獣害対策

2023年9月26日 (火)

梶光一著「ワイルドライフマネジメント」3 人文学者の見解を鵜呑みにしている梶氏の不可解な主張

 

梶光一氏は「ワイルドライフマネジメント」の江戸時代のオオカミによる事件を取り上げた部分で、

 

盛岡藩でオオカミにより馬が多数襲われ、捕食されていた(菊池)

弘前藩でオオカミの襲撃による多数の死傷者が出た(村上)

山形県(庄内温海)で狂犬病にかかった2頭のオオカミが人畜を多数死傷させた(ウォーカー)

江戸時代にオオカミは神から凶獣へと変貌をとげた(栗栖)

 

とエピソードを挙げたうえでこう書いています。

 

127ページ

「増えすぎたシカ・イノシシを減らすためにオオカミを再導入する提案があるが(丸山2014)、オオカミがいた江戸時代にあっても、シカ・イノシシの獣害防止のために、農民は大量の鉄砲とシシ垣を必要としていたことを忘れてはならない。」

 

梶氏は

①           江戸時代にはオオカミによる人身被害、家畜被害が多発していた

②           オオカミがいた時代にもシカ・イノシシの獣害防止のために大量の鉄砲とシシ垣を必要としていた

③           だから増えすぎたシカ・イノシシを減らすためにオオカミを再導入する提案は意味がない。オオカミは人を襲うし、シカを減らして農業被害を防ぐこともできないのでいる必要がない。

 

と言いたいようです。

 

 

この梶氏の立論に対してここでは

  • 江戸時代のオオカミ害の検証姿勢
  • 江戸時代の農業被害と梶光一氏の見解

の2点から点検していきたいと思います。

 

 

  • 江戸時代のオオカミ害の検証姿勢

 

最初のオオカミ人身被害に関する部分では、梶氏が参照した文献の著者の肩書は

 

菊池勇夫 歴史学者

村上一馬 元東北歴史博物館学芸員 高校教員

ブレット・ウォーカー アメリカ人歴史学者

栗栖健 新聞記者

栗栖健から引用した「神から凶獣へ」というフレーズの元は、長野県の地元歴史家藤森栄一です。栗栖氏は藤森氏の文章をそのまま掲載しています。

 

つまり彼が参照した記録は、ウォーカーを除いて、地元に残る古文書を歴史家、新聞記者が掘り起こしそのまま記録したものでした。この方たちの著作や論文には、生物としてのオオカミについて情報を集めた痕跡は見当たりません。純粋に日本の古文献だけから情報を採り、その内容をそのまま信じている内容です。

ウォーカーは諏訪や加賀の事件についての千葉徳爾の研究内容の紹介について触れたほかは、オオカミ研究者の研究成果やアメリカやヨーロッパの文献を参照して、オオカミが人を襲うことはめったにないことだが、と懐疑的な筆致です。

 

続きを読む "梶光一著「ワイルドライフマネジメント」3 人文学者の見解を鵜呑みにしている梶氏の不可解な主張" »

2023年9月 9日 (土)

梶光一著「ワイルドライフマネジメント」2【見かけの競争】説は非論理的

 

梶氏は前著「日本のシカ」第6章「捕食者再導入をめぐる議論」の中でも「見かけの競争」について触れています。そこではまだ、なぜそれが再導入反対に結びつくか、判然とはわかりませんでしたが、本書ではその理由がはっきりしました。

まず「見かけの競争」に関する部分を読んでください。

 

113p

ボイス博士の話で、とりわけ興味深かったのは、オオカミとシカの「見かけの競争」と呼ばれる関係である。カナダでは、もともとシンリントナカイはオオカミの密度の低いところで生息していた。しかし、森林伐採による生息環境の改変により、オオカミが食べるヘラジカ(同じくシカ科)の個体数が増加したためにオオカミが増え、加えて直線的な道路が開通したことによって、オオカミは道路を利用してシンリントナカイの生息地へ接近しやすくなった。こうして、数の増えたオオカミは希少種であるシンリントナカイを捕食したために、 個体数を激減させた。

このような関係は、「見かけの競争」と呼ばれ、捕食者であるオオカミに対して、被食者であるシカが2種(ヘラジカとシンリントナカイ)いた場合、被食者1(ヘラジカ)を食べることで捕食者の個体数が増加し、その結果、被食者2 (シンリントナカイ)が被害を受ける。「見かけの競争」とは、このように、被食者1(ヘラジカ)があたかも被食者2 (シンリントナカイ)に悪影響を与えるような相互関係をいう。カナダのオオカミはもとの生息地の85%まで分布を回復しているため、オオカミの管理が求められている。

