読む "イエローストーン国立公園では、公園の外に出たオオカミは害獣としてすべて射殺される~本当でしょうか?" »

2019年9月25日 (水)

10月31日ミニセミナーとライブのお知らせ


10月31日(木曜日)二つのイベントを企画しています。
平日ですが、お時間の都合がつくようでしたらぜひご参加ください。
14時半から
題して
「イエローストンのオオカミ復活成功物語~そして・・・日本でのオオカミ再導入は可能か?~
イエローストンの公認ガイドスティーブ・ブラウンさんにオオカミ再導入の経緯と結果についてお話していただきます。そして・・・日本でのオオカミ再導入、復活についても話し合います。
日本の自然環境がシカ害によって破壊されていくのを黙って見ているわけにはいきません。
シカもまた自然生態系の一員です。オオカミの存在が人間との共存のカギになります。

Photo_20190925092402  
19時から
「KYATとスティーブとオオカミ噺」
森、海、大地、生命をテーマに 環境問題・貧困問題・絶滅動物へのメッセージを音楽で発信しているユニット【kyat】
がオオカミをテーマにした楽曲「beautiful eye」を中心に自然を歌い、イエローストンと日本のオオカミ復活について語りあいます。

Kyat

2018年7月28日 (土)

イエローストン・サイエンス:科学大論争 栄養カスケード~だれもトップダウン効果が重要ではないと主張する人はいない

メルマガ配信しています。号外のみ当ブログで公開します。

よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

オオカミ復活論入門

誰でもわかるオオカミ復活を知るためのの理論、歴史、文化、思想

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

メルマガ配信しています。

号外のみ当ブログで公開します。

 

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

オオカミ復活論入門

イエローストン・サイエンス:科学大論争 栄養カスケード~だれもトップダウン効果が重要ではないと主張する人はいない

2018728

号外No.11

By Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

【イエローストン・サイエンス】

 

オオカミ再導入から20年を記念して2016年に論文集が発行されました。

イエローストンのオオカミと周辺の動物たちに関する研究成果がつまった、超おもしろ論文集になっています。

 

これから翻訳、要約して発信していきます。

 

https://www.nps.gov/yell/learn/upload/YELLOWSTONE-SCIENCE-24-1-WOLVES.pdf

 

以下は、「The Big Science Debate: Trophic Cascade」 「科学大論争 栄養カスケード」というタイトルのコラムです(p70

 

筆者は、ダグ・スミス、ロルフ・ピーターソン、ダニエル・マクナルティ、マイケル・コールという、大ベテランと若手が組んだ研究者チームです。

ダグ・スミスはイエローストンの再導入当初からの研究者、ロルフ・ピーターソンは、ロイヤル島のオオカミ研究をミーチ博士に次いで長く手がけている大ベテラン、そしてダニエル・マクナルティは、イエローストンのオオカミ再導入時1997年から始まった外部研究者とのコラボレーションプログラムに大学院生として参加した若手研究者です。

彼らが総括したイエローストンの「栄養カスケード」の論争は、論点を網羅したものになりました。

コラム全文を和訳しましたが、必ずしも英文に忠実ではありません。読みやすい日本語にしました。間違いがあるかもしれませんので、気がつかれたらご指摘ください。

(小見出しは翻訳者がつけたものです)

 

 

【科学大論争 栄養カスケード】

 

●オオカミは生態系にどんな影響を与えているか

オオカミは議論を呼ぶ動物だ。科学的な議論は、普通は文化的な類の、彼らはいかに管理されるべきか、あるいはまったくいるべきではないのか、といった議論に席を譲る傾向があるが、おそらく、これらのなかでもっとも激しい論争は、獲物へのオオカミのインパクトである。

その答が野生動物管理に影響するかもしれないため、である。イエローストンでは、科学の分野でユニークな論争が生まれた。オオカミが生態系にどんな影響を与えているか、に疑義をはさもうというのである。(Peterson 2014

