無料ブログはココログ
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

メルマガ

2018年12月17日 (月)

「沈黙の春」と「複合汚染」が日米の社会に与えた影響の違いは何だろうか~自然環境保護と人間環境保全



20181月から【メルマガ】オオカミ復活論入門を配信しています。

  

12月17日配信の号です。この号は2018年最後のため、公開します。


来年、よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 http://www.mag2.com/m/0001681617.html



 ■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

オオカミ復活論入門

「沈黙の春」と「複合汚染」が日米の社会に与えた影響の違いは何だろうか

~自然環境保護と人間環境保全

20181217

No.35

By Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

  

「沈黙の春」(レイチェル・カーソン)はアメリカの環境主義、自然保護運動に大きな影響を与え、「複合汚染」(有吉佐和子)は日本の有機農業運動を大きく発展させる原動力、あるいは鋭い刺激になりました。両書は、日米で農薬の害を世に知らしめた点で共通し、歴史的に同じような位置にあると考えられているかもしれません。

Photo

 

日本では一昔前、「なぜ有機農業を始めたのですか?」と聞けば「『複合汚染』を読んだのがきっかけ」という農家が何人もいました。「複合汚染」は、1974年から75年にかけて朝日新聞の小説欄に連載され、75年に単行本化された本です。「沈黙の春」はその12年前1962年の出版です。

有機農業や環境問題、自然保護について多少の歴史的事実を知るようになった今、この2冊を読んでみると、その影響によって日米でおきたことは、それぞれの本が示した範囲を超えることはなかったのかもしれない、と感じます。

 

●「沈黙の春」と「複合汚染」の違い

現時点の環境問題、野生動物問題の視点から眺めると、この二つの本には大きな差異があるように感じます。アメリカでは「沈黙の春」は野生動物保護を含む自然保護思想の大きなエポックになり、その後の環境主義への転換を導きました。ところが「複合汚染」は有機農業を運動に転換させただけに終わり、自然保護思想までの広がりはなく、自然保護活動との関わりも薄いままでした。

もちろん、有機農業「運動」が全国に広がり、取り組む農家が増えたことは大変な実績で、賞賛されるべきことです。

しかし今、奥山の森林の生態系被害、つまり鹿の爆発的増加による森林の食害を生態系全体の問題と捉え、その修復が必要ですと訴えたとしても、有機農業に携わる人の中で即座に頂点捕食者であるオオカミの復活まで理解が及ぶことは多くありません。はるか昔、私が聞いたばかりの知識を駆使してある地方都市のバーでオオカミ復活について話した方が、20年もたったつい最近、ようやく「言っていることがよくわかりました」と言って賛同してくれたことがありましたが、こうして賛成に回ってくれることは特に古くから有機農業に携わってこられた方でも稀です。

有機農業の世界の「生態系」は、畑の中、田んぼの中のビオトープの話です。その食物連鎖のからくりは、はるか奥の森林にもつながっています。有機農業を進めてきた彼らであれば、鳥の目を持って森林と田畑を見ることができるはずなのに、そうはいきません。それが、“「複合汚染」のせいだ”とまでは言わないにしても、「複合汚染」がテーマを「化学物質の人間への影響」に限定していたことと共通するように感じます。

「沈黙の春」と「複合汚染」を比較しつつ、とりわけ日本で有機農業運動と野生動物問題が結びついていないのはなぜか、を少し考えてみたいと思います。

 

 

続きを読む "「沈黙の春」と「複合汚染」が日米の社会に与えた影響の違いは何だろうか~自然環境保護と人間環境保全" »

2018年11月26日 (月)

「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード⑤オオカミがもたらす見掛けの競争は悪影響か?

 

■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

オオカミ復活論入門

「日本のシカ」 6 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード⑤オオカミがもたらす見掛けの競争は悪影響か?

20181126

号外No.12

By Asakura

■■◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇■■

 

 

号外のみ、ブログ「森とシカtoオオカミ」で公開します。


よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

 

 

梶光一氏は、編著「日本のシカ」の中で、第6章「捕食者再導入をめぐる議論」を特に設け、日本へのオオカミ再導入を否定しています。

結論部分で、梶氏自身の見解として、

「ロイヤル島、イエローストン、ヨーロッパにおける捕食者であるオオカミとシカの関係は一様ではない」「オオカミとシカをめぐる関係は思ったより複雑なのである」

知床でも縦割り行政や土地利用、少ない人員と予算を考慮すると「オオカミを再導入できる段階ではない」つまり現実的ではないと書かれています。

「オオカミとシカの関係は一様ではなく、複雑なのだ」ということがオオカミ再導入をためらわせる原因の一つのようです。

その文脈で「見かけの競争」を持ち出されているのですが、これを考えれば考えるほど、オオカミ再導入を考えてはならない理由とは、とても思えないのです。

 