オオカミが媒介する「見かけの競争」について、アポロニオ博士も報告していた。フィンランドでは、森林伐採によって林縁(林の周辺部)ができると、 餌となる草が生い茂り、それを利用したヘラジカも生息数が増加し、次いでへラジカを捕食するオオカミが増加し、増加したオオカミがシンリントナカイを捕食しているという。フィンランドでも、カナダとほとんど同じ連鎖が起きているのである。

 

117p

もう1つ示唆に富んでいたのは「見かけの競争」についての発表である。イエローストーンのオオカミ再導人の事例をもって、生態系を回復するために、 日本へもオオカミを再導入する提案がある(丸山2014) しかし、カナダとフィンランドで観察されているオオカミをめぐる2種の被食者の間の「見かけの競争」は、悲劇的な結末を予測するのである。つまり、生息地の改変―主要な被食者の増加―捕食者の増加―希少種に対する捕食の増加という「見かけの競争」の連鎖は、安易な種の導入は絶滅危惧種減少をもたらすことの警告であ る。たとえば,日本にオオカミを導入したところ、たくさんいるシカやイノシンのウリンボを利用してオオカミの生息数が増加し、増えたオオカミが天然記念物のカモシカを襲うという光景が想定されるのだ。ある地域の成功事例は必ずしも他地域の成功事例とはならないという教訓である。

(引用終わり)

 

続きを読む "梶光一著「ワイルドライフマネジメント」2【見かけの競争】説は非論理的" »

2023年9月 2日 (土)

梶光一著「ワイルドライフ・マネージメント」の非科学的な姿勢

 

 

梶光一氏が新著「ワイルドライフ・マネージメント」(東京大学出版会)を出版されているのを見つけたので読んでみました。

 

D6c9a95d5c6f492db0ff34de12474191

 

全体としては梶氏の経験を通じて野生動物管理の歴史を理解する内容になっています。今行われているシカの管理にはほぼ梶氏が関わっていると考えていいようです。そのことに関しては敬意を表します。

しかし、彼がオオカミに関しての判断を誤っていることは指摘しておかなければなりません。判断基準そのものが間違っていると考えられます。

 

本書には食物連鎖とか栄養カスケードといった概念はまったく登場しません。梶氏は「自然は人間の生活と不可分であり、人間による適度な介入なしには、生態系維持もかなわない」、日本でも自然の形成には縄文時代から現在に至るまで人間が関わり、シカの個体数は人間の捕獲により調節されていた、そしてオオカミは人間にとっては邪魔な害獣だったと考えているからです。

 

本書の中でオオカミに言及している部分は4ヵ所あります。

  • イエローストーンのオオカミ再導入の結果について:オオカミや他の肉食獣の頭数は今以上には増えないにもかかわらず、エルクやバイソンの過剰採食は続いている。20年たつのに科学的コンセンサスが得られていない。
  • ロシアではオオカミによる人身被害が多発していた時期があった。「当時、オオカミは日常的に森林や畑にいる人々を攻撃していた」
  • 「見かけの競争」:草食獣が2種いるところへオオカミが登場すると多い方を食べて増えたオオカミが希少種である少数の草食獣を捕食して減らしてしまう可能性がある(つまり日本ではカモシカ)
  • 江戸時代の日本ではオオカミによる人身被害が多発していた。

 

オオカミについて言及する都度「増えすぎたシカ・イノシシを減らすためにオオカミを再導入する提案があるが(丸山2014)」・・・~を忘れてはならない、悲劇的な結末も予測する、と2度繰り返しています。また「ある地域の成功事例は必ずしも他地域の成功事例とはならない」とまったく否定的です。

 

今回は2のロシアでのオオカミ人身被害について検討します。

 

続きを読む "梶光一著「ワイルドライフ・マネージメント」の非科学的な姿勢" »

2020年7月22日 (水)