これは、機能としてオオカミや他の肉食獣(クマを除く)が20世紀中不在であったため、興味深い話になる。そしていま彼らが帰ってきたことにより、比較することができる。

単純な話に見えるが、そうではない。自然は複雑なのである。

続きを読む "イエローストン・サイエンス:科学大論争 栄養カスケード~だれもトップダウン効果が重要ではないと主張する人はいない" »

2018年7月25日 (水)

イエローストン・サイエンス オオカミ復活から20年の成果論文集

イエローストンサイエンス

オオカミ再導入から20年を記念して発行された論文集です。
イエローストンのオオカミと周辺の動物たちに関する研究成果がつまった、超おもしろ論文集になっています。

これから翻訳、要約してときどきアップしていきます。

Photo

Photo_2

2015年1月18日 (日)

D.Mech デイビッド・ミッチ オオカミ博士 Dr.Wolf

日本オオカミ協会がミッチ博士を招聘し、6月にシンポジウムを開くことになった。

その詳細はもうすぐ公開されるが、その前に、ミッチ博士のことを紹介しておきたい。

デイビッド・ミッチ博士は、オオカミ研究の世界では、最も長く、最も深くオオカミを知る、第一人者として誰もが認めている。

http://www.davemech.com/index.html

http://www.davemech.org/

このサイトは、まるごとミッチ博士のものだ。(名前の読み方をMeechと書いているが、本人に聞いたらミッチでオーケーと言っていたらしいので、ミッチとする)

 現在も、米国地理学研究所上席研究員、国際自然保護連合(IUCN)オオカミ専門家会議議長、ミネソタ大学生物学科講師、インターナショナルウルフセンター理事である。

 彼はオオカミと獲物動物との関係を50年以上もミネソタ州や世界中で研究してきた。一九七〇年の彼の本『オオカミ』、そしてイタリア人研究者ボイターニとの共著「Wolves: Behavior, Ecology, and Conservation 」

Wolf_2

は、オオカミの生物学書の決定版だ。彼はアラスカ州のデナリ公園(アドルフ・ムーリーがマッキンリー山のオオカミを研究した)で、そしてカナダ北極圏のエルズミア島でも、オオカミの調査を始めた。彼はナショナルジオグラフィック協会のテレビの特集番組に登場し、名誉ある世界自然保護連合(IUCN)のオオカミ専門家会議の座長をつとめている。

2013年11月24日 (日)

エド・バングス語録「オオカミは面白い!」

1988年アメリカ魚類野生生物局で、イエローストーン公園へのオオカミ復活プログラムの仕事を始めたエド・バングスは、誰に対しても「オオカミは面白い!」と言い続けた。

「どうしてオオカミを復活させることを謝らなきゃならないんだ?」

「野生生物局は、エルクやビッグホーンシープを西部のもといた地域に復活させることに大きなプライドをもっているじゃないか。どうしてオオカミ復活にはプライドがもてないんだ?」

「オオカミは注目に値する魅力的な動物だよ」

「オオカミは人間を襲わない」

「オオカミは土地利用には関係がない」

「オオカミは経済を侵害しない」

「家畜を食べるかもしれないが、ほんのちょっとだ」

「そのうえオオカミは魅力的だ。多くの人たちがオオカミを好きになるし、野生のシンボルと考えるようになる」

オオカミは面白い!