 

Photo_2

2_3


 

「オオカミがもたらす見掛けの競争」

前段でオオカミがシカ生息数を調節した例、できなかった例、狩猟と並行して効果があった例を挙げ、次に2種の被食者がいる「見かけの競争」としてカナダとフィンランドの二つの例を解説していますので、これを検討してみたいと思います。前述したようにこの章の結論は、「オオカミ再導入は現実的ではない」ということですので、この事例もオオカミの介入によって「絶滅危惧種が減少してしまう」という不都合が起きることの例示のようです。

●「見かけの競争」

「見かけの競争」とは、1977Holtが論文で定義した用語のようです。ここにある

「被食者1は被食者2に『悪影響』を与えるような相互関係をいう」と、そのまま書かれているのかどうか、原著を確認しようとしていますが、わかりませんでした。

ただ、こう書かれています。

「同質的な生息地にいる2種の獲物動物は共存することが難しい」

 

続きを読む "「日本のシカ」 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶光一) のミスリード⑤オオカミがもたらす見掛けの競争は悪影響か?" »

2018年10月 8日 (月)

【メルマガ】日本ではなぜオオカミ復活理論が浸透しないのか?環境省も学会も理解できないのはなぜ?

20181月から【メルマガ】オオカミ復活論入門を配信しています。

 

 

108日配信の要約版です。

よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

2018108No.28

日本ではなぜオオカミ復活理論が浸透しないのか?環境省も学会も理解できないのはなぜ?~日米の過去の教育の違いに原因がある

 

 

2014年第186通常国会の衆議院環境委員会で、当時民主党の篠原孝議員と、日本維新の会百瀬智之議員が続けて日本のシカ被害の状況に触れ、「オオカミ再導入」について質しました。

 

○北川副大臣 ただいま委員のお話にある、オオカミを放せばどうかというお話であろうと思いますが、御承知のように、ニホンオオカミは一九〇五年の確認を最後に生息は確認をされておらず、絶滅をしたと考えられております。なお、オオカミはまた、今委員の方からもお話がありましたように、生態系の頂点をなす捕食者であるとも認識をいたしております。

  しかし、オオカミを再び自然に導入することにつきましては、ニホンジカの個体数の減少に対する効果が定かでない上、人身被害の発生、先ほどイエローストーンのお話がありましたが、家畜等や愛玩動物への被害、感染症による他の動物への影響、狂犬病など、動物だけでなく人にも感染する感染症による人への重大な影響などの懸念があるということであります。こういう点もあり、現時点におきましては、オオカミの導入を検討する状況にないと我々は考えております

 

○トップダウンとボトムアップ

 

この回答の中には、オオカミという動物の生態系内でのポジションに関してこう表現されています。

・生態系の頂点をなす捕食者であると認識

・ニホンジカの個体数の減少に対する効果が定かでない

 

頂点捕食者であるけれども、ニホンジカの個体数はコントロールできないかもしれない(いやできないのだろう)と言っています。

 

この答弁から見えるのは、環境省には、「トップダウン効果の考えかたはない」ということです。

 

○栄養カスケード

 

現在話題になっているのが、キーストーンをもう一度はめこんでみたら大変なことが起こった、ということです。次々に下位の栄養段階の動物植物たちがよみがえって、生き生きとした生態系が戻ってきた、それはなぜかというテーマ、「栄養カスケード」が中心に議論されています。

イエローストンのオオカミ復活でおきた栄養カスケードは、初期には、オオカミが起こしたものだと言われ、次にはいやいやオオカミだけではない、気候の変動もあったりクマやクーガーも増えたからだ、という人も出てきました。

トップダウン=ボトムアップの議論から、キーストーン、そして栄養カスケードへと論争のテーマは変遷しています。

 

でも環境省はいまだにボトムアップ。

 

お役所は常にトップダウンで物事が決まると思っていましたが、そうでもないのかもしれません。次々にやってくる大臣、副大臣、政務官が一様にオオカミ反対に染め上げられていくのは、まさにボトムアップですね。

 

それはなぜなんだろう、という疑問を解いていきます。

 

 

2018年10月 1日 (月)

【メルマガ】イエローストンの研究成果 オオカミはどうやってシカを減らすのか

 

20181月から【メルマガ】オオカミ復活論入門を配信しています。

 

 

101日配信の要約版です。

よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

2018101No.27

イエローストンの研究成果 オオカミはどうやってシカを減らすのか~狩猟との違いと複数要因の相乗効果

 

 

○オオカミはシカの個体数に影響があるか?

