世界のオオカミ保護政策

2023年2月 6日 (月)

ヨーロッパのオオカミ保護政策:ベルン条約、エメラルド・ネットワーク、生息地指令、ナチュラ2000とオオカミ保護

 

 

ヨーロッパの野生動物保護政策の歴史をたどると、以下のような条約、指令が登場します。

 

1979年4月 欧州経済共同体(EEC)  鳥類指令採択

1979年5月 欧州評議会  ベルン条約

1989年   欧州評議会  エメラルド・ネットワーク

1992年   欧州連合   生息地指令

1992年   欧州連合   natura2000ネットワーク

 

始まりは1979年EECの鳥類指令と欧州評議会構成国によるベルン条約でした。

 

  • 鳥類指令

当時の調査で現在のEU域内の鳥類種が減っていること、種によっては個体群レベルで減っていることが明らかになったことから鳥類指令が制定され、特別な保全措置の対象となる約200種を定めました。

当時はヨーロッパの大部分で狩猟期は8月から5月までの長期に及び、鳥が繁殖地に向かう途上で撃たれ、巣にいる時にでさえ撃たれていました。ツル、ノガン、サギ類やほとんどの小鳥が狩猟対象種であり、猛禽類はヨーロッパ大陸全土でごく普通に撃たれ、毒殺され、わなにかけられました。イギリスの大部分では猛禽類が居なくなり、野鳥を販売する大きな市場がベルギーの首都ブリュッセルで繁盛していました。現在「密猟」と呼んでいる行為のほとんどが合法だったのです。当時「害鳥」と考えられていた猛禽類や他の鳥を殺すことには報奨金が出され、国によって推奨され、実施されていました。この点、オオカミと同様です。

無差別に野鳥を虐殺していたことが世間の騒動を引き起こし、鳥類指令の採択に至ります。

 

  • ベルン条約

ベルン条約の締結も同じ1979年です。

ベルン条約は、正式名称を「欧州野生生物及び自然生息地の保全に関する条約」といい、1979年に欧州評議会によって設立されました。

拘束力のある国際法であり、欧州とアフリカの一部の国の自然遺産を対象として、特に自然生息地と絶滅危惧種(渡り鳥を含む)の保護に力を注いでいます。

この条約は次の3つの主要な目的を掲げています

続きを読む "ヨーロッパのオオカミ保護政策:ベルン条約、エメラルド・ネットワーク、生息地指令、ナチュラ2000とオオカミ保護" »

2015年1月22日 (木)

Dr. Wolf  D・ミッチ博士来日決定!【オオカミシンポ2015:復活と保護】

2015年、日本オオカミ協会は、オオカミの世界の第一人者、D・ミッチ博士を招聘し、全国でシンポジウムを展開します。


日本オオカミ協会ホームページ

http://www.japan-wolf.org/

Img108_2

続きを読む "Dr. Wolf  D・ミッチ博士来日決定!【オオカミシンポ2015:復活と保護】" »

2013年5月18日 (土)

カナダ・オンタリオ州のオオカミ保護政策への転換

カナダは、オオカミの生息数が多いところだが、ただ野放しにしているわけではなく、ある時期に昔からのオオカミ根絶政策から保護に転じている。

アメリカ合衆国と同様のオオカミ捕獲報奨金制度が1793年から1972年まで継続していた。その後狩猟獣として、シカと同様狩猟頭数が管理されていた。さらに政策転換が起きたのが90年代である。オンタリオ州自然資源省がオオカミに関するレビューを作成したのが90年代半ば、その後その提言に沿って政策が転換され、2004年を最後にアルゴンキン州立公園周辺のオオカミ・コヨーテ猟が永遠に停止された。


その保護政策への転換は、最新の情報に基づいている。

「BACKGROUNDER ON WOLF CONSERVATION IN ONTARIO」

http://www.web2.mnr.gov.on.ca/mnr/ebr/wolves/backgrounder.pdf

にその背景が詳細に記されている。

その中で

・社会的側面

・生態的側面

からオオカミの重要性を解説している項目がある。



●社会的重要性

オオカミは、ヨーロッパ人移住者から怖れられ、迫害された。人間はオオカミの生息地に侵入し、続いて人間とオオカミの摩擦が起き、結果としてオオカミは狩猟獣の競争者、耕地開拓の邪魔者とみなされた。

オンタリオ州では、地方政府が報奨金による根絶政策を進めた。

オオカミに対する市民の見方は、彼らの生態系での役割とこれら捕食者の本質的な価値に対する敬意が増すことによって、最近10年で変化した。

最も最近では、北アメリカでのハイイロオオカミ、東部オオカミの現状への市民の関心が増してきた。オンタリオも例外ではない。これらの関心は、それだけで観点の範囲を明らかにしている。一つの見方は、オオカミの頭数が、密猟等により差し迫った危機にあること、根絶を止めるために、即座に、完全な保護が必要であることである。

もう一つの観点は、オオカミの頭数が増えることによって、野生動物や家畜への見過ごしがたい被害が起きるかもしれないことである。オンタリオ州のオオカミの頭数の現状に関する意見は、比較調査の不足も含めて限定された情報に基づいている。しかし、最近の市民のこれらの種への関心の高まりは明らかである。

●生態的重要性

捕食者としてのオオカミは、現代の科学でも把握しきれない多様な相互作用を通じて生態系に影響を及ぼし、健全な生態系を構成する絶対必要な部分であると認識されている。

オオカミは大型哺乳類の頂点捕食者であり、これらの種に直接影響を及ぼす。しかしその行動はまた、他の生態系構成員とプロセスに対してもより間接的、簡単には認識できないやり方で影響している。

デイビッド・ミッチ、世界のオオカミ研究者の中でも最も認められている、がオオカミの直接的な生態系への影響と認められている主な項目を挙げている。



①下位の獲物動物を捕食する

②獲物の生息数の限界をコントロールする

③獲物の再生産への刺激

④スカベンジャーの食物を増やす

⑤獲物動物以外の動物の捕食



ただし、オオカミ研究者のミッチとボイターニは、これら生態的な効果は主にプラスとして働く傾向があるけれども、科学は生態系内の多くのカスケード効果を本当には理解できてはいない、プラスとマイナスの効果の意味は人間の価値判断によるものであるから生態系そのものがそう判断するものとは異なると言っている。

認められているオオカミの間接的な効果は、コヨーテの頭数が減少したことであり、直接的な効果はオオカミの捕食によって有蹄類が減ったことである。

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31