無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

メルマガ

2018年5月12日 (土)

【メルマガ】オオカミ復活論入門配信しています 。バックナンバー紹介

20181月から【メルマガ】オオカミ復活論入門を配信しています。

 

よろしければご購読お願いいたします。初月無料です!

http://www.mag2.com/m/0001681617.html  

バックナンバーの内容をご紹介します。要約版です。  

 

201818日 No.1「オオカミの再導入による復活」のゴールはどこでしょうか?

 

 

日本がホットスポットに指定されているのは、日本の自然がとんでもなく豊かだからです。それが失われているのは、過去は人間の開発行為、いまは生態系そのものが、シカを適度な密度に抑える機能をもつ捕食者を欠いているためです。その捕食者を補うことが日本の自然生態系の復元につながります。

 

 

2018115日 No.2「大台ケ原はいかにして白骨樹林になったか~オオカミがいなくなった紀伊半島で、台風とシカの食害が大台ケ原の鬱蒼とした森を壊した」

 

明治14年大台ケ原に登山をしたアメリカ海軍測量艦のS・ジョン艦長が、「大台ケ原には狼が多く」と記録しました。明治38年(1905年)マルコム・アンダーソンと通訳の大学生金井清が最後の一頭を買い求めたころ、奈良県でも毛皮のためにシカを狩り、捕獲奨励金が出てオオカミを狩っていた時期があるのかもしれません。

終戦後の経済復興が始まる昭和26年(1951年)ごろから、大台ケ原の麓では大規模な森林伐採が始まり、林床の草やササを増やし、シカのエサを増加させます。1993年の調査によって推定された最も高い生息密度が63/平方キロ(東大台)と最高値を示しました。

 オオカミがいなくなって森林を伐採し、エサを増やした結果、シカが増えたと考えられます。

 

 

201825日 No.3「伊豆 天城峠は斜面を落ちてきた石で沢が埋まっている。シカの生息密度は平方キロあたり203050100頭?10年で裸地化する斜面」

天城峠登山道は大台ケ原とは別の壊れ方をしています。天城連山は、スズタケが繁茂しササ藪の中で迷って遭難したことさえあった山です。今は、スズタケはまったく見当たらず、根まで掘り返された斜面の土が砂のようになり、雨が土砂を流出させています。沢は、裸地化した斜面から石が左右から転がり、沢は石で埋まっています。

 

2004年平成1610月に初めての特定鳥獣保護管理計画(ニホンジカ(伊豆地域個体群))が伊豆半島のシカ生息密度を調査し、天城山は生息密度が50頭/平方キロを超える地点が多数、中には100頭、150頭のところもあります。

 

この高密度のシカが、スズタケを食べ尽し、斜面を裸にし、崩してしまったのです。

  

 

 2018212日 No.4「ブラタモリ青木ヶ原樹海編で語られなかったシカ被害~3000年の原生林が崩壊危機」

 


「ブラタモリ」という
NHKのテレビ番組で、タモリさんが富士山麓の青木ヶ原樹海と大室山を訪ねていますが、番組では語られなかったことがあります。

 

大室山に生い茂るブナの森は、3000年前からの森です。富士山北斜面に、シカが目立つようになったのは1980年代、そのころはまだシカによる被害は少なく、被害が目立ち始めたのは2000年前後のことでした。

 

 

2000年から2002年、2008年から2009年にかけて行われた調査では、急増の兆しはありませんでしたが、2009年以降、富士北麓・南都留エリアの生息密度が急激に上昇しています。大室山中でシカが急増し、下層植生をすべて食べつくして皆無になり、土が流れ出し、水分を多く含んだ土砂は、青木ヶ原樹海まで押し寄せて、溶岩の壁まで流れて池の水面のように平になっています。

 

 

続きを読む "【メルマガ】オオカミ復活論入門配信しています 。バックナンバー紹介" »