「WOLF WARS」 HANK FISCER著より

2013年4月18日 (木)

イエローストーンではオオカミ根絶後、エルクが激増した

イエローストーン国立公園のオオカミと、オオカミ根絶後の状況を、アメリカのWikipedeiaで見てみました。一部抜粋要約してます。

イエローストーンでは、1926年オオカミ絶滅後、数年でエルクが増え始め公園内の樹木に影響が出始めました。1929年に生態学者が訪れ、既にひどい状態だと警告を発しています。


下記の文章で私が注目したのは、

①オオカミがいなくなって数年後には森林被害が顕著になった。

②エルクの駆除を30年間継続して行ったが、はかばかしい結果は得られなかった。

③ハンターは、エルクの密度が低いと文句を言っている。

④駆除を一旦やめると、急激なエルク増加が待っている。

イエローストーンオオカミの歴史は、根絶、不在、イエローストーンへのハイイロオオカミの再導入、そしていかに再導入が、科学者や政治家、公園管理者の議論と驚きであったかを記録にとどめている。

1872年、イエローストーン国立公園が設立されたときはまだ、公園内でも野生動物は法的に保護された存在ではなかった。公園の初期に、行政官、密猟者、旅行者は、自由に獲物のターゲットや肉食獣を狩ることができた。なかでもハイイロオオカミは、一般にやっかいな肉食獣であり、北米地域で根絶されようとしていたため、攻撃されやすく、理不尽に殺害されていた。

1883年1月、内務長官は公園内での狩猟を禁じる規制を発したが、それはオオカミ、コヨーテ、クマ、マウンテンライオンや他の小さな肉食獣には適用されなかった。

1886年8月20日、陸軍が公園管理をするようになって後すぐに、最初の管理官モーゼス・ハリス大尉は公的な狩猟を禁止し、肉食獣の管理は公園に戻した。

1885年、魚類野生生物局の前身となった部署が設置され合衆国の生態調査を担当することになった。

1907年、西部畜産業の政治的圧力により、この部署は、家畜被害コントロールと呼ばれるようになるプログラムを始めることになった。この肉食獣管理プログラムは、1907年に39の国立森林公園で、1800頭のオオカミ、23000頭のコヨーテを駆除した。

1916年、国立公園サービスが設置され、前述の公園、遺跡、禁猟区域の利用に有害になるかもしれない動物や植物の破壊に対して内務長官の判断により法律の制定が可能になった。

国立公園局は公園内の肉食獣コントロールプログラムは1933年まで継続したが、実質は1926年までに、イエローストーン国立公園からはハイイロオオカミの群れは根絶された。しかし、1927年から1977年までの期間に公園内でオオカミが目撃された例が数百あった。

オオカミがいなくなるとエルクが増えた。次の数年間に、イエローストーン国立公園の状態は、急激に悪化した。1929年と1933年にイエローストーンを訪れた科学者たちは、「この地域は、初めてみたときにひどい状態だった。そしてその後さらに悪化している」と報告している。このときまでに多数の生態学者が土壌が侵食され、植物が絶滅することを憂慮していた。エルクは増え続け、アスペンやポプラのような落葉樹はエルクの食害の影響を受けていた。公園局は、エルクのワナ猟や駆除を始めたが、効果は上がらなかった。こうした駆除は30年以上も続けられた。こうした方法は、景観を悪化させない役にはたったが、状態を改善することはできなかった。

時々、人々はエルクの頭数を調整するためにオオカミをイエローストーンに戻すアイデアを口にするようになった。

しかし公園管理者は、特にオオカミを公園から駆逐することに成功した後には、オオカミを戻すことに熱心ではなく、エルクの駆除を続けた。1960年代も後半になって、地元のハンターが地元下院議員に対して、エルクが少なすぎるとクレームをつけるようになり、議員はイエローストーンへの予算を止めるよう脅しをかけた。その対応としてエルク駆除は中止になった。そしてエルクの頭数は指数関数的に増加した。エルクの頭数の急激な増加により、大地の状態は再び急激に悪化した。景観の破壊は他の多くの動物にも影響を及ぼした。オオカミが絶滅したことで、コヨーテの頭数は劇的に増加した。そしてその影響はプロングホーンやアンテロープの極度の頭数減少になってあらわれた。

アメリカでは、趣味のハンターは、獲物の生息密度が高いことを喜び、オオカミは自分たちの獲物を減らしてしまう「敵」だと見なされています。