野生動物との攻防~専守防衛と敵基地攻撃

防衛問題の用語を借りて喩えに使っていますが、防衛問題論議ではありません。これは防衛問題の判断とはまったく別のことですので、あしからず。防衛問題にも詳しくないので、用語の使い方には間違いもあるかもしれません。
ーーーーーーー
現在の環境行政のシカ対策は、半減を目指す人為的な個体数削減と農地や林地の防御の二つだけだといっていいわけですが、それを「野生動物との共存」あるいは「共生」のために行っていると言います。
羽山伸一氏もそういう理解のもとに「論座」に見解を展開していました。
そうした政策のもとでの「共存」「共生」という言葉の選択に、私は強烈な違和感を感じています。
防衛問題の最近の用語を借りて、この「シカとの攻防」を表現するなら、今の環境政策は「敵基地攻撃」に当たるのではないでしょうか。
人間側が設定した防衛ラインを超えて攻撃してくる(と人間からは見える)シカに対して、策源地を探索して個体数半減を図っている政策です。
少なくとも「専守防衛」でなければ「共存」「共生」とは言えないのではないでしょうか。

2019年7月21日 (日)

ジビエについて再論。その2 オオカミ復活とジビエ振興は両立する?

メルマガ号外の公開です。

 

メルマガはまだ継続しています。よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

オオカミ復活論入門

誰でもわかるオオカミ復活を知るためのの理論、歴史、文化、思想

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

オオカミ復活論入門

 

号外   ジビエについて再論。その2 オオカミ復活とジビエ振興は両立する

 

2019年7月21日

                                                                                                  By Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

号外はブログでも公開します。

 

田中俊徳さん(東大特任助教)の論考を元にして、ひょっとしてオオカミ復活とジビエ振興は両立するかもしれないことを考察したいと思います。

 

ジビエ振興の障壁は何か

https://www.shinrinbunka.com/wp-content/uploads/2017/03/50f26c530211362002514adf18b12b21.pdf

を参照しつつお読みください。

 

参考に私の論考も

ジビエを食べればシカは本当に減るのか?

http://japan-wolf.org/content/2016/01/31/ジビエを食べればシカは本当に減るのか%ef%bc%9f/

 

田中俊徳さんは第2章「ジビエをめぐる文化的背景」以下でジビエの障壁の具体的な内容について論じています。

まず文化的背景に関しては重要な観点を指摘しています。ヨーロッパでは狩猟が貴族によるスポーツハンティングとして残ったため、上級財(所得の増加とともに需要が増える財)であり、日本では仏教の影響から肉食を禁じた日本では下級財(所得の増加とともに需要が減る財)の性質をもっている、というのです。(河田幸視(2011)「どうしてジビエ(獣肉)利用は進みにくいのか?」(畜産の研究65))

 

次に流通の側面の課題として、1.食品衛生法、2.安定供給、3.価格、4.情報の非対称性を取り上げ、詳細に論じています。

食品衛生法は獣肉の取り扱いを既存の施設で行ってはならないことを決めているため、食肉処理場建設の費用、維持費がかかります。

ジビエの販売量を確保するためには安定供給が必須なのですが、シカの頭数が減るほど捕獲場所は遠くなり、捕獲運搬コストは高くなり、供給価格に反映します。シカの生息密度と捕獲運搬コストが負の相関を持つため、捕獲が進めばジビエの捕獲運搬コストが高くなり、経営そのものが難しくなるという問題も障壁です。解決策としてはシカ肉の需要を喚起し、販売価格を高くするしかないと結論します。

続きを読む "ジビエについて再論。その2 オオカミ復活とジビエ振興は両立する?" »

2019年7月17日 (水)

ジビエについて再論。やっぱりジビエだけではシカは減らない その1

メルマガ号外の公開です。

メルマガはまだ継続しています。よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

オオカミ復活論入門

誰でもわかるオオカミ復活を知るためのの理論、歴史、文化、思想

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

オオカミ復活論入門

号外 ジビエについて再論。やっぱりジビエだけではシカは減らない その1

2019年7月17日
By Asakura
■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

シカの増えすぎはその被害、農林業被害に生態系被害は、さらに土砂崩れや土石流などを引き起こす危険性などリスクを孕んでいます。
ただシカを減らすだけでなく、バランスのよい自然に戻さなければなりません。
ジビエと狩猟にケチをつけるつもりはまったくありません。
しかし、その方向だけしか見ていないのでは、日本の自然全体をバランスよく護ることはできません。

 

田中俊徳さん(東大特任助教)がジビエ支援の論理を整理されていますので、これを元にしてもう一度ジビエだけでは日本の自然は護れないと私が考える理由を明らかにしていきます。

