シカの食害

2020年9月10日 (木)

千松信也さんの映画「僕は猟師になった」とジビエとオオカミ再導入

シカ問題の議論はなかなかかみ合わないところがあります。最近ニュースになったこの二つもそうです。
一つは【ジビエ】
シカの増加による農業被害に対して、ジビエで対抗する、またはせっかく捕獲したものを無駄にするのはもったいない、とジビエ産業での利用を推進する、という農業関連業界、政官界の動きはまだまだ衰えていません。自民党の議連も盛んにPRをしています。

農地荒らす鹿やイノシシ肉のジビエ コロナで消費減、需要開拓の正念場
https://mainichi.jp/articles/20200905/k00/00m/040/301000c

ニュースの内容にはたとえば
「シカやイノシシといった有害鳥獣が、農家が育てた農産物を食い荒らす被害が深刻だ。
 2018年度の有害鳥獣による農産物被害額は158億円に上る。実は近年、被害額は減少しているが、「農村への影響は統計上の被害額以上に甚大だ」(農林水産省鳥獣対策室)。国が把握できない被害(申告されないケースや、栽培をやめてしまったケースなど)が大きいためだ。
 有害鳥獣による被害は、高齢化している農村に深刻な影響を及ぼしており、このままでは全国で離農や廃村が相次ぐことになる。」
という背景として示されます。

もう一つはまた京都の千松信也さんが出版した本と同名の映画「僕は猟師になった」

「命を無駄にせずいただく」。残酷より憧憬の声が寄せられた猟師、千松信也さんの生き方とは
https://news.yahoo.co.jp/byline/mizukamikenji/20200906-00196902/


猟師の千松信也氏が問う、この時代に狩猟採集生活が持つ意味とは
https://news.yahoo.co.jp/articles/c21bba695bce340491d29018090aed8562deb330?page=3

著者本人に密着して猟師の日常を撮影された映画が完成し、映画製作者たちは
「命を無駄にせずいただく」
「森や自然ときちんと責任をもって関わる」
という千松さんの生き方に感銘を受けています。製作者が満足するいい映画になったのでしょう。

千松さんは、「1シーズン、イノシシやシカを10頭くらい獲る。自分と家族と友人らが食べる分しか、獲らないと決めている。」
というように、自分のできる範囲で、食生活を自分の力で維持しようとしているという姿勢です。だから彼とシカやイノシシの個体数削減の話をからめてしまうのは間違いかもしれません。まったく別の視点で見るべきなのですが、野生鳥獣問題があるので、どうしてもそういう目で見てしまいますし、映画評なども多少そのようなことに触れざるを得ない、というところだと思います。


彼のような方が少しいてもシカ問題は解決しません。彼が10万人いればちがうかもしれませんし、70年以上前はそのくらいいたのかもしれません。こういう証言もありますから。

「奈良のシカ 夢中で食べた」 戦後の食糧難 元小学校教諭の後悔
https://mainichi.jp/articles/20200829/k00/00m/040/180000c


こうした違う視点のコンテンツをどのようにポジショニングすれば理解しやすいのか、ちょっとした図を作ってみました。

二軸のマトリックスです。縦の軸は、
社会的課題(シカ問題)⇔個人的・文化的課題(狩猟・食文化)
横軸は
生態系への影響⇔農業への影響
です。
こうして位置づけてみると、ジビエとオオカミ再導入はまったく別のポジションにあるのがわかります。

ニュースを見るときの参考になれば。
Photo_20200910085201

2019年7月21日 (日)

ジビエについて再論。その2 オオカミ復活とジビエ振興は両立する?

メルマガ号外の公開です。

 

メルマガはまだ継続しています。よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

オオカミ復活論入門

誰でもわかるオオカミ復活を知るためのの理論、歴史、文化、思想

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

オオカミ復活論入門

 

号外   ジビエについて再論。その2 オオカミ復活とジビエ振興は両立する

 

2019年7月21日

                                                                                                  By Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

号外はブログでも公開します。

 

田中俊徳さん(東大特任助教)の論考を元にして、ひょっとしてオオカミ復活とジビエ振興は両立するかもしれないことを考察したいと思います。

 

ジビエ振興の障壁は何か

https://www.shinrinbunka.com/wp-content/uploads/2017/03/50f26c530211362002514adf18b12b21.pdf

を参照しつつお読みください。

 