 

オオカミがシカを補食する動物であるなら、シカは当然いくらかでも減っていくと思いますが、環境省はそれがまったく信じられないようです。

さて、ではオオカミの存在はシカを減らすのでしょうか、どうやってシカが減っていくのでしょうか。そのヒントになる研究がイエローストンで進んでいます。

 

オオカミ再導入から20周年を記念した論文集「Yellowstone Science」に、「The Challenge of Understanding Northern Yellowstone Elk Dynamics Wolf Reintroduction」という論文が掲載されています。筆者は、マクナルティ、スターラー、スミスほかが連名で並んでいます。その論文が解き明かした「オオカミがエルクを減らした」であろうカラクリをご紹介します。

 

 

○本当にオオカミだけが原因なのか?

 

オオカミ再導入後に減り始めたのだから、オオカミが減らしたのだろう、と普通は考えますが、アメリカ人研究者たちの中には「それは本当か?」と疑問を持つ人たちがいました。その理由は、その頃同時にクマやクーガーが増えたこと、厳しい冬があったこと、公園の外側でハンティングが倍増したこと、などの複数の要因が重なり、エルクの頭数に影響したので、オオカミだけが原因とは考えられない、ということでした。

 

○オオカミは選択的な捕食をする~特にCalf 幼齢個体

人間のハンターの捕獲はオオカミとはまったく異なり、若い個体に偏りがあります。その理由は明らかではありませんが、おそらく若い個体が多いことと、年老いてくるとスマートディア、日本でいうスレジカになる個体が多くなることが考えられます。

オオカミは弱いもの、特に老齢のものを選択的補食しています。が、一方でオオカミは幼齢の個体を多く捕食します。

 

○複合効果

複数の肉食獣と人間のハンティングの組み合わせが原因の死は、オオカミ再導入後の減少率が、19231968年の人間だけが捕食者だった時代よりも大きな減少を示している。

 

○ニホンジカの個体数の減少に影響は「本当に」ないのか?

ニホンジカの個体数の減少に対する効果が定かでない」と環境省は言っていましたが、イエローストンのエルク減少に、オオカミはおそらく大きな役割を果たしていました。「Yellowstone Science」の他の論文も「だれもトップダウン効果が重要ではない、あるいは下位の栄養段階への捕食にインパクトがないと主張する人はいない」と書いています。

 

日本には、オオカミ以外の要素、クーガーはいませんけど、クマもハンターもいます。相乗効果を期待できるんじゃありませんか?

このことについて、どう思いますか?イエローストンではあれだけの減少があっても、「本当なのか?」と疑問をもった人たちがいました。

日本でも、「効果が定かでない」と言われることに「本当なのか?」と問いかけませんか?

 

2018年9月17日 (月)

【メルマガ】イエローストンのオオカミ再導入~オオカミの増加とシカの減少、畜産の被害

20181月から【メルマガ】オオカミ復活論入門を配信しています。

 

917日配信の要約版です。

よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

2018917No.26

イエローストンのオオカミ再導入~オオカミの増加とシカの減少、畜産の被害、もちろん人身被害はありません

 

アメリカ国立公園局のWolf Projectのアニュアルレポートから。オオカミを再導入した1995年から4年間のオオカミの頭数の増加と捕食、エルクの生息頭数などの情報を集めてみました。これはイエローストン公園内だけの頭数です。

 

○オオカミの頭数増加

イエローストンからいなくなって75年ぶりの最初のオオカミ、1995年のリリースは14頭、3パックでした。クリスタルクリークパック6頭、ローズクリークパック3頭、ソーダビュートパック5頭という内訳です。

1996年の再導入はチーフジョゼフパック4頭、ドゥルイドピークパック5頭、ローンスターパック2頭、ネスパースパック6頭で合計17頭、4パックでした。

合わせて31頭の導入ですが、リリースしたとたんに子供が産まれたパックもあり、96年年末には52頭まで増えています。

 

○エルクの頭数の変化~一ヶ月間の調査

97年のレポートには、エルクの増減を知るための調査の結果が掲載されています。

飛行機を使って空からカウントした数字と陸上からカウントした数字で、オオカミの各パックのナワバリごとにどのくらいの頭数が生息しているかを記録されています。対象はエルクだけでなく、あらゆる大型有蹄類です。