 

ジビエ振興の障壁は何か
https://www.shinrinbunka.com/wp-content/uploads/2017/03/50f26c530211362002514adf18b12b21.pdf

 

論者田中さんは、文中で私の書いた

ジビエを食べればシカは本当に減るのか?
http://japan-wolf.org/content/2016/01/31/ジビエを食べればシカは本当に減るのか%ef%bc%9f/

を参照され、価格や流通に関する課題についてはある程度は受け入れていただいているようです。
田中さんの「ジビエ振興の障壁は何か」の構成にしたがって彼我の考え方の違いを明らかにしていきます。

 

〇「1.はじめに」
ここでは獣害問題の様相とジビエ振興が必要な理由を述べていますが、今起きていることの解釈が私とは違っています。

冒頭で論者は「増えすぎたシカが、世界遺産や国立公園の森で、絶滅危惧種等を食べ、生態系のバランスを崩している」と「湯本、松田(2006)」を参照しています。
「生態系のバランスを崩している」のは、シカが絶滅危惧種等を食べていることではなく、シカがタガのはずれたように増え始めたこと自体ではないでしょうか。生態系のバランスという言い方をするとき、その言葉自体は捕食者がいる食物連鎖のピラミッドをイメージします。その食物連鎖が壊れたからバランスが崩れたのです。

 

続きを読む "ジビエについて再論。やっぱりジビエだけではシカは減らない その1" »

2013年3月30日 (土)

攻めるための猪垣~江戸時代の獣害対策

現代のシカやイノシシの獣害への対策には、重厚な猪垣は作られていない。ステンレスかアルミのポールを立てて網を張る程度のものだったり、あるいはもっと簡便に、取り外しが可能なタイプだったりするが、江戸時代には、土を盛り、堀を作って何メートルもの高さにしたものが各地に作られていた。

今の感覚から見れば、攻め寄せてくる獣を防ぐためのものに見えるが、江戸時代のしし垣は、逆に「攻めるため」のものだったのではないだろうか。

しし垣

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%97%E3%81%97%E5%9E%A3

し垣とは、害獣の進入を防ぐ目的で農地との間に石や土などで築いた垣のこと。西日本に多く見られ、イノシシが少ない北海道東北地方のものは知られていない。「猪垣」「鹿垣」「猪鹿垣」などと表記する。

*****************************************************

現代のしし垣は、明らかに獣が攻めてくることに対する防御の壁である。

江戸時代のしし垣は、たとえば、「猪の文化史 歴史編」(新津健著)で紹介されているしし垣の例を見てみると、山梨県におけるしし垣をいくつか挙げている。村の明細帳に記録されている支出を調べると、8つのシシ垣の例が探し出せる。

そのうちの一つは、巨摩矢細工村にある。矢細工村とは富士川右岸の富士見山の麓というから、おそらく今の身延町である。その村の享保20年の明細帳に、しし垣の修繕費用に関する記録がある。

この頃のしし垣は、今と同じように、獣が攻め寄せてきたことへの防御的な対策のためのしし垣だろうか。

享保20年とは、前の記事でも触れたが、日本中の人口増加、耕地増加の時代にあたる。

その頃既に修繕のための費用が計上されていることから、少なくともその数年前の完成であろう。10数年さかのぼるとしても、間違いではなさそうだ。その頃は耕地拡大の、現代でいえば高度成長期である。

ということは、この矢細工村のしし垣は、村の住民が、耕地を谷に沿って広げるために、橋頭堡として張り巡らせ、野生動物を排除した、「攻めのしし垣」ではなかろうか。

しし垣の残る場所はどこでも山間地であり、古い記録に見る事例を見れば、そこでは食糧自給のできるほど広い耕地ではない例が多い。そんな山の中に畑を作れば、ケモノが作物を食べに来ることは言うまでもない。当たり前だ。

たとえばイエローストーン国立公園に畑を作ったら、シカは人間を避けて、畑に寄ってこないだろうか。

Photo

                   (写真)イエローストーン国立公園(米)ラマーバレー付近

こんなところで畑を作れば、畑は獣害を受けて当然なのである。

私は、今のところ、江戸時代のしし垣は、「江戸時代も獣害がひどく、防御が必要だった」証拠ではなく、「畑を広げていく前線に獣を防ぐバリアを張った」のだ、と解釈している。


2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31