参考に私の論考も

ジビエを食べればシカは本当に減るのか?

http://japan-wolf.org/content/2016/01/31/ジビエを食べればシカは本当に減るのか%ef%bc%9f/

 

田中俊徳さんは第2章「ジビエをめぐる文化的背景」以下でジビエの障壁の具体的な内容について論じています。

まず文化的背景に関しては重要な観点を指摘しています。ヨーロッパでは狩猟が貴族によるスポーツハンティングとして残ったため、上級財(所得の増加とともに需要が増える財)であり、日本では仏教の影響から肉食を禁じた日本では下級財(所得の増加とともに需要が減る財)の性質をもっている、というのです。(河田幸視(2011)「どうしてジビエ(獣肉)利用は進みにくいのか?」(畜産の研究65))

 

次に流通の側面の課題として、1.食品衛生法、2.安定供給、3.価格、4.情報の非対称性を取り上げ、詳細に論じています。

食品衛生法は獣肉の取り扱いを既存の施設で行ってはならないことを決めているため、食肉処理場建設の費用、維持費がかかります。

ジビエの販売量を確保するためには安定供給が必須なのですが、シカの頭数が減るほど捕獲場所は遠くなり、捕獲運搬コストは高くなり、供給価格に反映します。シカの生息密度と捕獲運搬コストが負の相関を持つため、捕獲が進めばジビエの捕獲運搬コストが高くなり、経営そのものが難しくなるという問題も障壁です。解決策としてはシカ肉の需要を喚起し、販売価格を高くするしかないと結論します。

続きを読む "ジビエについて再論。その2 オオカミ復活とジビエ振興は両立する?" »

2019年7月17日 (水)

ジビエについて再論。やっぱりジビエだけではシカは減らない その1

メルマガ号外の公開です。

メルマガはまだ継続しています。よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

オオカミ復活論入門

誰でもわかるオオカミ復活を知るためのの理論、歴史、文化、思想

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

オオカミ復活論入門

号外 ジビエについて再論。やっぱりジビエだけではシカは減らない その1

2019年7月17日
By Asakura
■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

シカの増えすぎはその被害、農林業被害に生態系被害は、さらに土砂崩れや土石流などを引き起こす危険性などリスクを孕んでいます。
ただシカを減らすだけでなく、バランスのよい自然に戻さなければなりません。
ジビエと狩猟にケチをつけるつもりはまったくありません。
しかし、その方向だけしか見ていないのでは、日本の自然全体をバランスよく護ることはできません。

 

田中俊徳さん(東大特任助教)がジビエ支援の論理を整理されていますので、これを元にしてもう一度ジビエだけでは日本の自然は護れないと私が考える理由を明らかにしていきます。

 

ジビエ振興の障壁は何か
https://www.shinrinbunka.com/wp-content/uploads/2017/03/50f26c530211362002514adf18b12b21.pdf

 

論者田中さんは、文中で私の書いた

ジビエを食べればシカは本当に減るのか?
http://japan-wolf.org/content/2016/01/31/ジビエを食べればシカは本当に減るのか%ef%bc%9f/

を参照され、価格や流通に関する課題についてはある程度は受け入れていただいているようです。
田中さんの「ジビエ振興の障壁は何か」の構成にしたがって彼我の考え方の違いを明らかにしていきます。

 

〇「1.はじめに」
ここでは獣害問題の様相とジビエ振興が必要な理由を述べていますが、今起きていることの解釈が私とは違っています。

冒頭で論者は「増えすぎたシカが、世界遺産や国立公園の森で、絶滅危惧種等を食べ、生態系のバランスを崩している」と「湯本、松田(2006)」を参照しています。
「生態系のバランスを崩している」のは、シカが絶滅危惧種等を食べていることではなく、シカがタガのはずれたように増え始めたこと自体ではないでしょうか。生態系のバランスという言い方をするとき、その言葉自体は捕食者がいる食物連鎖のピラミッドをイメージします。その食物連鎖が壊れたからバランスが崩れたのです。

 

続きを読む "ジビエについて再論。やっぱりジビエだけではシカは減らない その1" »

2018年5月 5日 (土)

東大千葉演習林一般公開に行ってきました

先月、422日は東大千葉演習林の一般公開日でした。鴨川から近い、房総半島のシカの核心地だと思われるので、これは是が非でも行かねば、と思い、朝早くに出発して時間いっぱい楽しんできました。