 

○オオカミによる捕食頭数

98年になると、オオカミの頭数は112頭になっていますから、捕食も増えていきました。ウルフプロジェクトのスタッフが確認できたオオカミの補食は1年間に109例、確認できなかったけれどもおそらくオオカミによるものだろうというのが120例ありました。

 

○家畜の捕食

日本でイエローストンのオオカミ再導入を否定的に捉えたい人たちは、時に妄想に近いことをいうことがあります。

イエローストンの公園から外に出たオオカミはすべて射殺されているとか、家畜を襲って大事件になっているとか。でもそのようなことは、すべてアニュアルレポートに記録されているため、ちょっと調べれば間違いだということがすぐにわかります。

2018年9月10日 (月)

【メルマガ】オオカミ復活論入門配信しています 2018年9月

20181月から【メルマガ】オオカミ復活論入門を配信しています。

 

 

93日、10日配信の要約版です。

よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

 

201893No.24

イエローストンへのオオカミ再導入:カナダから来たオオカミは、馴致期間の後、巣穴を探して動き回った

 

再導入オオカミをリリース(放獣)するまでに、オオカミたちはその地域に馴れさせるためにしばらく柵の中で過ごすことになりました。柵のゲートが開かれた後、彼らはナワバリを張るエリアを求めて動き回りますが、それは、カナダへ戻ろうとする動きではなかったようです。閉じ込められていた囲いの周辺で定着できる場所を探す行動だったのです。

 

3つのPenに収容したオオカミたちの群れは、すんなり同じ場所に定着したわけではなく、やはり居心地のいい場所を探して歩きまわります。その結果、人間と遭遇したり、互いにナワバリ争いの闘争を展開したり、交通事故に遭ったりと、死亡に至るケースも多くありました。

 

2018910No.25

イエローストンのオオカミ再導入~メディアの関心、研究者の来訪、著名人の来園、そしてボランティアの活躍と研究者の卵たち

 

 

イエローストンへのオオカミ再導入が実施された頃、周辺の反応はどう変化したのでしょうか。メディアの反応、観光客、研究者、教育等の分野の動きも、アニュアルレポートは報告しています

 

○メディアの関心

メディアは、2年間の再導入実施期間を通じて、大きな関心を寄せていました。この地域だけでなく、国内外の新聞、ラジオ、テレビのインタビューを公園関係者は受けていました。

○研究者の来訪

再導入オオカミの行動に関心をもつ研究者がイエローストンにやってきて、様々な研究に着手し、またアドバイスをしていくことも多くなりました。

オオカミが再導入されたことは、肉食獣の研究者にとっても、大きなできごとでした。それまでは長年研究を続けてきた専門家にとっても野生のオオカミは、数えられるくらいの回数しか出会うことのできない動物だったからです。イエローストンの多くの地域は草原で、見通しがよく、オオカミの観察には最適でした。

○ボランティア

イエローストンのオオカミ再導入プログラムでは、ボランティアも重要な役割を果たしています。最低3ヶ月の期間で、宿泊と食事つきで働いてもらうプログラムを用意したのです。

95年に10人の、96年には16人、97年には17人、98年には18人のボランティアが参加しました。ボランティアの応募は競争率が高く、採用されたのは、98年の例では6人に1人でした。

○インタープリテーションと教育

イエローストン国立公園としては、オオカミ再導入後、市民の理解を促進するために、さらに働きかけを強めていきました。95年、ウルフプロジェクトの生物学者たちは、18回のプレゼンテーションを保護グループ、興味を持つ市民、専門家に向けて行っています。他の政府機関、保護グループ、畜産家、民間のオオカミ復活に興味をもつ人たちにも接触を続けていました。

 

2018年9月 4日 (火)

【メルマガ】オオカミ復活論入門配信しています 。バックナンバー紹介3

 

20181月から【メルマガ】オオカミ復活論入門を配信しています。

 

よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

バックナンバーの内容をご紹介します。要約版です。

 

2018611No.16

【オオカミはなぜ生態系の中でなぜ重要なのか~欧米では必要不可欠な動物と言われています。それはなぜでしょうか】

 

オオカミの存在が生態系のなかでなぜ重要か、人間社会にとってなぜ重要か、を整理しましょう。

・農林業被害の軽減

・さまざまな事故の予防

・生態系被害

それ以上に大きいのは生態系被害です。

植生が食べつくされ、根まで掘り返された表土からは土壌が流出し、植生に依存している小動物、昆虫、蝶はよりどころを失い、何百年もかけて営々と土壌を造ってきた微生物、ミミズは居場所をなくし、生物多様性は激減しています。

・人間社会への影響

そして誰もいなくなり、それが人間社会に土石流、土砂崩れ、山岳崩壊となって還ってくることになります。日本の山は、岩だらけの山、自然になってしまい、美しさを永遠に失います。

・生態系を管理するのは誰か

人間がシカの頭数を管理し、シカが生態系に及ぼす影響までコントロールし、生態系全体を管理することができるのかといえば、それは不可能です。

それがオオカミには可能です。

・イエローストンのオオカミ再導入

その実例をイエローストンで見ることができます。

1995年にカナダで捕獲されたオオカミがイエローストン国立公園に再導入されました。

それから20数年後、オオカミたちは期待以上の働きをしてくれて、イエローストンの自然の回復に大きな影響を与えました。

・シカの頭数抑制効果~カスケード(連鎖)効果

オオカミとシカの種間関係は、森林、草原の植生にとって大きな意味を持っています。

オオカミが復活してシカを捕食する状態が戻れば、シカが減り、一ヶ所に固まって植生を食べ尽してしまうことがなくなり、植生が回復します。植生の回復にともなって小動物も鳥類も、昆虫も蝶もハチも戻り、植生も長いスパンでは拡大する条件が整います。上位捕食者から始まるこうした変化を栄養カスケード現象といいます。

・キーストン種

オオカミのような捕食者を表現するキーストン種、キーストン捕食者。

「キーストン」という言葉そのものは、建築用語から取られたもので、アーチを構成する重要な楔石を指します。日本人はアーチをあまり作りませんし、理解しにくいかもしれません。

・オオカミの捕食はシカの群れの健康を保つ

シカはオオカミの捕食によって、健康な個体だけが生き残ります。群れ全体が健全に保たれるのです。この現象を「衛生効果」と呼んでいます。

・オカミはシカを減らす

続きを読む "【メルマガ】オオカミ復活論入門配信しています 。バックナンバー紹介3" »

2018年9月 1日 (土)

【メルマガ】オオカミ復活論入門配信しています 。バックナンバー紹介2

 

20181月から【メルマガ】オオカミ復活論入門を配信しています。

 

よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

 

http://www.mag2.com/m/0001681617.html

 

バックナンバーの内容をご紹介します。要約版です。

 

201842No.9

【オオカミのナワバリと獲物の関係~オオカミの一つの家族群のナワバリは食べ物を確保するため町が一つ入ってしまうくらい大きい】

 

・オオカミのナワバリは

イヌのナワバリのようなものに対してオオカミのナワバリは、もっともっと広い面積を必要とします。ただ広い面積が必要なのではなく、ナワバリ内にいる獲物の確保が必要なのです。獲物の量によってナワバリ面積が決まります。

アラスカやカナダ北部のように植生が薄く、その地のシカ類、北極圏ではカリブーなどが広い面積に密度薄く生息している場合にはオオカミのナワバリも広くなります。10万ヘクタール、あるいは16万ヘクタールと推定されたケースもありました。逆にニホンジカと同じくらいのオグロジカ、オジロジカのような中小型の有蹄類、獲物が多数生息しているアメリカ中西部では、オオカミのナワバリ面積も小さくなります。

平均するとアメリカやヨーロッパの場合には、およそ2万~3万ヘクタール程度の場合が最も多いといえます。群れ同士が接触しない緩衝地帯を含めれば、5万ヘクタール程度になります。

たとえば5万ヘクタールくらいの自治体をいくつか挙げてみましょう。

・山梨県北杜市 約6万ヘクタール

・埼玉県秩父市 約58千ヘクタール

・長野県大町市 約57千ヘクタール

・三重県伊賀市 約56千ヘクタール

・京都府福知山市 約55千ヘクタール

・熊本県山都町 約54千ヘクタール

・高知県香美市 約54千ヘクタール

 

201849No.10

【オオカミの狩の能力~追跡型の狩を支える能力は走力とアゴの力、洞察力。イヌはオオカミにはるかに劣る力しかない】

 