 「楽しんで」といっても、私の「楽しみ」は、シカの痕跡を探すことですが。

 位置

千葉演習林は、日蓮上人が出家得度し、日蓮宗を開宗したという由緒ある清澄寺の周辺にあります。

 

 

Photo_2

 

清澄寺の入り口から演習林に入り、尾根伝いに付けられた林道を片道7km、往復14kmの道のりです。

 

Img20180424_05481431

 関東ふれあいの道

 

 

 

7kmの林道のうち3分の2くらいは「関東ふれあいの道」21番の「アジサイの道」の一部になっています。

 

https://www.pref.chiba.lg.jp/shizen/choubou/fureai/michi-21.html

 

20180422_103930_2

続きを読む "東大千葉演習林一般公開に行ってきました" »

2013年2月 4日 (月)

北アルプス情報整理~シカの生息域拡大

北アルプスにシカが侵入し、関係者は大慌てです。

早く手を打たなければ手遅れになる。

ですが、早く手を打っても、方法論が間違っていれば他の地域と同じ轍を踏むことになります。

では他の地域は手を拱いていたのでしょうか。

そうではないと思います。

生息密度が低ければ、捕獲効率は上がりません。

捕獲効率が上がるほどに生息密度が高くなれば、もう手遅れです。

人間が手を下すのではなく、自然の摂理に任せられるように、オオカミを森に戻しましょう。

北アルプスにシカ定着、高山植物食べる恐れ 環境省が調査

2013/2/1 11:26

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3105B_R00C13A2CR0000/

 環境省松本自然環境事務所(長野県松本市)は1日までに、北アルプスを中心とす

る中部山岳国立公園の標高1500メートル以上でニホンジカの目撃が増え、山麓では定

着しているという調査結果を明らかにした。松本市で開かれた対策検討会で報告し

た。

 今後、標高2500メートル以上の高山帯にまで生息地域を広げ、貴重な高山植物を食

べる恐れがあるという。

 検討委員の泉山茂之信州大教授(動物生態学)は南アルプスの例から、ニホンジカ

が短期間で爆発的に増える危険性があると指摘。「山麓でいかに抑えて高山帯へ入り

込まないようにするかが大切」と述べた。

日本経済新聞

北アルプス・シカ侵入で対策検討会

(長野県)

 http://www.news24.jp/nnn/news8842958.html

動画

これまで生息していなかった北アルプス一帯へのニホンジカの侵入を防ごうと、松本

市で対策検討会が開かれた。環境省長野自然環境事務所が調べた今年度の北アルプス

でのニホンジカの目撃件数は21件。来年度、低山帯での捕獲を強化する方針。

[ 1/31 18:32 テレビ信州]

ニホンジカ、大町東部で越冬 県が移動経路調査

0129日(火)

http://www.shinmai.co.jp/news/20130129/KT130128SJI090008000.php

 北アルプス周辺のニホンジカの移動経路を衛星利用測位システム(GPS)を使っ

て追跡した県の調査で、昨年の春~秋に大町市西部などの北ア山麓にいたシカの多く

が、11月に同市東部の八坂や美麻などの地区に移動し、越冬していることが分かっ

た。季節によって餌を得られやすい環境を選んでいるとみられる。移動の際は平地も

通り、JR大糸線や国道148号を横断していた。県は調査結果を、シカの拡大を防

ぐための効率的な個体数調整(駆除)に生かす方針だ。

信濃毎日新聞

北ア・高山植物 シカ食べた跡? 研究者らに危機感0128日(月)

http://www.shinmai.co.jp/news/20130128/KT130121FTI090003000.php

 北アルプス爺ケ岳(2669メートル)に近い中部山岳国立公園内の標高2245

メートル地点で、高山植物のタテヤマアザミのつぼみが大量に食べられた痕跡が見つ

かっていたことが分かった。専門家は、1カ所で集中的に食べられている状況などか

ら、ニホンジカの可能性が高いと指摘。環境省松本自然環境事務所(松本市)による

と、同国立公園内でシカが草花を食べたとみられる例は初めてという。北アではシカ

が分布を広げているとされ、研究者らが危機感を強めている。

 