・オオカミの狩

オオカミの狩は、ネコ科に比べれば穏やかな、というと変ですが、圧倒的な力を感じさせるものではありません。持久力型の狩だからです。

イエローストンなどのよく見通しのきく場所で目撃される狩は、主に以下のようなやり方で行われます。

・エルクの群れが固まっている場所にオオカミの群れが姿を現す。

・オオカミの群れがゆるやかに走り出し、エルクを追い立てる。まるで牧羊犬が羊を追うように。これをテストランと言います。

・その中から、ケガをしている、弱っている、年老いている、幼い個体に狙いをつけ、エルクの群れから切りはなすように誘導する。

・走るエルクに並走し、一頭が蹴られる危険性の少ない肩に咬みつき、強力なアゴの力でぶら下がり、体重をかけて引きずり倒す。

・別の一頭がエルクの喉や鼻づらに食らいつき、窒息させる。

続きを読む "【メルマガ】オオカミ復活論入門配信しています 。バックナンバー紹介2" »

2018年5月12日 (土)

【メルマガ】オオカミ復活論入門配信しています 。バックナンバー紹介

20181月から【メルマガ】オオカミ復活論入門を配信しています。

 

よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

http://www.mag2.com/m/0001681617.html  

バックナンバーの内容をご紹介します。要約版です。  

 

201818日 No.1「オオカミの再導入による復活」のゴールはどこでしょうか?

 

 

日本がホットスポットに指定されているのは、日本の自然がとんでもなく豊かだからです。それが失われているのは、過去は人間の開発行為、いまは生態系そのものが、シカを適度な密度に抑える機能をもつ捕食者を欠いているためです。その捕食者を補うことが日本の自然生態系の復元につながります。

 

 

2018115日 No.2「大台ケ原はいかにして白骨樹林になったか~オオカミがいなくなった紀伊半島で、台風とシカの食害が大台ケ原の鬱蒼とした森を壊した」

 

明治14年大台ケ原に登山をしたアメリカ海軍測量艦のS・ジョン艦長が、「大台ケ原には狼が多く」と記録しました。明治38年(1905年)マルコム・アンダーソンと通訳の大学生金井清が最後の一頭を買い求めたころ、奈良県でも毛皮のためにシカを狩り、捕獲奨励金が出てオオカミを狩っていた時期があるのかもしれません。

終戦後の経済復興が始まる昭和26年(1951年)ごろから、大台ケ原の麓では大規模な森林伐採が始まり、林床の草やササを増やし、シカのエサを増加させます。1993年の調査によって推定された最も高い生息密度が63/平方キロ(東大台)と最高値を示しました。

 オオカミがいなくなって森林を伐採し、エサを増やした結果、シカが増えたと考えられます。

 

 

201825日 No.3「伊豆 天城峠は斜面を落ちてきた石で沢が埋まっている。シカの生息密度は平方キロあたり203050100頭?10年で裸地化する斜面」

天城峠登山道は大台ケ原とは別の壊れ方をしています。天城連山は、スズタケが繁茂しササ藪の中で迷って遭難したことさえあった山です。今は、スズタケはまったく見当たらず、根まで掘り返された斜面の土が砂のようになり、雨が土砂を流出させています。沢は、裸地化した斜面から石が左右から転がり、沢は石で埋まっています。

 

2004年平成1610月に初めての特定鳥獣保護管理計画(ニホンジカ(伊豆地域個体群))が伊豆半島のシカ生息密度を調査し、天城山は生息密度が50頭/平方キロを超える地点が多数、中には100頭、150頭のところもあります。

 

この高密度のシカが、スズタケを食べ尽し、斜面を裸にし、崩してしまったのです。

  

 

 2018212日 No.4「ブラタモリ青木ヶ原樹海編で語られなかったシカ被害~3000年の原生林が崩壊危機」

 


「ブラタモリ」という
NHKのテレビ番組で、タモリさんが富士山麓の青木ヶ原樹海と大室山を訪ねていますが、番組では語られなかったことがあります。

 

大室山に生い茂るブナの森は、3000年前からの森です。富士山北斜面に、シカが目立つようになったのは1980年代、そのころはまだシカによる被害は少なく、被害が目立ち始めたのは2000年前後のことでした。

 

 

2000年から2002年、2008年から2009年にかけて行われた調査では、急増の兆しはありませんでしたが、2009年以降、富士北麓・南都留エリアの生息密度が急激に上昇しています。大室山中でシカが急増し、下層植生をすべて食べつくして皆無になり、土が流れ出し、水分を多く含んだ土砂は、青木ヶ原樹海まで押し寄せて、溶岩の壁まで流れて池の水面のように平になっています。

 

 

続きを読む "【メルマガ】オオカミ復活論入門配信しています 。バックナンバー紹介" »