 北アでは長くシカは生息しないとみられていたが、1998年の環境省のアンケー

ト以降、目撃例が相次いでいる。2010年には県林業総合センターが同公園外の野

麦峠(標高1672メートル)などでシカが樹皮を食べた痕跡を見つけた。昨年7月

には、爺ケ岳西方、鳴沢岳(2641メートル)の高山帯稜線(りょうせん)上でシ

カが撮影されている。

信濃毎日新聞

北ア山麓で多数のシカ越冬 松塩筑猟友会、駆除で目撃

0114日(月)

http://www.shinmai.co.jp/news/20130114/KT130113SJI090009000.php

 松本、塩尻市と東筑摩郡の狩猟免許を持つ人でつくる松塩筑猟友会は13日、ニホ

ンジカの個体数を抑えるため、松本市安曇の北アルプス山麓で初めての駆除を試み

た。約60ヘクタールの範囲でシカ10頭ほどを目撃。かつて北アに生息しないとみ

られていたシカが多く越冬している現状が分かったが、捕獲はできなかった。

 下山後の反省会では「足跡がかなりあった」「(周辺の山で)越冬しているシカは

かなり多いようだ」との声が出た。同猟友会安曇支部長の斎藤浩幸さん(52)=松

本市安曇島々=は「シカがあまりに増えれば脅威になり、手遅れになる。(今回は使

わなかった)猟犬を使ってまた駆除をしたい」と話した。

信濃毎日新聞

20130116

北アルプス山麓「ニホンジカ捕獲大作戦」が実施されました!

113日(日)松本市安曇地域で、多数の松塩筑猟友会等によるニホンジカの

駆除作業が行なわれました。その結果は?

http://matsuchi.nagano-ken.jp/e10477.html

 晴天に恵まれた当日、松本市安曇支所に梓川、安曇、奈川の各松塩筑猟友会猟友会

員や環境省、県、松本市の関係者約40名により、松本市安曇地区の「大明神山」の南

斜面にて「巻狩り」による「ニホンジカ捕獲大作戦」が行なわれ、そこに参加させて

いただきました。

ライチョウ保護、野生動物対策を 岐阜・高山で研究者ら会議

http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012101301001695.html

 岐阜県高山市で開かれた「第13回ライチョウ会議」=13日午後

 国の天然記念物で絶滅危惧種に指定されているライチョウの保護について研究者や

関係者が意見交換する「第13回ライチョウ会議」が13日、岐阜県高山市で開か

れ、参加者から「高山帯に侵入した野生動物の対策が必要」との指摘があった。

 会議では、南アルプスや北アルプスの高山帯にシカなどの野生動物が侵入すること

で生態系が破壊され、ライチョウの生息に悪影響が出ている事例などが報告された。

 中村浩志信州大名誉教授(鳥類生態学)は「かつては狩猟者が野生動物の数を抑え

ていたが、高齢化が進み、動物の数も大幅に増えた。行政が主導して駆除チームを作

るべきだ」と指摘した。

2012/10/13 19:00 【共同通信

『ニホンジカ、食害対策で北アルプス追跡調査へ

http://ameblo.jp/jokeness1445/entry-11276916166.html

[読売新聞 613949分配信]

北アルプスに生息範囲を広げているニホンジカの食害から高山植物を守るため、環境

省は7月にも、シカの追跡調査を初めて実施することを決めた。

同省と林野庁、長野、富山、岐阜、新潟の4県などでつくる「中部山岳国立公園野生

鳥獣対策連絡協議会」が12日発足し、報告された。

同省長野自然環境事務所によると、調査は白馬岳、乗鞍岳、上高地の3地域で実施。

シカを1頭ずつ捕獲して全地球測位システム(GPS)装置を首輪で取り付けて放ち、

シカが移動する経路を追跡し、北アルプスに侵入するルートや越冬する場所などを把

握する。

2012年10月29日 (月)

丹波山村天平(でんでーろ)と二つの狼平

友人が写真をくれた。丹波山村役場近くから三条の湯を経て雲取山に至るルートの登山道の写真。

丹波天平と書いて「でんでーろ」と読むらしい。

何気なく見た写真に嘆息しか出ない。

Photo

きれいに刈り取られたような草原だが、おそらく落ち葉に隠れているだけで、その落ち葉の下はむき出しの土に、シカの足跡と糞が転がっているにちがいない。


Photo_2

でんでーろ尾根は三条の湯の近くまで同じような気持ちのいい登山道だったという。

ここのシカ密度は、おそらく平方キロあたり30~50頭というところかな。


続きを読む "丹波山村天平(でんでーろ)と二つの狼平" »